いまスカイラインがヤバイ! GT-Rじゃない「普通のモデル」の中古価格が爆騰していた

noteで書く
いまスカイラインがヤバイ! GT-Rじゃない「普通のモデル」の中古価格が爆騰していた

この記事をまとめると

■R32〜R34までのスカイラインも中古車相場が高騰してた

■極上車になると程度の悪いGT-Rと同レベルの価格帯というケースもある

■ハコスカも10年前の3倍以上の価格で取引されている 

GT-Rのベースモデルもいつの間にか凄いことになっていた!

 もはや伝説のクルマとなりつつあるスカイラインGT-Rは、ここ数年で一気に価格が上昇しており、もっとも安いものでも500万円台からととんでもない状態となっていて、我々一般庶民ではもはや購入するのは夢のまた夢と言える価格となってしまった。

【関連記事】5世代すべてが絶対王者のスカイラインGT-Rに挑み続けたライバル車たち

第二世代GT-R並び画像はこちら

 それならせめてGT-Rの雰囲気を……と、ベースとなった非GT-Rのスカイラインに乗ってみようと思っても、じつは普通のスカイラインですらとんでもない価格となっていたのである。

 第2世代のGT-RがスタートしたR32型では、執筆時点で市場に存在しているターボモデルはすべて200万円オーバー。低走行の5速車などでは300万円台~400万円に迫る価格の車両もあるほどとなっている。

HCR32全体画像はこちら

 続いてはR33型。現役当時は大型化したボディなどもあって、どちらかというと不人気車の烙印を押されていたモデルであるが、現在はRB25ターボを搭載するGTS25t系は軒並み250万~400万円近い価格となっている。

ECR33全体画像はこちら

 一方のNAエンジンはまだ比較的安価となっているが、セダンの2リッターAT車であっても乗り出しでは100万円近くになるであろう価格となっており、不人気車だった頃の面影は皆無だ。

 最後はR34型についてだが、こちらは販売期間が3年ほどと短かったこともあり、低年式車であっても高額車揃いとなっている。なかでも280馬力に達したRB25ターボモデルでは600万円に迫る価格の車両も存在しており、セダン、クーペ問わず状態のよいものは高値安定となっている。

ER34全体画像はこちら

 クーペは安価なものでも200万円を下まわる車両は見つからなかったが、セダンには2リッターエンジンを搭載したグレードがあったことから、安価なものでは70万円弱から存在している。ただし、過走行や修復歴のあるものが中心であるため、決して安いとは言いづらいのが現状だ。

 ちなみに、番外編として初代スカイラインGT-Rが登場したハコスカについてもお伝えしておこう。

PGC10全体画像はこちら

 今から10年ほど前であれば、状態のよい“GT-R仕様”などは300万円以下の価格で店頭に並んでいたものだが、現在では多くが「価格応談」となり、プライスタグが付けられたものでも1000万円前後と、こちらも高値更新が続いているのだ。

NO IMAGE
名前:
小鮒康一
肩書き:
-
現在の愛車:
日産リーフ(2代目)/ユーノス ロードスター/マツダ・ロードスター(2代目) /ホンダS660/ホンダ・オデッセイ(初代)/ 日産パルサー(初代)
趣味:
長距離ドライブ
好きな有名人:
ザ・リーサルウェポンズ

画像ギャラリー


新着情報