ライバルは輸入SUV! その狙いは確実に成功! 新型クラウンが成就させたトヨタの願いとは (1/2ページ)

ライバルは輸入SUV! その狙いは確実に成功! 新型クラウンが成就させたトヨタの願いとは

この記事をまとめると

■新型クラウンとしてまずセダンボディのSUVであるクラウンクロスオーバーが登場した

■クラウンクロスオーバーは個性やカッコ良さを大切にする人が関心を寄せている

■海外でも高級車として受け入れられ、レクサスの願いがクラウンクロスオーバーで成就したともいえる

クラウンは隆盛を取り戻せるのか?

 かつてのクラウンは販売が好調で、1990年の国内登録台数は、1カ月平均で1万7000台を超えた。それが2021年は約1800台であった。コロナ禍の影響があったとはいえ、クラウンの売れ行きは、約30年間で最盛期の約10%まで落ち込んだ。

【関連記事】大径なのに幅が狭い! クラウンやプリウスが「謎のサイズ」のタイヤを装着するワケ

8代目トヨタ・クラウンのフロントスタイリング画像はこちら

 クラウンは初代モデルを1955年に発売した伝統ある車種だから、コロナ(終了時はプレミオ)やマークII(同マークX)のように廃止するのは避けたい。そこで4種類のボディをそろえる「クラウンシリーズ」を構成して、海外の販売台数も増やし、販売規模を世界的に拡大することになった。

 その第1弾が2022年7月に発表されたクラウンクロスオーバーだ。ボディの後部に独立したトランクスペースを備えるセダンだが、タイヤサイズは大径の17インチと21インチで、外観はSUV風に仕上げた。

トヨタ・クラウンクロスオーバーのフロントスタイリング画像はこちら

 今後のクラウンは、エステートとスポーツというSUVも発売する予定で、これはボディの後部にリヤゲートを備えた典型的なタイプだ。現在のクラウンクロスオーバーは「セダンからSUVへ」という発展をスムースに行うため、「セダンボディのSUV」とした。なお法人向けのセダンも発売される予定だ。

画像ギャラリー


新着情報