【未来のハチロクとなるか!?】新車よりも値段が上がる可能性大の現行国産車4選 (1/2ページ)

noteで書く
【未来のハチロクとなるか!?】新車よりも値段が上がる可能性大の現行国産車4選

現行型で最期になりうるパワートレインも!

 一時期は底値とも言える価格になりながら、漫画「頭文字D」の影響などもあって一気にプレミア価格の車両となったAE86。さすがに漫画によるブームは予見できなかったが、後継車種となったAE92が前輪駆動となったことで後輪駆動だったAE86に脚光が当たったという点では納得の理由とも言える。

 そこで今回は、今後価値が上がるかもしれない現行モデルを独断と偏見でピックアップ。もし予想が外れても怒らずに大目に見ていただければ幸いだ。

1)マツダ・ロードスター

 国産車として唯一となるオープン2シーターモデルのロードスター。すでにそれだけでも唯一無二の存在ではあるが、登場から5年近く経ち、次期型の噂もちらほらと聞こえるようになってきた。それによると、ダウンサイジングターボになるとか、ハイブリッドになるとか不確定ながらさまざまな情報があるようである。

【関連記事】【お宝】もしも車庫に眠っていれば高値が付く超人気の中古車4選

将来価値が上がる可能性のある現行車画像はこちら

 とはいえ、歴代のロードスターは7年~10年という長いモデルライフとなっているので、すぐに新型が登場するわけではないが、噂のとおりとなると純然たる自然吸気エンジンを搭載するロードスターは現行型が最後となる。さすがに後輪駆動レイアウトを変更するとは思えないが、場合によっては価値が上がるかもしれない。

将来価値が上がる可能性のある現行車画像はこちら

2)三菱デリカD:5

 こちらも国産車では唯一となるオールラウンダーミニバンであるデリカD:5。言うまでもなくSUVを得意とする三菱らしい、ミニバンとSUVを融合させたモデルで根強い人気を誇る長寿モデルである。デビュー当初はガソリンエンジンのみのラインアップだったが、ディーゼルエンジンを熱望する市場の声に応える形で2012年にクリーンディーゼルモデルを追加。唯一無二の個性により磨きをかけることになった。

将来価値が上がる可能性のある現行車画像はこちら

 しかし、一部新聞報道によると三菱はディーゼル車の新規開発を中止し、既存のディーゼル車事業も大幅に縮小するという。そうなると、ディーゼルエンジンを搭載したデリカD:5に再び注目が集まることも考えられそうだ。

将来価値が上がる可能性のある現行車画像はこちら

画像ギャラリー


新着情報