やっぱり1番売れるのは中級グレードだった! 「一番高いの」「激安グレード」が人気になる例外的なクルマとは

noteで書く
やっぱり1番売れるのは中級グレードだった! 「一番高いの」「激安グレード」が人気になる例外的なクルマとは

この記事をまとめると

■中級に位置するグレードに人気が集まるクルマが多い

■中級グレードは装備が充実しておりお買い得感が高い

■なかには中級グレード以外のグレードの方が売れるクルマもある

みんなが欲しがる装備と価格のバランスが絶妙

 クルマには複数のグレードが設定される。エンジンの種類に応じてグレードがわかれることもあるが、装備の違いによるグレードの区分も見られる。

 グレードごとの売れ行きを見ると、人気と不人気の違いも見られる。複数のグレードが、均等に売られるわけではない。

 そして一般的には、中級に位置するグレードがもっとも人気を高める。発売直後には、一番上のグレードがもっとも多く売られることも多いが、時間を経過すると中級に移る。

 その理由は、中級グレードには多くのユーザーが欲しがる装備が過不足なく装着され、価格を割安に抑えているからだ。

 たとえばフィットの場合、中級グレードのホームがもっとも多く販売される。ハイブリッドのe:HEVホームであれば、e-POWERベーシックに比べると、セキュリティアラーム、USBジャック、ナビ装着用スペシャルパッケージなどが加わり、シート生地も上質になる。これらをプラスして、価格の上乗せは12万円以下に抑えられているから買い得感が強い。

【関連記事】マニア以外は購入厳禁!? 安くても買ってはいけない廉価グレードのクルマ3選

ホンダ・フィットe:HEVホームのフロントスタイリング画像はこちら

 新型ステップワゴンも、中級のe:HEVスパーダが売れ筋だ。価格は364万1000円だから、e:HEVエアの338万2500円に比べて約26万円高いが、後方の並走車両を検知して知らせるブラインドスポットインフォメーション、リヤゲートの電動開閉機能、2列目シートのオットマン(7人乗り)などを加えた。エアには装着できない人気の装備を充実させたので、売れ筋グレードになっている。

ホンダ・ステップワゴンe:HEVスパーダのフロントスタイリング画像はこちら

 そして最上級のe:HEVスパーダプレミアムラインは、ハイビーム状態を維持しながら相手車両の眩惑を抑えるアダプティブドライビングビーム、プレミアム専用シートなどを標準装着する。e:HEVスパーダと比べた時の価格アップは20万5700円だから、e:HEVスパーダプレミアムラインも割高ではないが、必要な装備はe:HEVスパーダで十分に備わる。そのために最多販売グレードはe:HEVスパーダで、2位がプレミアムラインとなった。

 このように装備と価格のバランスは、中間的なグレードがもっとも優れており、買い得だから売れ行きも伸びる。

 しかし、時間の経過に伴って、売れ筋グレードが変化することもある。たとえばコンパクトカーなどは、一般ユーザーの購入比率が下がり、法人やレンタカーの需要が根強く残ると、価格の安いグレードが買い得グレードよりも多く売られる。

 また、先代ヴォクシーでは、特別仕様車のZ煌が最多販売仕様になっていた。先代ヴォクシーZS煌は、もともと大量に売るべく価格も割安な設定で、生産計画台数も多かった。

トヨタ・ヴォクシーZS煌のフロントスタイリング画像はこちら

 販売店では「ZS煌なら納期が早くて値引きも多い」と積極的で、売れ行きを伸ばした経緯がある。

 基本的な売れ筋は中級グレードだが、常にそうなるとは限らないわけだ。

名前:
渡辺陽一郎
肩書き:
カーライフ・ジャーナリスト/2022-2023日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員
現在の愛車:
フォルクスワーゲン・ポロ(2010年式)
趣味:
13歳まで住んでいた関内駅近くの4階建てアパートでロケが行われた映画を集めること(夜霧よ今夜も有難う、霧笛が俺を呼んでいるなど)
好きな有名人:
-

画像ギャラリー


新着情報