本家超えの傑作! 倍近く売れるモデルも! 圧巻のオリジナリティで「魅力的すぎる」OEM車6選 (2/2ページ)

OEMモデルが大成功する例もあり!

3)マツダ・ロードスター&アバルト 124スパイダー

 OEM車にして、ほとんど別物のクルマに仕上げているのが、マツダ・ロードスターとイタリア車のアバルト124スパイダー(すでに生産終了)の関係だ。

【関連記事】同じ中身なのになんでこんなに差が付いた! 明暗クッキリ兄弟車の勝ち負け4選

124スパイダー走り画像はこちら

 由緒あるアバルト124スパイダーのベース車両がマツダ・ロードスター(ND型)であることは間違いなく、なんとマツダの広島の工場で生産されていたのだが、124スパイダーはターボとなるエンジンから足まわり、ブレンボ製となるブレーキシステム、そしてボディ全長、エクステリアデザイン、ラゲッジ容量などまで異なる、もはやアバルトそのもののオリジナリティ溢れる1台となっていた。

ロードスター走り画像はこちら

4)スズキMRワゴン&日産モコ

 ところで、国産車のOEM車で、OEM供給された側のクルマが、本家の倍以上売れた例もある。たとえばスズキMRワゴンと日産モコの関係で、当時、軽自動車を生産していなかった日産が導入したOEM車の1台がモコであり、多くのOEM車がほぼバッジを変えただけの、パッと見同じに見える車種同士だったのに対して、ボンネット、バンパー、フロントグリルまで日産オリジナルとし、その日産ウインググリルや専用ボディカラーから、ひと目で日産車と判別できるOEM車だったのである(ABS全グレード標準装備もモコならでは)。

モコ全体画像はこちら

 本家の倍以上売れたのは、販売拠点の数の多さもあるのだが、OEM車とは言え、日産車らしさを随所にちりばめた点も、大きく貢献していたに違いない。

5)スズキ・アルト&日産ピノ

 同様に、スズキ・アルトのOEM車となるのが、日産ピノ。

ピノ全体画像はこちら

 2007年の発売だが、ピノは20台前半の女性をターゲットとし、日産車と一目で分かるフロントグリルのほか、バンパー、ホイールキャップからシート地までを独自にデザイン。モコほどのヒット作とは言えないものの、日産色のあるOEM軽自動車だった。

6)トヨタIQ&アストンマーティン・シグネット

 最後に紹介するのは、かなり極端なOEM車として挙げられる、トヨタiQのOEM車となるアストンマーティン・シグネットである。

シグネット走り画像はこちら

 この2台は単なるOEM車とは呼べない関係、独自性があり、アストンマーティン・シグネットは日本からiQの完成車を英国のアストンマーティンの工場に送り、内外装を分解し、職人が1台につき150時間をかけて、アストンマーティンとしてカスタマイズする手法が取られていた。ボディパネルに関しては、リヤフェンダー以外はすべてシグネット専用となるほどだ。

 エンジン、CVTと6MTが選べるミッションはiQそのものなのだが、価格はiQの約3倍の475~490万円(日本国内価格)になっていた。価格差がもっとも大きいOEM車とも言えそうだ。

名前:
青山尚暉
肩書き:
2022-2023日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員
現在の愛車:
フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアント
趣味:
スニーカー、バッグ、帽子の蒐集、車内の計測
好きな有名人:
Yuming

画像ギャラリー


新着情報