やっぱり三菱は四駆! 長〜い歴史と4WDで名を馳せたモデルたち (2/2ページ)

30年前のコンセプトが現代にも生きている

 そして大人気のパジェロのシャシー(正確にはパジェロのベースとなったフォルテのシャシー)をベースにワンボックスのボディを組み合わせたのが、1982年10月に登場したデリカ スターワゴン4WDである。

【関連記事】SUV好きのレーシングドライバーが選ぶ! 「悪路最強」のヨンク車とは?

デリカスターワゴン画像はこちら

 通常のデリカよりも高い最低地上高と大径タイヤを装着しており、遠目に見てもひと目で4WDであることがわかるそのスタイルは、のちの3代目デリカスターワゴンやデリカスペースギアにも通ずる意匠となっており、現在販売中のデリカD:5にも受け継がれている。

デリカD:5走り画像はこちら

 パジェロをベースとした派生車種としては、1996年に登場したチャレンジャーもそのひとつで、無骨なオフローダーであるパジェロに対し、都会派なイメージを持たせたモデル。日本では1世代のみで終売となってしまったが、その実質的な後継車種であるエアトレック、そしてアウトランダーという系譜をたどり、現在のアウトランダーPHEVに繋がる重要なモデルと言えるだろう。

チャレンジャー全体画像はこちら

 一方の乗用車系については、1986年8月に当時のミラージュ/ランサーワゴンにフルタイム4WD1800が追加となったのが元祖となっており、そこからギャランVR-4やランサーエボリューションへと発展。ギャランからはステーションワゴンタイプのレグナムが誕生し、乗用車系では1990年に3ナンバーサイズ専用車として登場したディアマンテと、そのプラットフォームを流用したスポーツクーペ、GTOなどの派生車種も登場した。

GTO全体画像はこちら

 現在はSUVタイプの4WD車がメインとなっている三菱ではあるが、いつの日かセダンやクーペタイプの4WDモデルが復活することを期待したいところだ。

NO IMAGE
名前:
小鮒康一
肩書き:
-
現在の愛車:
日産リーフ(2代目)/ユーノス ロードスター/マツダ・ロードスター(2代目) /ホンダS660/ホンダ・オデッセイ(初代)/ 日産パルサー(初代)
趣味:
長距離ドライブ
好きな有名人:
ザ・リーサルウェポンズ

画像ギャラリー


新着情報