2年以上の王者を倒してついにタントがトップ! 難攻不落のN-BOXを超えられた理由とは (1/2ページ)

2年以上の王者を倒してついにタントがトップ! 難攻不落のN-BOXを超えられた理由とは

首位が入れ替わるのは2年数カ月ぶり

 今、日本で売れているクルマの上位は、なんと軽自動車のスーパーハイト系が占めている。直近の2019年11月の乗用車販売ランキングでは、1位ダイハツ・タント:21096台、2位ホンダN-BOX:18805台、3位スズキ・スペーシア:12820台である。ちなみに、軽自動車を除いたベスト3は、トヨタ・カローラ:10705台、トヨタ・シエンタ:10331台、トヨタ・プリウス:8375台となる。

 ここで、おやっ、これまで、日本で一番売れているクルマはN-BOXではなかったっけ? という声もあるだろう。そう、2年数カ月ぶりに、首位がN-BOXからタントに入れ代わったのである(2019年上半期ではN-BOXが新車販売台数No.1)。これは、業界内では大ニュース。

タントがN-BOXを超えられた理由

 2017年にデビューした現行型の2代目N-BOXがこれまで首位の座に君臨し続けたのは、軽自動車にして下手な中型セダンを上まわる室内空間の広さ、両側スライドドアによる乗降性の良さ、さまざまな使い勝手に応えてくれるシートアレンジ性、助手席ロングスライドによる助手席の母親が後席の子供のケアをしやすい独自のユーティリティ、そしてホンダらしい走行性能の良さや燃費性能の良さ、ミニステップワゴンを思われるコンパクトながら堂々とした佇まいによる商品力、軽自動車初のACC(アダプティブクルーズコントロール)の用意などがあり、まさに日本の狭い道をスイスイと走るのに最適で、オールマイティーに使える理想の1台だったからである。

タントがN-BOXを超えられた理由

 では、2019年11月になぜ、タントが首位を奪還したのか?

画像ギャラリー