世界的なEVの販売台数は圧倒的にテスラ! それでも日産が負け組ではない理由 (1/2ページ)

世界的なEVの販売台数は圧倒的にテスラ! それでも日産が負け組ではない理由

富裕層向けEVがヒットし販売台数を伸ばしている

 2018年の電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド車(PHEV)の販売台数において、世界でもっとも多かったのは、テスラのモデル3であった。日産リーフは、3位。2位は、中国の北京汽車のECシリーズである。EV

 4~5位は、テスラのモデルSとモデルXで、テスラはこれら3台を合計すると24万5000台強となり、世界でもっともEVを売ったメーカーといえるだろう。テスラが採った、高級車の価格帯からEVを導入して富裕層の支持を得ながら、次に普及型のEVを量産・普及させる戦略は、的を射ているのが数字からも明らかになった。ジャガーI-PACEや、ポルシェ・タイカンへの関心など、富裕層がEVに注目しはじめている。EV

 そのほか日本勢では、PHEVのトヨタ・プリウスPHVが9位、三菱自動車のアウトランダーPHEVが10位の販売台数である。EV

 欧州勢では、11位にルノーのZoe、12位にBMW530e(PHEV)、13位にシボレーのeQ EVだ。ちなみに、BMW・i3は18位。これら以外は、中国勢がトップ20位圏内に入っている。EV

 販売台数だけを見ると、テスラが圧倒的だ。では、EVやPHEVでテスラが勝ち組なのかというと、必ずしもそうとは言い切れないのではないかと考える。

 もちろんEV普及において、テスラの戦略や、自動運転もアップ・トゥ・デイトで進化させ、かつて購入した顧客のテスラもつねに最新装備が付くといった施策により、顧客満足度も高いだろう。EV

画像ギャラリー