今度は深刻なアルミホイール不足が発生! スタッドレス商戦も大打撃 (1/2ページ)

今度は深刻なアルミホイール不足が発生! スタッドレス商戦も大打撃

この記事をまとめると

■いま世界的なサプライチェーンの混乱の渦中にある

■それによりアルミホイール不足が発生

■中国の停電騒ぎなどが大きな影響を及ぼしている

アルミホイール不足が発生!

 サプライチェーンの世界的混乱は依然として収束する気配もないようで、最近では最大手ファストフードチェーンが、輸入遅延が発生したとして期間限定ながらフライドポテトのサイズをSに限定して販売するなど、より生活に密着した部分にまで影響が出てきている。

 新車販売の世界は、全体的には改善傾向に向かっているものの、報道ではトヨタは部品調達が困難となり、本稿執筆時点では、2022年12月は2万2000台減産するとされている。新型変異株のオミクロン株の感染スピードが速く、世界各地で大量の感染者が出ている現状では、短期間でサプライチェーンが回復することはまず期待できないだろう。

 それでも、新車の納期遅延はいままででもっともひどかった2021年9月や10月に比べれば、改善傾向にあるのだが、新車販売現場で聞いたところでは「アルミホイールが足りません」とのことであった。最近では新車販売の利益だけではとても新車ディーラーは食べていけないのが恒常的となっている。そのため、アフターメンテナンスや物販を積極的に行っており、この時期はスタッドレスタイヤの販売に積極的な動きを見せている。

【関連記事】買ったのに乗れない! いま話題の新型車の「納期遅延」が常態化しているワケ

アルミホイールの裏側画像はこちら

「例年ならば、中国製あたりの格安アルミホイールにスタッドレスタイヤを履かせて販売しているのですが、今回のウインターシーズンでは、アルミホイールそのものがなかなか入ってきません。入ってきたとしても例年より高額で、“格安スタッドレスタイヤ販売”などは難しく泣いています」とのことであった。

画像ギャラリー