「タグ: 博物館」の記事一覧

博物館に関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

夏休みはトヨタ博物館で決まり! 家族で学べる「ト博 夏フェス!2018」を開催

貴重なクルマに触れられるチャンス!  国内外の歴史的名車が多数収蔵されているトヨタ博物館(愛知県長久手市)では、7月14日(土)〜9月30日(日)の間、夏の全館イベント「ト博 夏フェス!2018」が開催される。館全体が大...

続きを読む...

いすゞの歴史と名車を楽しめる「いすゞプラザ」が凄い!

子供から大人まで楽しめるコンテンツ満載!  皆さんは「いすゞ自動車」にどのようなイメージをお持ちだろうか? 最近の読者の人からしてみればバスやトラックなどの「働くクルマ」のメーカーというイメージが強いかもしれない。だから…

続きを読む...

【70年代のF1マシン】アメリカ系チーム「シャドウ」「ペンスキー」「パーネリ」

北米大陸からのチャレンジャー  イタリアやフランス、イギリス、そしてドイツなどヨーロッパの主要チーム/コンストラクターが大勢を占めてきたF1GPだが、70年代にはアメリカ系のチームも参戦していた。その先駆けとなったのはド...

続きを読む...

【70年代のF1マシン】ワールドチャンピオン自らの名を冠したマシンたち

サーティース・ヒル・フィッティパルディなど伝説の王者の名が入る  マクラーレンやブラバムは、ドライバーが自らの名を冠したオリジナルマシンを製作し、コンストラクター/チームとしての地位を築いたのは以前に紹介したとおり。とく…

続きを読む...

【70年代のF1マシン】黄金期を迎える前のウイリアムズ

名門ウイリアムズにも不遇な時代があった  ホンダが第2期のF1GP参戦活動においてパートナーに選び、本格的なチャレンジが始まり、やがて常勝時代を築いたことから、80年代には間違いなくトップチームとして名を知られることにな...

続きを読む...

【70年代のF1マシン】最高のサウンドをもつV12も作ったイギリスの名門BRM

グランプリの主導権を大英帝国にもたらした立役者  今でこそ、F1GPにおけるトップチームはイギリス国内に本拠を構えるケースが多い。いやフェラーリなど幾つかのケースを除けば、ほとんどがイギリス・チームといって良いだろう。 ...

続きを読む...

【70年代のF1GPマシン】青年貴族の夢を具現化したヘスケス・レーシング

あのハーベイ・ポスルスウェイトが手がけたマシン  70年代のF1GPは、じつに長閑だった。60年代終盤に登場した傑作エンジン、フォード・コスワースDFVによって、誰もがF1マシンを製作することが可能になったし、70年代に...

続きを読む...

【70年代のF1マシン】3度のF1チャンピオンが立ち上げたブラバム

ゴードン・マーレイが作り上げたブラバム第二幕のマシンたち 前回紹介したマクラーレンと同様に、今回紹介するブラバムも、レーシングドライバーが興したF1チーム/コンストラクターで、のちに別の人物がチームを譲り受けて別組織のチ...

続きを読む...

F1黄金期にティレルが生み出した6輪マシン

黄金期を迎えたロータスと覇権を争った新興チームのティレル  前回紹介したロータスが黄金期を迎えた1960年代終盤から70年代前半、彼らと世界タイトルを争ったのは、12気筒エンジンのハイパワーを武器に、長きに渡ってF1GP...

続きを読む...

2000年以降に活躍した国産WRCマシン(インプレッサ・SX4・86・ヴィッツ)

日本勢が苦戦を強いられた2000年代のラリーマシン  トヨタ自動車と富士重工、そして三菱自動車が開発した国産のラリーカーは、1990年代後半の世界ラリー選手権(WRC)において圧倒的な強さを発揮していた。  実際、92年...

続きを読む...

90年代に世界を席巻したラリーマシン達(パルサー・インプレッサ・ランエボ・カローラ)

世界を席巻した第2世代グループAマシンたち  1990年代序盤には、トヨタがセリカでワールドタイトルを獲得。スバルがレガシィで、三菱がギャランでこれに次ぐ活躍を見せていたが、それらを国産のグループA(Gr.A)ラリーカー...

続きを読む...

輝かしい勝利を挙げた国産グループAラリーカー達(セリカ・ギャラン・レガシィ)

グループA規定で活躍した国産ラリーカー達  1973年に世界ラリー選手権(WRC)が制定される以前から、サファリやモンテカルロ、あるいはRACラリーなど海外のビッグイベントに参戦してきた国産ラリーカー。  Gr.2からG...

続きを読む...

マルティニカラーのあのクルマに挑んだラリーカー達

王者ランチャに戦いを挑んだ国産グループA  速くなり過ぎたグループBが、アクシデントが続出し安全性を担保できないことから1986年限りでWRCの表舞台から姿を消し、グループSの構想もとん挫。結果的に87年からはグループA...

続きを読む...

三菱スタリオン・マツダRX-7がWRCに出ていた1980年代のラリーシーン

グループ4からグループBへとWRCの主役が移行  1981年、当時世界のモータースポーツを統括していたFISA(国際自動車スポーツ連盟。FIA=国際自動車連盟の下部組織で93年にはFIAに吸収され、以後は世界モータースポ...

続きを読む...

1 / 41234

デイリーランキング