デカくてゴツめなSUVのイメージを覆す! ヤリスクロスが「女子」にオススメな理由5つ (1/2ページ)

デカくてゴツめなSUVのイメージを覆す! ヤリスクロスが「女子」にオススメな理由5つ

視界の良さやコンパクトなボディが運転しやすい!

 ひと昔前は、女性にオススメするクルマと言えば、軽自動車かコンパクトカーが王道でした。でも近年は、男女も世代も住む場所も関係なく乗れるオールマイティなクルマとして、SUVの人気がどんどん高まっています。ボディサイズやパワートレインなどの種類も豊富に揃ってきた今、女性が乗るクルマとしても、SUVをオススメしやすくなってきたと言えます。なかでも、今年デビューしたコンパクトなクロスオーバーSUV、トヨタ・ヤリスクロスは女性に嬉しいポイントがいっぱい。さっそくご紹介したいと思います。

【関連記事】「軽自動車」=「初心者向け」じゃない! 運転に不慣れだと感じる「軽の難しさ」5つ

トヨタ・ヤリスクロスのリヤスタイリング画像はこちら

1)デザイン

 まずはデザイン。「ツルンとしたむきたまご」とか、「キュートな未確認生物」なんて言われているヤリスクロスのデザインは、これまでSUVに「ゴツい」「泥臭い」なんてイメージを抱いていた女性には、かなり新鮮なのではないでしょうか。名前からもわかるとおり、コンパクトカーのヤリスの兄弟車となるわけなんですが、イケイケ肉食系のデザインを持つヤリスとは打って変わって、ちょっと愛嬌があって都会的な雰囲気があるヤリスクロス。実際、ヤリスと外観で共通するのはサイドミラーとアンテナくらいしかないほどで、女性が乗りこなすと絵になる1台です。

トヨタ・ヤリスクロスの走り画像はこちら

2)運転しやすさ

 次に運転しやすさ。ボディサイズは全長4180mm、全幅1765mmで、全長がシエンタより少し短く、全幅がプリウスとほぼ同じというサイズ感です。最小回転半径は5.3mなので、5.0m以下が一般的なコンパクトカーや軽自動車と比べると、狭い曲がり角やUターン、車庫入れなんかもやりにくいんじゃないの? と思うかもしれないですが、ヤリスクロスは運転席の視点が少しアップライト。そのおかげで、小柄な女性でも車幅感覚が掴みやすく、ちょっとくらい全幅があっても運転しにくさを感じることはないはず。

トヨタ・ヤリスクロスのサイドビュー画像はこちら

 むしろ、最低地上高が170mm確保されていることで、道路の段差や凸凹にも神経質にならずに済み、駐車場の輪留めにぶつけてしまったりしないのも嬉しいところです。また、運転席のシートポジションを記憶しておいて、乗車した際にシート横のメモリーレバーを操作すれば、記憶したポジションに復帰してくれるというのも、毎回のシート調整が面倒という女性には助かる機能ですね。

画像ギャラリー