オープンカーからの華麗なキャラ変! 幸福で快適な移動を追求した新「アズール」をベントレー全モデルに設定 (1/2ページ)

オープンカーからの華麗なキャラ変! 幸福で快適な移動を追求した新「アズール」をベントレー全モデルに設定

この記事をまとめると

■ベントレーに幸福で快適な移動を追求したシリーズとして「アズール」が登場

■ベントレーの全モデルラインアップに設定され「Azure」のバッジが施される

■電動式アクティブロールコントロール技術「ベントレーダイナミックライド」搭載

ベントレーの「アズール」が全く違うシリーズに生まれ変わった

「空色」や「青空」を意味する「Azure」。ベントレーにおいて「アズール」といえば、それはオープンモデルの車名と認識している人も多いことだろう。そんなベントレーの「アズール」が新たに生まれ変わった。

 新しい「アズール」はオープンモデルを指す車名ではなく、「乗っている人の幸福感と快適性を高めるために設計された機能で、距離に関係なくすべての旅をリラックスした体験にする」シリーズの名称となったのだ。そしてそんな「アズール」は、ベンテイガ、ベンテイガEWB、フライングスパー、コンチネンタルGT、コンチネンタルGTコンバーチブルなど、ベントレーの全モデルラインアップに設定されることになった。エクステリア、トレッドプレート、フェイシア、シート刺繍に「Azure」のバッジが施されるのが特徴となっている。

【関連記事】1+1=3にも4にもなってる! 自社だけじゃ不可能だった「コラボ」で「圧倒的な価値」を手に入れたクルマ

ベントレーの「アズール」シリーズのバッジ画像はこちら

 詳しく見ていこう。エクステリアでは、ブライトクロームのロアバンパーグリル、ユニークな22インチ10本スポークホイール、ウェルネスキルトシート、「Bentley」のジュエルフィラーキャップなど、細部にもこだわりが満ちている。さらに、フライングスパー・アズールには、ガラスとガラスを組み合わせたパノラミックサンルーフも装備され、コンチネンタルGTアズールのスペシフィケーションには、固定式パノラマガラスサンルーフが含まれている。

ベントレー・コンチネンタルGTアズールの走行シーン画像はこちら

 運転の快適性とコントロールの基本となるシートは、すべてのアズールシリーズにフロントシートコンフォートスペシフィケーションが採用される。最大22ウェイで調整可能なこのシートは、あらゆる身長と体重の乗員が理想の座席位置を見つけることが可能で、マッサージ機能も備える。

ベントレーの「アズール」シリーズのシート画像はこちら

 ほかにも、アジャスタブルサイドボルスター、電動シートベルトアジャスト、コンフォートヘッドレストを装備する。

画像ギャラリー


新着情報