「インタビュー」の記事一覧 - 5ページ目

長年の夢を叶えにアメリカへ! パイクスへ初参戦するサラリーマン【PPIHC2018】

限られた予算と体制ながら、それでも夢に挑む  アメリカ・コロラド州、パイクスピーク・ハイウェイを舞台に、現地時間の6月24日に決勝を迎える「第96回パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム(パイクスピーク)」。昨...

続きを読む...

【ムービー】大きすぎてもダメ! スバル新型フォレスターのデザイナー大関 透さんにインタビュー

運転のしやすさはそのままに快適性などを向上させた  スバルの人気SUV、フォレスターの5代目がニューヨークオートショーにてワールドプレミアされた。ボディサイズはキープコンセプトだが、車内は広くなって快適性は向上している。...

続きを読む...

初代を超える衝撃と感動を! 新型レクサスLSのプロジェクトを任された開発責任者の思いとは

走りとくつろぎを両立する唯一無二のフラッグシップへ進化  1989年に登場した初代レクサスLS(日本名:セルシオ)は、レクサスブランドの礎を築いたというだけでなく、日本人ならではの細やかな視点や配慮が随所に息づく、「高級...

続きを読む...

【ムービー】SGPで走りの良さもアップ! スバル新型フォレスター開発責任者の布目智之さんにインタビュー

室内の寸法を決めてからから最適なボディサイズを導き出した スバル新型フォレスターがアメリカ・ニューヨークオートショーで発表された。フロントマスクなどは先代モデルにも似たエクステリアデザインが与えられているが、どんなところ…

続きを読む...

「単なる機械ではない」新型レクサスLSの人に寄り添ったデザインとは

フラッグシップのあり方も時代と共に変化  11年ぶりのフルモデルチェンジによって、劇的かつ大胆な進化を遂げた新型LS。フラッグシップの風格とエモーショナルな魅力を両立させたデザインは、デザインチームの「常識の枠にとらわれ...

続きを読む...

【ムービー】チーフエンジニアに会場でインタビュー! 新型RAV4は走りも楽しいSUV

SUVというものを改めて提案したかった  アメリカ・ニューヨークオートショーが4月8日まで開催されている。トヨタは新型「RAV4」をお披露目したが、日本でも注目されているモデルだけに国内導入はいつになるのか?  自動車ジ...

続きを読む...

2.4Lエンジン搭載! 2019年型三菱アウトランダーPHEVの大幅進化っぷりを開発者に直撃

まずは乗ってほしいと開発者は語る! 三菱自動車はアウトランダーPHEVのマイナーチェンジモデルを、スイス・ジュネーブモーターショーで発表した。同社フラッグシップモデルの改良に携わったプロダクトマネージメント部の松井孝夫さ...

続きを読む...

【ムービー】復活したトヨタ・スープラ! 「GR Supra Racing Concept」の開発者を直撃インタビュー

ゼッケンの90番は「90型」を示している  スイス・ジュネーブモーターショーでトヨタ・スープラが16年ぶりに復活を遂げた。1986年に登場した初代スープラ(70型)が登場し、当時のキャッチフレーズは「トヨタ3000GT」...

続きを読む...

クルマはタフでも人にタフであることを強いる必要なし! 新型ハイラックスに込めた開発責任者の思い

ファッションカルチャーとして若者が乗ってくれることにも期待  国内販売終了から13年。今なお根強いファンがいるハイラックスが、待望の国内復活をついに実現。だが、決して大きくはない日本のピックアップ市場で、はたして勝算はあ...

続きを読む...

自信あり! 13年ぶりに日本導入するトヨタ・ハイラックスを手がけたエンジニア7人の声

日本で快適に乗れるための秘策も多数導入  日本には13年ぶり、4ナンバーサイズからグローバルサイズに成長して里帰りした8代目トヨタ・ハイラックス。世界中の道なき道で鍛えられた走破性や耐久性、ピックアップならではの乗用車ラ...

続きを読む...

「クルマとしていいものを作ろう」開発責任者が新型日産リーフで示すEVの「当たり前化」

航続可能距離の向上はもちろん、クルマそのものの質感を高めた 2010年に登場した初代リーフは、世界各国で28万台が販売された。これはエコカーとしてはもちろん、自動車としての高い操縦性能や快適性が評価された結果と言えるだろ...

続きを読む...

エンジン車の呪縛から解き放たれた新型日産リーフが目指したデザインとは

クール&サイレントでも力感を表現  EVという新しい市場を開拓した日産リーフが、新型にフルモデルチェンジ。そのエクステリアはダイナミックでありながら、大人の落ち着きを感じさせるスタイリッシュなデザインへと生まれ変わった。...

続きを読む...

アウトバーンの200km/hでも安定! ホンダ・フリード・モデューロX開発者を直撃

4輪の接地性を重視してセッティング ホンダ車向け純正用品・アクセサリーの開発・販売を手掛けるホンダアクセスが、専用のカスタマイズパーツを開発し、車両の生産過程で装着・販売するコンプリートカーブランド「モデューロX」。その...

続きを読む...

大好評! スズキの新型スペーシア&クロスビーが個性的な見た目で目指したものとは

遊び心のわかる経営陣のおかげで個性的なデザインに  スズキが2017年12月に発売した新型スペーシアとクロスビー(XBEE)は、いずれもシンプルながら個性的かつ可愛らしいデザインを持ち、東京モーターショーへ参考出品された...

続きを読む...

「今までにない小型車を作りたい」開発責任者がスズキ・クロスビーに込めた思いを直撃

ハスラーの小型車版を望む声が多数寄せられていた  2017年12月14日に発売された新型スペーシアと並び、東京モーターショーで注目を集めていたスズキの新たな小型クロスオーバーSUV「クロスビー(XBEE)」が、12月25...

続きを読む...

ウィークリーランキング

  1. 一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    愛車選びの参考にすべき「必須」装備はこれ! 仕事柄、さまざまな新車に試...

  2. レーシングドライバーでも操れない! 運転が難しすぎる市販車3選

    レーシングドライバーでも操れない! 運転が難しすぎる市販車3選

    一般には語られない難しすぎる操縦性 今や500馬力は当たり前。700馬...

  3. バカ売れN-BOXさえいなければ……魅力十分でも主役になりそこなった軽自動車5選

    バカ売れN-BOXさえいなければ……魅力十分でも主役になりそこなった軽自動車5選

    トップを狙える逸材だが同世代にN-BOXが存在したことが不運 まだまだ...

  4. 3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    5ナンバーサイズで全高1700mmオーバーが好調だ 今日のクルマの売れ...

  5. マメに洗車をしてるのに……なぜか「くたびれ感」の出た愛車に「シャッキリ感」を取り戻す方法7つ

    マメに洗車をしてるのに……なぜか「くたびれ感」の出た愛車に「シャッキリ感」を取り戻す方法7つ

    蓄積した汚れや小キズがくたびれたように見えてしまう原因 あんなに新車の...

  6. 新車を買ってすぐに「やってはいけない」こと3選

    新車を買ってすぐに「やってはいけない」こと3選

    「急」「高」「長」を控えたほうがいい 念願の新車を購入し、いよいよ納車...

  7. 復活させるならスープラよりもコレ! 蘇ればヒット間違いなしのクルマ5選

    復活させるならスープラよりもコレ! 蘇ればヒット間違いなしのクルマ5選

    いまは消滅してしまったカテゴリーのクルマも存在 トヨタから新型スープラ...

  8. かつての大人気車も今は月販1000台以下に凋落! それでも見捨てるには惜しい魅力の国産車5選

    かつての大人気車も今は月販1000台以下に凋落! それでも見捨てるには惜しい魅力の国産車5選

    かつては売れていたのに今はファンに見放されたモデルも…… 優れたパワー...

  9. いまでも忘れられない青春のクルマたち! アラフォー世代が強烈に憧れたモデルとは

    いまでも忘れられない青春のクルマたち! アラフォー世代が強烈に憧れたモデルとは

    280馬力勢に憧れを抱く人が多数 欲しいクルマはあるにしても、最近では...

  10. 「高い」と言われるディーラー車検のメリットとは?

    「高い」と言われるディーラー車検のメリットとは?

    車検は継続検査のみを指しディーラー車検は点検整備代も含む 車検とは自動...