ヨコハマタイヤのオールシーズンモデル「BluEarth-4S AW21」が2020年1月より本格販売開始

ヨコハマタイヤのオールシーズンモデル「BluEarth-4S AW21」が2020年1月より本格販売開始

あらゆる路面での走破性はもちろん耐摩耗性も兼ね備える

 横浜ゴムは、乗用車専用のオールシーズンタイヤ「BluEarth-4S AW21」を、2020年1月9日(木)より日本国内での本格販売を開始する。発売されるサイズは225/55R19 99V〜175/65R14 82Tまでの19サイズとなり、すべてオープン価格。

 BluEarth-4S AW21は、ドライ&ウエット路面はもちろん、突然の降雪などによる雪道走行(深雪や凍結路面はスタッドレスタイヤを推奨)が可能な性能を併せ持っているタイヤ。通年で装着が可能になり、都市部などでは季節ごとのタイヤ交換や保管する場所を確保する必要がなくなるなど、メリットも多い。

 優れた雪上性能とウエット性能を両立。さらに、ドライ路面での走破性や耐摩耗性能を確保しているのが特徴だ。センターから左右斜め方向に広がるV字ダイバージェントグルーブの方向性パターンにより、ウエット路面での排水性を向上。さらに、交差するクロスグルーブが、雪上性能に大きく貢献する。

 また、ドライ路面での性能は接地面積の確保に有効な幅広トレッドや大型ショルダーブロックによって確保。コンパウンドはシリカを配合してウエット性能を高め、末端変性ポリマーを配合したことで雪上性能やウエット性能も高めている。

 サイドウォールには国際基準で定められたシビアスノータイヤ条件に適合した「スノーフレークマーク」を打刻。チェーン規制時でも走行可能なタイヤとして認められている。横浜ゴムのオールシーズンタイヤ

画像ギャラリー