「インタビュー」の記事一覧 - 5ページ目

V6エンジンはもはや新規開発! 新型トヨタアルファード/ヴェルファイアのメカニズムを解説

国内最高峰のミニバンがファーストクラスを目指して正常進化  ミニバンと言えばファミリーカー、そうした発想は時代遅れとなった。少なくともアルファード/ヴェルファイアに関しては、カンパニーカーとしてのニーズが高くなっていると…

続きを読む...

福祉車両を当たり前に! ホンダN-BOXの「スロープ仕様」を「車いす仕様」と呼ばないこだわり

家族みんなが快適に乗れる空間を福祉車両でも実現 昨年9月の発売以来、初代に勝るとも劣らない爆発的なヒットを記録している新型ホンダN-BOX。2017年は、軽自動車だけでなくすべての乗用車を押しのけ、新車販売台数1位を獲得...

続きを読む...

新型スバル・フォレスターはなぜ外観デザインを大きく変更しなかったのか

現行のデザインから変化ではなく進化させた 5代目となる新型スバル・フォレスターの北米仕様が日本で報道陣に公開された。アンベールした瞬間に感じたのは4代目の現行モデルと似ている、というもの。なぜ新型は、現行の面影を残したデ...

続きを読む...

39年ぶりに全面刷新したメルセデス・ベンツ「Gクラス」の開発責任者にインタビュー

伝統を活かしエクステリアデザインはキープコンセプト  メルセデス・ベンツ最強のSUV「Gクラス」が、39年ぶりにフルモデルチェンジ。デトロイトショーでG550、ジュネーブショーでAMG G63がお披露目された。今回、統括...

続きを読む...

長年の夢を叶えにアメリカへ! パイクスへ初参戦するサラリーマン【PPIHC2018】

限られた予算と体制ながら、それでも夢に挑む  アメリカ・コロラド州、パイクスピーク・ハイウェイを舞台に、現地時間の6月24日に決勝を迎える「第96回パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム(パイクスピーク)」。昨...

続きを読む...

【ムービー】大きすぎてもダメ! スバル新型フォレスターのデザイナー大関 透さんにインタビュー

運転のしやすさはそのままに快適性などを向上させた  スバルの人気SUV、フォレスターの5代目がニューヨークオートショーにてワールドプレミアされた。ボディサイズはキープコンセプトだが、車内は広くなって快適性は向上している。...

続きを読む...

初代を超える衝撃と感動を! 新型レクサスLSのプロジェクトを任された開発責任者の思いとは

走りとくつろぎを両立する唯一無二のフラッグシップへ進化  1989年に登場した初代レクサスLS(日本名:セルシオ)は、レクサスブランドの礎を築いたというだけでなく、日本人ならではの細やかな視点や配慮が随所に息づく、「高級...

続きを読む...

【ムービー】SGPで走りの良さもアップ! スバル新型フォレスター開発責任者の布目智之さんにインタビュー

室内の寸法を決めてからから最適なボディサイズを導き出した スバル新型フォレスターがアメリカ・ニューヨークオートショーで発表された。フロントマスクなどは先代モデルにも似たエクステリアデザインが与えられているが、どんなところ…

続きを読む...

「単なる機械ではない」新型レクサスLSの人に寄り添ったデザインとは

フラッグシップのあり方も時代と共に変化  11年ぶりのフルモデルチェンジによって、劇的かつ大胆な進化を遂げた新型LS。フラッグシップの風格とエモーショナルな魅力を両立させたデザインは、デザインチームの「常識の枠にとらわれ...

続きを読む...

【ムービー】チーフエンジニアに会場でインタビュー! 新型RAV4は走りも楽しいSUV

SUVというものを改めて提案したかった  アメリカ・ニューヨークオートショーが4月8日まで開催されている。トヨタは新型「RAV4」をお披露目したが、日本でも注目されているモデルだけに国内導入はいつになるのか?  自動車ジ...

続きを読む...

2.4Lエンジン搭載! 2019年型三菱アウトランダーPHEVの大幅進化っぷりを開発者に直撃

まずは乗ってほしいと開発者は語る! 三菱自動車はアウトランダーPHEVのマイナーチェンジモデルを、スイス・ジュネーブモーターショーで発表した。同社フラッグシップモデルの改良に携わったプロダクトマネージメント部の松井孝夫さ...

続きを読む...

【ムービー】復活したトヨタ・スープラ! 「GR Supra Racing Concept」の開発者を直撃インタビュー

ゼッケンの90番は「90型」を示している  スイス・ジュネーブモーターショーでトヨタ・スープラが16年ぶりに復活を遂げた。1986年に登場した初代スープラ(70型)が登場し、当時のキャッチフレーズは「トヨタ3000GT」...

続きを読む...

クルマはタフでも人にタフであることを強いる必要なし! 新型ハイラックスに込めた開発責任者の思い

ファッションカルチャーとして若者が乗ってくれることにも期待  国内販売終了から13年。今なお根強いファンがいるハイラックスが、待望の国内復活をついに実現。だが、決して大きくはない日本のピックアップ市場で、はたして勝算はあ...

続きを読む...

自信あり! 13年ぶりに日本導入するトヨタ・ハイラックスを手がけたエンジニア7人の声

日本で快適に乗れるための秘策も多数導入  日本には13年ぶり、4ナンバーサイズからグローバルサイズに成長して里帰りした8代目トヨタ・ハイラックス。世界中の道なき道で鍛えられた走破性や耐久性、ピックアップならではの乗用車ラ...

続きを読む...

「クルマとしていいものを作ろう」開発責任者が新型日産リーフで示すEVの「当たり前化」

航続可能距離の向上はもちろん、クルマそのものの質感を高めた 2010年に登場した初代リーフは、世界各国で28万台が販売された。これはエコカーとしてはもちろん、自動車としての高い操縦性能や快適性が評価された結果と言えるだろ...

続きを読む...

ウィークリーランキング

  1. 前のほうがイケメン? マイナーチェンジで理解しがたい見た目になった国産車トップ5

    前のほうがイケメン? マイナーチェンジで理解しがたい見た目になった国産車トップ5

    街中で見かけないほど売れていないクルマも マイナーチェンジってのは、な...

  2. 意外と街を走っている! 知らずにやりがちなクルマの違法改造4選

    意外と街を走っている! 知らずにやりがちなクルマの違法改造4選

    パーツの交換やアイテム装着などは確認してから実効 ベタベタの車高やはみ...

  3. できれば避けたい!? ガソリンスタンドマンが苦手とするクルマとは

    できれば避けたい!? ガソリンスタンドマンが苦手とするクルマとは

    プロフェッショナルにも苦手なクルマや人はある 自動車ユーザーなら必ずお...

  4. 【お宝】もしも車庫に眠っていれば高値が付く超人気の中古車4選

    【お宝】もしも車庫に眠っていれば高値が付く超人気の中古車4選

    当時は「普通」のクルマでも今ならファン垂涎の名車! 最近は旧車ブームと...

  5. 一度見たら忘れられない! 歴史に残る「変顔」クルマ5選

    一度見たら忘れられない! 歴史に残る「変顔」クルマ5選

    そこらのスーパーカーよりもインパクト絶大なクルマたち クルマの第一...

  6. 走り屋たちが恐怖した! 手に汗握るジャジャ馬スポーツカー4選

    走り屋たちが恐怖した! 手に汗握るジャジャ馬スポーツカー4選

    ひとたび本気で走らせようとすると手に負えない挙動に スポーツカーをドラ...

  7. 【ドッチがお得】安いオイルをこまめに換えるor高いオイルを長く使う

    【ドッチがお得】安いオイルをこまめに換えるor高いオイルを長く使う

    間違いなく高いオイルを入れたほうがいい メンテナンスフリー化やブラック...

  8. 【試乗】レヴォーグSTI Sportが魅せた上質なハンドリングとしなやかな足

    【試乗】レヴォーグSTI Sportが魅せた上質なハンドリングとしなやかな足

    ステアリングはダイレクトだがピーキーさはない STIと聞けば、スバルフ...

  9. スバル車ならなんでも大好き……なハズのスバリストからも見放されたスバル車3選

    スバル車ならなんでも大好き……なハズのスバリストからも見放されたスバル車3選

    現在考えれば重要なモデルもあるが当時は受け入れられず! スバルファンで...

  10. レーシングドライバーでも操れない! 運転が難しすぎる市販車3選

    レーシングドライバーでも操れない! 運転が難しすぎる市販車3選

    一般には語られない難しすぎる操縦性 今や500馬力は当たり前。700馬...