自動車工業4団体が一致団結! 新型コロナウイルスの対策や支援を今後も継続すると発表

自動車工業4団体が一致団結! 新型コロナウイルスの対策や支援を今後も継続すると発表

加盟各社がノウハウを活かした支援策を展開中

 一般社団法人日本自動車工業会(会長:豊田章男、以下自工会)、一般社団法人日本自動車部品工業会(会長:尾堂真一、以下部工会)、一般社団法人日本自動車車体工業会(会長:木村昌平、以下車工会)、一般社団法人日本自動車機械器具工業会(理事長:辻修、以下自機工)は、先日行われた自動車工業4団体合同会見において、新型コロナウイルス危機の克服と復興に貢献していくという決意表明を行った。

 医療現場をはじめ、新型コロナウイルスに立ち向かっている人たちに役立ちたい、未来に向けて失ってはいけない技術や人材を守り、日本のモノづくりの基盤を死守していきたいという思いから、業界一丸となって取り組みを進めている。

【関連記事】八百屋にお寿司、メガネに中古査定まで! コロナ禍でも安心安全の変わり種ドライブスルー8選

自工会が新型コロナウイルスに関する支援を続けると発表画像はこちら

 現在、すでに医療現場で必要とされる衛生用品の生産や提供、医療機器メーカーへの生産性向上支援、感染者輸送車両の提供などを行っており、製造・物流面ののうやうや、グローバルに広がるサプライチェーンを活かした取り組みを行っている。

自工会が新型コロナウイルスに関する支援を続けると発表画像はこちら

 さらに、各地域でのニーズを把握し、会員各社がもつ技術などを活用して新たな支援に繋げられないか検討しているという。取り組み内容に関しては、新設した自動車業界新型コロナウイルス対策支援ホームページに掲載し、今後も取り組みの幅を順次拡大し、進捗状況などを発信していく予定となっている。

自動車工業4団体 新型コロナウイルス対策支援の取組み(PDF 660KB)

画像ギャラリー