なぜか購入の決め手に欠ける残念さ! いいクルマでも「売れない」わずかに惜しい国産車4選 (1/2ページ)

なぜか購入の決め手に欠ける残念さ! いいクルマでも「売れない」わずかに惜しい国産車4選

この記事をまとめると

■コンセプトはいいが決め手に欠ける惜しいクルマを紹介

■生産終了を間近に控えているモデルが多い

■新車で楽しむ最後のチャンスとなる場合、値引き交渉するのも手だ

パッとしないけど中身はとってもいいクルマたち

 クルマの出来、あるいはキャラクター、使い勝手は抜群なのに、意外に購入の決め手に欠ける、本来の商品力の高さに対して、惜しく感じられるクルマがある。

 たとえば、ホンダ・シャトル。2022年内に生産が終了するとアナウンスされている、5ナンバーサイズの今や希少な本格コンパクトステーションワゴン。ちょっとクルマに詳しい人なら「シャトルって先代フィットのワゴン版でしょ」と、メカニズム的にネガティブな印象を持つかもしれないが、一方で、現行フィットより先代のほうがカタチは良かったという声もある(もっと言えば、先々代がベストデザインか!?)。

【関連記事】目の付け所はいいのに時代がついてこなかった! 登場が早すぎて消えたSUV5選

シャトル全体画像はこちら

 先代フィットのラゲッジルームを拡大し、ホンダならではの低床パッケージによって、世界のワゴンのなかでもっとも低い部類のラゲッジフロアを備えているから、荷物の出し入れ、ペットの乗降は楽々そのもの。走ってもフィットならではの爽快感、安心感、そしてハイブリッドモデルの燃費の良さが際立つ、後席も広々な使い勝手自在のワゴンなのである。

いいクルマなのに物足りない国産車4選画像はこちら

 が、日本では国産ワゴン需要が激減。「ロッキー、ライズのようなコンパクトクロスオーバーモデルのほうが今っぽい」、ホンダのラインアップで言えば、「似たような使い方ができるコンパクトミニバン、フリード(の3列目席格納状態)、2列シートのフリード+があるじゃないか」、ということになってしまう空気がある。

フリード+全体画像はこちら

 とはいえ、5ナンバーサイズにして後席、ラゲッジルームともに広く、立体駐車場にも入り、純正アクセサリーも充実したワゴンはもはや希少。新車で手に入れたいなら、年内、早目に行動をおこしたい。

名前:
青山尚暉
肩書き:
2022-2023日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員
現在の愛車:
フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアント
趣味:
スニーカー、バッグ、帽子の蒐集、車内の計測
好きな有名人:
Yuming

画像ギャラリー


新着情報