「タグ: カローラスポーツ」の記事一覧

カローラスポーツに関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

トムスが手掛けるカローラスポーツ「スタイリングパーツシリーズ」に純正マフラー用リヤバンパーディフューザーをラインアップに追加

ディフューザーフィンが強調される個性的なスタイリングを実現  トヨタ車でのモータースポーツ活動や、魅力的な市販車向けカスタマイズパーツを多数手掛けるトムス。スタイリッシュな雰囲気が人気のトヨタ・カローラスポーツをさらに個…

続きを読む...

【もうデカい見た目で見栄張る時代じゃない!!】本物のオトナが似合う上質なコンパクトカー5選

小さくても質感の高いモデルは存在する!  もともとは環境問題のために、燃費の悪い大きなクルマから低燃費なコンパクトカーに乗り換える人たちが増え、「ダウンサイザー」と呼ばれるようになりました。ですが、最近はエコのためという…

続きを読む...

嫌なことも吹っ飛ぶ爽快感! この春MTデビューを目指す女子にオススメのコンパクトマニュアル車5選

新たなことにチャレンジしてみたいならMT車デビューがオススメ  いよいよ新年度、新学期のスタートですね。これを機に、ずっと憧れていたコトや、今までとは何か違うコトに挑戦したい、新しい自分を見つけたい! そんな意欲を燃やし...

続きを読む...

クルマはいいけど不人気!  日陰の存在だからこそお買い得の現行国産車4選

不人気モデルは値引き幅が大きくなる傾向にある  自動車には当然のように車両本体価格という定価が存在しているが、そこに値引きがプラスされるということはほとんどの方が認識している点だろう。もちろん、新しいモデルは値引き幅が小…

続きを読む...

走りは当然「映え」度も満点! 欲張り女子を納得させる最強コンパクトカー5選

国産車でも輸入車のようなオシャレモデルが増えてきた!  なんでもかんでも「映えてるね〜」で盛り上がる、見た目重視のこのご時世。クルマだってやっぱり、「映えたモン勝ち」のところはあります。とくに、女子ウケを狙うならルックス…

続きを読む...

国産コンパクトカー4台が宣戦布告! 世界のベンチマークVWゴルフを超えたか徹底分析

ゴルフにも勝るエンジンフィールの濃厚さを持つモデルが挑む!  日本のコンパクトカー、それも主にヨーロッパで区別されているCセグメントに属するクルマたちのベンチマークは今も昔も歴代VWゴルフである。いや、その下のフィットク...

続きを読む...

その勝敗をわけたものとは! 2018年に登場した新車の「勝ち組」「負け組」20選

勝ち組1位は本格オフローダー!  今は新型車の発売が滞っている。そこでグレード追加、2018年に試乗したプロトタイプ(試作車)なども含めて、勝ち負けを考えたい。 ■勝ち組 12位 スペーシアギア  人気の高いスペーシアを...

続きを読む...

女心を鷲づかみ! 女子が選ぶ2018年登場の新型車「魅力度ランキング」TOP5

運転のしやすさや内装デザインまで総合的に評価  2018年はSUVの新型車が豊作だった反面、新型車全体の登場台数としては約30車種ほどと、ちょっと寂しい1年となってしまいました。でもその分、1台1台の完成度はとても高く、...

続きを読む...

トヨタが狙ったクラウンとカローラの「若返り」は成功したのか

現在確かに売れているが新車効果であることは否めない  2018年を代表する国産車といえば、トヨタ・カローラスポーツとクラウンだろう。いずれも最新トレンドであるコネクテッドを装備したもので、単独車種にとどまらずトヨタの攻め...

続きを読む...

2018-2019日本カー・オブ・ザ・イヤー大賞はボルボXC40! 2年連続ボルボが受賞!!

2年連続同一メーカーの受賞はトヨタ、ホンダ以外初! 「日本カー・オブ・ザ・イヤー(以下COTY)の大賞選考でこれほど混沌としたイヤーカー選びは経験したことがない」とこれまで長きにわたりCOTY実行委員を務めてきた事情通の...

続きを読む...

【ムービー】日本カー・オブ・ザ・イヤー2018-2019 10ベストカーインタビュー! トヨタ・クラウン&カローラスポーツ編

トヨタからは2車種が10ベストカーにノミネート  まもなく日本カー・オブ・ザ・イヤー2018-2019のイヤーカー(大賞受賞車)が決定する。これは2017年11月1日から2018年10月31日までに日本国内で発表・発売さ...

続きを読む...

【試乗】名前のとおりスポーティ! 老若男女OKの新型トヨタ・カローラ スポーツ

プリウスのデザインが気に入らない人にオススメ  1966年に誕生し世界150カ国以上で累計4600万台以上を販売してきたカローラ。今回、カローラスポーツというネーミングで、世界統一規格モデルのハッチバックが登場した。若い...

続きを読む...

トヨタ・カローラスポーツ登場で激戦のCセグハッチ、「アクセラ」「インプレッサ」の3車で買いはどれ?

走りならアクセラ、実用性ならインプレッサだが……  2018年6月26日に、トヨタ・カローラスポーツが発売された。実質的にトヨタ・オーリスの後継車種だが、プラットフォームはプリウスやC-HRと同じでTNGAの考え方に基づ...

続きを読む...

従来のカローラ像を変えるデザインを! トヨタ新型カローラ スポーツのデザイナーにインタビュー

歴代随一のスポーティさといつまでも愛せる大人のデザインを!  1966年に初代が誕生し、2016年には50周年という節目を迎えたカローラ。2001年まで33年間連続で国内年間販売台数の首位を維持し続けるなど、まさに日本の...

続きを読む...

最新技術を惜しみなく投入! エンジニアの情熱を感じるトヨタ新型カローラ スポーツのメカニズム

日本が世界に誇るベストセラーが身に付けた楽しさの源泉  スタイリングのよさとハッチバックの実用性の高さに、優れた走行性能を備えたカローラ スポーツ。4代目プリウスから展開が始まったTNGAによる低重心や低フード、パッケー...

続きを読む...

1 / 212

デイリーランキング