男性の視線「釘付け」確実! 女性が乗れば「ギャップ萌え」必至のクルマ5選 (1/2ページ)

男性の視線「釘付け」確実! 女性が乗れば「ギャップ萌え」必至のクルマ5選

意外にも女性が運転しやすいモデルも存在!

 街を歩いているときや、信号待ちをしているときなどに、ふとすれ違ったクルマに目を奪われる瞬間って、ありますよね。そのクルマを運転しているのが女性だとわかって、よけいに「わ〜、素敵!」と魅力が倍増して見えたこともあるかもしれません。男性から見ても、同性の女性から見ても、この組み合わせはヤバいでしょ! と思えるような、相乗効果で周囲を魅了してしまう「女性×クルマ」というのがあります。今回はその理由とともに、すれ違っただけで惚れてしまいそうな、女性を素敵に見せるクルマたちをご紹介します。

1)日産フェアレディZ

 まずは、新型のプロトタイプが披露されて再び盛り上がりを見せそうな、日産フェアレディZ。長い歴史をもち、海外でも人気のあるスポーツモデルですが、さすが名前からして「淑女」というだけのことはあって、数ある国産スポーツモデルのなかでも、この現行モデルほど女性が運転していると魅力的に見えるスポーツモデルはほかにないと言ってもいいくらいです。

【関連記事】乗るだけでオンナ度アップ! 背伸びしてでも大人の女性が乗るべき美人クーペ6選

フェアレディZの走り画像はこちら

 腰のくびれをイメージさせるフェンダーの抑揚や、プリッとしたヒップライン、流麗なルーフなど、セクシーな印象がそうさせるのかもしれないですね。3.7リッターの大排気量エンジンは、もちろんパワフルなのですが、高速でのクルージングはゆったりできるし、合流や追い越しなどもラクなので、意外にも女性が運転しやすいと感じるところが嬉しいですよね。

フェアレディZのエンジン画像はこちら

2)ジープ ・ラングラー

 次は、女性を魅力アップさせる要素の一つである「ギャップ萌え」の効果で、すれ違ったら思わず二度見しちゃいそうなのがジープ・ラングラー。とくに、世界一過酷と言われるルビコントレイルというオフロードから命名されたという、ジープ最強グレードの「UNLIMITED RUBICON」は、見るからにゴツいマッド&テレインタイヤを装着し、張り出したバンパーやロックレールといったワイルドな外観で、一見するととても女性が運転しているとは思えません。

ラングラーのフロント画像はこちら

 ボディサイズだって、全長4.8mオーバー、全幅1.8mオーバーと大きめなので、それなりに運転に慣れていないと、街中などでは持て余してしまうことも。それなのに、運転席から降りてきたのが華奢な女性だったりしたら、もうビックリするのも当然ですよね。きっと同性でも惚れてしまうと思います。フルタイム4WDとパートタイム4WDを使い分け、道なき道を進むことができるラングラーと人生をともにしたら、きっと想像もつかない世界が待っていることでしょう。

ラングラーのリヤ画像はこちら

画像ギャラリー