またも顔の違うワゴンRが追加! 大注目も「カスタムZ」を含めて最新ラインアップを整理してみた (1/2ページ)

またも顔の違うワゴンRが追加! 大注目も「カスタムZ」を含めて最新ラインアップを整理してみた

この記事をまとめると

■スズキ・ワゴンRは軽自動車に革命的な室内の広さを与えたパイオニア的存在

■現行型は2017年にFX、FZ、スティングレーという3つグレードを用意して登場

■2022年8月の仕様変更で新設定されたカスタムZは注目すべきグレードだ

6代目登場時の「FZ」は3代目以降のスティングレーに相当

 軽自動車に革命的な室内の広さを与えたパイオニア的1台が、1993年に発売された、ハイトワゴンというジャンルを先駆けた初代スズキ・ワゴンRだった。以降、その流れを受けて、各社のハイトワゴン、そして今を席巻するスーパーハイト系軽自動車が誕生したことになる。当時、軽自動車らしからぬ室内の広さに驚愕したことは、今でも記憶に残っているほどだ。ちなみに車名のRの由来は、レボリューション&リラクゼーション。つまり革新的でくつろげるワゴンという意味であった。

 そんなワゴンRは現在、2017年デビューの6代目。初代を現代的にアレンジしたエクステリアデザイン、5代目から進化を遂げたマイルドハイブリッドによるパワーユニット、スズキの上級車並みの先進運転支援機能の搭載、ライバルよりフラットになる後席のシートアレンジ性などが大きな特徴となる。

【関連記事】「ミニカトッポ」に「アルトハッスル」! 「トール軽」バカ売れ前夜の「挑戦車」たち

スズキ・ワゴンR FXのフロントスタイリング画像はこちら

 6代目登場時のラインアップはベーシックなFX、スタイリッシュさを前面に出したFZ、ストロングをアピールするスティングレーという3つグレードで、それぞれ別の顔を持っていた。注目点は3代目以降のスティングレーに相当するのがこの6代目では標準系のFZだったこと。6代目スティングレーはその上のさらに尖った、2代目RRのようなカスタマイズ派向けのアメリカンなテイストを意識したグレードとなったのだ。スティングレーの顔がアメ車っぽく見えたとしても!? 当然である。

スズキ・ワゴンR FZのフロントスタイリング画像はこちら

 最新のモデルラインアップは、なんと121.9万円から買える標準車のワゴンR(2WD/4WD、ガソリンエンジン、マイルドハイブリッド、CVT/5速MT)を基本に、カスタム系のワゴンRスティングレー(2WD/4WD、マイルドハイブリッドターボエンジン)の2グレードを基本とし、整理されている。

スズキ・ワゴンR スティングレーのフロントスタイリング画像はこちら

 そんなワゴンRが2022年8月30日に一部仕様変更を行うとともに、新たにワゴンR カスタムZグレードを新設定。

画像ギャラリー


新着情報