FRじゃない! 海外で売る! セダンは後回し! 変わり果てたクラウンに「クラウンらしさ」はあるのか? (1/2ページ)

FRじゃない! 海外で売る! セダンは後回し! 変わり果てたクラウンに「クラウンらしさ」はあるのか?

この記事をまとめると

■16代目となったクラウンの「伝統」となる場所を探してみた

■伝統を受け継ぎつつもフラッグシップらしい先進的な装備が多数備わっているのは見事だ

■クラウンの象徴である王冠マークもしっかり継承されている

賛否の多い新型クラウンの「らしさ」を探してみた

 7月15日にワールドプレミアをし、世界に発信した16代目となる新型クラウン。当初、クロスオーバーモデルに変貌か!? と言われていたものの、蓋を開けてみれば、なんとそのクロスオーバーに加え、スポーツ、セダン、復活のエステートの4モデルのラインアップになっていた。しかもクロスオーバーのパワーユニット、駆動方式は、4気筒エンジン+フロント&リヤモーターのHV 4WD(トヨタ最新のGA-Kプラットフォーム採用)というのだから驚きを隠せない!! クラウン=FRの伝統と見事に決別したことになる。

【関連記事】クラウンファミリーの先陣を切る「クロスオーバー」はSUVにあらず! 新ジャンル「リフトアップセダン」の正体とは

新型クラウン4モデル画像はこちら

 そして販売が開始されるのは、ウワサのクロスオーバーから。それには5グレードあるのだが、まずはAdvancedグレードからスタート。クロスオーバーRS、クロスオーバーレザーパッケージ、クロスオーバーG、クロスオーバーXグレードは2023年1月以降の生産予定となっている。

クラウンクロスオーバー画像はこちら

 新型クラウンのボディサイズは全長4930×全幅1840×全高1540mm、ホイールベース2850mm。先代より20mm長く、40mm幅広く、85mm高い堂々たるプロポーションとなり、国内専用車として死守してきた1800mmの全幅は、ついに40mm増しになったのだ。これはクラウンのリベンジたる輸出を視野に入れたものと言っていい。しかし、ホイールベースは運動性能を高めるためか、70mm短くなっている。駆動方式はクロスオーバーだけに全車4WDとなる。

クラウンクロスオーバーリヤ画像はこちら

 室内寸法は室内長1980×室内幅1540×室内高1170mm。先代に対して室内長は不変、室内幅は40mm増し、室内高は15mm低まっている。

 パワーユニットは新しいE-FOUR Advanced & ダイレクトシフト6速ATと組み合わされる2.4リッターターボHVが272馬力、46.9kg-m、E-FOUR&おなじみの電気式無段変速機と組み合わされる2.5リッターHVが186馬力、22.5kg-mとなる。

クラウンエンジン画像はこちら

 そんな新型クラウンのクロスオーバー”風”モデルだが、クロスオーバーらしくホイールハウスにはプロテクターが備わるものの、冷静に見れば、SUVでは決してなく(最低地上高も145mmと先代+10mmの乗用車並み)4ドアクーペクロスオーバー的デザインにも見えてくる。

名前:
青山尚暉
肩書き:
2022-2023日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員
現在の愛車:
フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアント
趣味:
スニーカー、バッグ、帽子の蒐集、車内の計測
好きな有名人:
Yuming

画像ギャラリー


新着情報