「お役立ち情報」の記事一覧 - 3ページ目

ただのススと侮るなかれ! マフラー出口の黒い汚れは愛車からのSOSの可能性有り

黒いススは不完全燃焼時に出るもの  最近はデザイン的にマフラーのテール部分を大きく目立たせているクルマは少なくなってきたが、よく見るとパイプの部分が黒くなっていることがある。昔のクルマと比べると良くなってきたが、それでも…

続きを読む...

何もしないと事故のリスクも高まる! 誰でもできるクルマの花粉対策とは

まずは車内に持ち込まないようにする  今年は暖冬だったからか、スタートが早い気がする花粉症。かくいうワタクシも重度の花粉症で、毎年苦しめられている。薬もよくなったので以前よりはマシだが、それでも痒くはなるし、ムズムズはす…

続きを読む...

街乗りをナメてはいけない! レーシングドライバーが伝授する本当に役立つ公道での運転の極意とは

Gの変化をいかに滑らかにするかがポイント  よく市販車のテストをサーキットで行うと、「一体何の意味が?」と疑問を問いかけてくる人がいる。サーキット走行は限界特性を試すのに好都合だが、それだけではない。そのクルマのコントロ…

続きを読む...

ノーマルに戻して売る? パーツ装着のまま? イジった愛車を少しでも高値で売るコツとは

ノーマルに戻せないようなカスタムはマイナスに  手塩にかけて作り上げた自慢のカスタムカー。しかし、環境の変化で手放さなければならなくなったとき、果たしてどのような方法で売却するのが一番なのだろうか? どうせ手放すのであれ…

続きを読む...

基礎中の基礎「左側車線走行」こそ最大の自衛手段! 高速道路であおられないクルマの運転術とは

速かろうが遅かろうが追越車線を走り続けるのは違反  一般道だろうと高速道路だろうと、片側が複数車線であれば右側(中央寄り)の車線は“基本的”には追越車線であって、通常は走行車線と呼ばれる左側の車線を走るのがルールとなって...

続きを読む...

高性能スタッドレスで余裕をかますと大惨事に! 憶えておいて損はない雪道走行の落とし穴6選

対向車との事故を防いだつもりが裏目に!  冬の終わりもすぐそこ。暖かくなってきたし、このまま春かといった感じだけど、雪がまだ積もったままの地域もあるし、最近の例からすると異常気象で、これからいきなり雪が降る可能性だってあ…

続きを読む...

透過率をクリアしたフィルムなのに違反? クルマのウインドウフィルムの効果と思わぬ落とし穴

じつはスモークガラスは熱をカットできない  最近の国産車では、ほぼすべてのクルマでスモークガラス(プライバシーガラス)が標準で装備されるようになり、ウインドウフィルムを貼ることは減ってきたかもしれないが、断熱効果、つまり…

続きを読む...

寒い冬は確実に愛車を蝕む! 季節の変わり目に注意したいトラブル6つと対処法

冬のうちに注意しておけばトラブルは回避可能  暖かくなると急に風邪をひいたりすることがある。気の緩みなどと言われたりもするが、クルマも季節の変わり目で調子を崩すことも……。メンテの一環として、重点的にチェックしてほしいポ...

続きを読む...

合法カスタマイズなのに拒否されることも! 正規ディーラーに入庫できない改造車の条件とは

ディーラーは改造車を車検に通すと営業停止処分となることも  整備、点検、車検等で、なにかと世話になる各メーカーのディーラー。しかし、カスタムカーの場合、その仕様によってはディーラーに入庫拒否されるケースもある。  という.…

続きを読む...

ナンバープレートが雪の付着で隠れたら違反? 警察の回答とは

法令上は見やすいように表示しなければならない  雪というのは厄介な代物で、視界を遮る雪や、屋根やボンネットに積もった雪は、誰もが一通り落としてからクルマに乗るだろうが、ナンバープレートが雪で隠れていてもあまり気にすること…

続きを読む...

男性の意見を鵜呑みにすると大後悔! 女性が乗るクルマ選びで必ずチェックすべきポイント8つ

自分に合ったクルマかどうかはクルマに詳しくなくても確認できる  女性の皆さんは、クルマの購入を検討する時に、誰に相談しますか? やっぱりお母さんよりはお父さん、女友達よりは彼氏や旦那さまと、男性を頼りにする人が多いのでは…

続きを読む...

新車のような輝きを取り戻したい……クルマの小傷を自分でキレイに消すコツ5選

キズのタイプによって対処法が異なる  大事に乗っていても、街を走っていれば避けられないのが、ボディやバンパーなどへの小キズ。バンパーやドアミラーの擦り傷や、ドアの淵を壁などに当ててしまった傷、狭い道で垣根や木の枝などが擦…

続きを読む...

Pレンジをブレーキ代わりはダメ! AT車でも駐車時にパーキングブレーキを引くべき理由とは

Pレンジはシフトレバーのポジションのひとつでブレーキではない  AT車の取扱説明書を見ると、「車両を離れるときは、セレクトレバーをP位置にしたあとパーキングブレーキをかける」と必ず明記されている。しかし、AT車のギヤには...

続きを読む...

対策次第で査定額がアップ! 愛車を少しでも高く売るためにやるべきこととは

「今まで大切に乗ってきたアピール」が信用につながる  クルマを買い替えるにしろ、ただ手放すだけにしてもとりあえず高いことに越したことはない。「安くてもいいですよ」なんていう人はいないだろう。しかし、ディーラーで値引きのフ…

続きを読む...

一歩間違えるとボディが傷だらけ! 正しいクルマの雪下ろしの方法とは

雪にはゴミやホコリが含まれているのでムリにやるとヤスリ掛けに  異常気象なのか、毎年のように大雪のニュースが飛び込んでくるし、ホワイトアウトも話題になった。そうなるとクルマにも雪が積もるわけで、それをどう落とすかはじつは…

続きを読む...

ウィークリーランキング

  1. 【お宝】もしも車庫に眠っていれば高値が付く超人気の中古車4選

    【お宝】もしも車庫に眠っていれば高値が付く超人気の中古車4選

    当時は「普通」のクルマでも今ならファン垂涎の名車! 最近は旧車ブームと...

  2. 前のほうがイケメン? マイナーチェンジで理解しがたい見た目になった国産車トップ5

    前のほうがイケメン? マイナーチェンジで理解しがたい見た目になった国産車トップ5

    街中で見かけないほど売れていないクルマも マイナーチェンジってのは、な...

  3. 意外と街を走っている! 知らずにやりがちなクルマの違法改造4選

    意外と街を走っている! 知らずにやりがちなクルマの違法改造4選

    パーツの交換やアイテム装着などは確認してから実効 ベタベタの車高やはみ...

  4. 【ドッチがお得】安いオイルをこまめに換えるor高いオイルを長く使う

    【ドッチがお得】安いオイルをこまめに換えるor高いオイルを長く使う

    間違いなく高いオイルを入れたほうがいい メンテナンスフリー化やブラック...

  5. 一度見たら忘れられない! 歴史に残る「変顔」クルマ5選

    一度見たら忘れられない! 歴史に残る「変顔」クルマ5選

    そこらのスーパーカーよりもインパクト絶大なクルマたち クルマの第一...

  6. 【女子の本音】これは辛い! ドライブデートではヤメテほしいクルマ4選

    【女子の本音】これは辛い! ドライブデートではヤメテほしいクルマ4選

    オープンカーもデートに向かないクルマだった! 「次のデート何したい?」...

  7. 【意外と知らない】13年を経過しても自動車税が上がらないクルマとは?

    【意外と知らない】13年を経過しても自動車税が上がらないクルマとは?

    初代プリウスやインサイトは13年超でも重課なし! 今年も自動車税の通知...

  8. 【試乗】レヴォーグSTI Sportが魅せた上質なハンドリングとしなやかな足

    【試乗】レヴォーグSTI Sportが魅せた上質なハンドリングとしなやかな足

    ステアリングはダイレクトだがピーキーさはない STIと聞けば、スバルフ...

  9. スバル車ならなんでも大好き……なハズのスバリストからも見放されたスバル車3選

    スバル車ならなんでも大好き……なハズのスバリストからも見放されたスバル車3選

    現在考えれば重要なモデルもあるが当時は受け入れられず! スバルファンで...

  10. できれば避けたい!? ガソリンスタンドマンが苦手とするクルマとは

    できれば避けたい!? ガソリンスタンドマンが苦手とするクルマとは

    プロフェッショナルにも苦手なクルマや人はある 自動車ユーザーなら必ずお...