赤字覚悟の出血大サービスか? 中身を見るとどう考えても「激安すぎる」クルマ4選 (1/2ページ)

赤字覚悟の出血大サービスか? 中身を見るとどう考えても「激安すぎる」クルマ4選

この記事をまとめると

■ライバル車と比較すると異常なくらい圧倒的に安いモデルがある

■シートの数や燃費をライバル車と比較すると、その凄さがわかりやすい

■コスパで購入すると後悔する場合があるので「本当に必要か?」を吟味することが大切だ

メーカーは大丈夫? コスパ最強すぎる買いクルマを紹介!

 この秋から冬にかけて、続々と新型車が登場するが、改めて、すでに発売されているクルマを含め、内容を考えるとハイコスパすぎる(!?)国産車をピックアップしてみたい。

1)トヨタ・ヤリスクロス

 デビューしたばかりのカローラクロスだが、じつは比較すると、その弟分と言えるヤリスクロスのコスパにも注目である。ヤリスクロスはガソリン車の4WDが選べるところがカローラクロスとの違いで、ガソリン車の価格は実質的なベースグレードのXが189.6万円(FF/4WDは212.7万円)だ。X以上には先進運転支援機能のトヨタセーフティーセンスが標準装備され、全車速追従型のレーダークルーズコントロール=ACCも備わる。

 後席を重視しなければ(重視ならカローラクロスか?)、デザイン、走り、そして装備面を含め、200万円前後で買えるクルマとしての満足度は極めて高いと断言できる。

【関連記事】199万円って安すぎないか? カローラクロスを「ほぼ同額の国産車」と比べてみた

ヤリスクロス全体画像はこちら

 が、待てよ、最新のトヨタ・アクアのコスパはさらにすごい。ハイブリッド専用車であり、なおかつ実質的なエントリーグレードであるXはWLTC総合モード燃費34.6km/Lを達成。しかも、ハイブリッドやPHVならではのAC100V/1500Wコンセントを全車標準!!

 それでXは209万円なのだから、クロスオーバーモデルにしか興味なし……という人を除いて、使い勝手、燃費は文句ない。アウトドアや災害時に役立つ非常時給電システム付きのAC100V/1500Wコンセントまで付くのだから、災害大国日本において、安心という保証まで備わるコスパ抜群の1台ということになる。

アクア全体画像はこちら

 カローラクロスHVのAC100V/1500Wコンセントのオプション価格は税込みで4万4000円だから、標準装備のアクアは209万円-4万4000円の204万6000円が実質価格と考えられなくもない。

2)スズキ・スイフトスポーツ

 新しくはないものの、走りの良さと価格の安さで際立つのがスズキのスイフトスポーツだろう。標準型スイフトとは別物の走りの良さ、スポーツ度を備え、歴代、欧州コンパクトハッチに迫る、痛快で切れ味ある走りを披露してくれる小粒でもファンすぎる男気あるコンパクトカーである。

スイフトスポーツ並び画像はこちら

 価格は今や必須の先進運転支援機能のスズキセーフティサポート付きで、このクラスでは希少な6速MTが201.74万円。CVTでも208.89万円である。ちなみに輸入車のライバルと目されるVWポロのスポーツグレード、R-Lineは300万円オーバーとなる。

画像ギャラリー


新着情報