「トヨタ/レクサス プレミオ」の記事一覧

トヨタ/レクサス プレミオに関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

もとはGMのマネ!? トヨタ車なのに「トヨタエンブレム」を着けていないクルマを集めたら圧巻のラインアップだった

この記事をまとめると ■トヨタは現在乗用車を52車種ラインアップしている ■トヨタエンブレム以外を装着したクルマを昔から数多く設定している ■エンブレムを変えているのはGMのやり方を真似したのが始まりと言われている トヨ...

続きを読む...

申し訳ないけど「そこまでの価値」ある? スポーツカーでもないのに中古が爆上げしている「普通のクルマ」3選

この記事をまとめると ■スポーツカー以外で中古車価格が高騰しているモデルをピックアップ ■海外需要が高いモデルは輸出目的で値段が高めに設定されている場合がある ■限定車ではない普通に新車で買えるモデルが+100万円ほどの...

続きを読む...

日本では衰退気味だが……かつてのファミリーカーであったセダンの良さを改めて見直したい

この記事をまとめると ■かつてはクルマの花形であったセダンだが現在は低迷している ■セダンの魅力は3ボックス構成のスタイルの良さと低重心による走行性能の高さ ■低迷している理由は決してセダンの魅力がなくなったわけではない...

続きを読む...

絶版になるほど「不人気」じゃないけどモデルチェンジするほど「売れて」ない! 板挟みで生まれ変われない国産車3選

もともと全面改良のスパンが長いモデルも存在する  いまだに進化が止まることのない自動車。それだけに新車が登場してからおおよそ5年から7年くらいのスパンでフルモデルチェンジを実施して旧態依然とならないように各メーカー努力を...

続きを読む...

乗り替え時の「安心度」この上なし! 「3代」or「15年」以上コンセプトが変わらないコンサバ国産車9選

派生モデルが登場するほど人気が出てきたモデルも存在!  クルマにはモデルチェンジで大きくコンセプトを変えるものがあるのと対照的に、長年キープコンセプト(正常進化)を続けているものもある。今回は3世代もしくは15年以上キー...

続きを読む...

売れなくても「ヤメちゃダメ」! まもなく消える可能性大&すでに消えた「本当は大切な」国産車5台

車種構成の見直しによって廃止される車種の条件がある  今の自動車メーカーは、電動化を含めた環境性能の向上、安全装備や自動運転技術の開発などに取り組む。その一方で商品の売れ行きは伸び悩み、国内と海外の両方で、生産規模の縮小…

続きを読む...

絶えない「絶版」の噂! 現行モデル限りでひっそり消える可能性の高い国産車5選

トヨタはモデル数が多いため別のモデルに吸収される可能性も  最近ホンダのグレイスとシビックセダン、ジェイドが近々生産終了となることが明らかになった。日本車のラインアップを見ると販売台数や登場時期などから「そろそろなくなる.…

続きを読む...

地味だけど滋味豊か! 「まだ売ってたの?」なんて言われがちな「隠れすぎてる名車」5選

シニア層向けの実直なセダン需要はまだまだ根強い  クルマ好きなら、ふとした時に「そういえば、あのクルマってまだ売ってたっけ?」などと、地味な実用車や不人気車のことを思い出すものだ。話題性がなく、とっくにフルモデルチェンジ…

続きを読む...

売れないセダンの中でもさらにマイナー! 稀少さが逆に渋い現行セダン6選

レアでありながら実力は想定外に高い1台も!  時代はスーパーハイト系やハイト系ワゴンの軽自動車、SUV、クロスオーバーSUV、コンパクトカー全盛だ。2020年3月の乗用車販売台数では、1-2月の1位トヨタ・ライズに代わり...

続きを読む...

【枝分かれした派生の名前がいつしかメインに!】サブネームから生まれたクルマ8選

スペシャル感やスポーティさを表すためにサブネームが付けられた  完全な新型車が登場する場合、まったく新しい車名というだけでなく、サブネームが付けられることもある。最近では少なくなったが、簡単に言えば枝分かれという形で、メ…

続きを読む...

10年以上改良なしの放置プレー車も! 4年ごとが定番だったフルモデルチェンジのサイクルが伸びているワケ

そもそもフルモデルチェンジは商品力を維持する目的  20世紀の国産車は、いまでは考えられないほどハイペースでモデルチェンジを繰り返していた。4年ごとのフルモデルチェンジ、2年目にマイナーチェンジというのが当たり前といった...

続きを読む...

事故件数減少に効果あり! トヨタが後付け踏み間違い抑制システムの対象車種を12車種まで拡大

未搭載の既販車にも安全装備を搭載できる画期的なアイテム  トヨタは、2018年12月に既販の5車種を対象にした後付け用品「踏み間違い加速抑制システム」を、2019年内に順次12車種まで拡大して販売すると発表した。この後付...

続きを読む...

デイリーランキング