半年待ちもザラ! トヨタの人気車が「納期遅延だらけ」でも不満が出ない理由 (1/2ページ)

半年待ちもザラ! トヨタの人気車が「納期遅延だらけ」でも不満が出ない理由

この記事をまとめると

■ヤリスクロスやハリアーなどトヨタの人気車は深刻な納期遅延に陥っている

■それでもトヨタユーザーからディーラーへの不満は少ない

■なぜ不満が出ないのかローンや車検におけるトヨタディーラーの工夫について解説している

トヨタは原則ディーラーが在庫車を持たずに販売している

 国内販売では、圧倒的なシェアでトップを維持し、最近では“トヨタ一強”などとも呼ばれているトヨタ。ただ、そんなトヨタのアキレス腱とでもいうべきものが、“納期遅延”となるモデルが多いこと。ここ最近は半導体の供給不足問題もあるので、その影響で生産が滞り、新車全体において納期遅延が目立ってきており、状況は刻一刻と変化している。

 平常時ならば、日産やホンダは、売れ筋人気車ほどディーラーがストックしている在庫車販売がメインとなっており、在庫車に希望車種があれば、最短で1カ月以内には納車となるケースもあると聞く。ただ、“ジャストインタイム”を標ぼうするトヨタでは、原則ディーラーは在庫車を持たずに販売活動を行っている。ディーラーのストックヤードには、納車予定車以外は置いていないのが大原則なのだが、最近ではそれでも車種は限られるが、在庫車が置かれることもあるようだ。

 トヨタ車でいまのところ深刻な納期遅延となっているモデルとしては、ヤリスクロス(ウエブサイトにおける出荷目処ベースで5~6カ月)やハリアー(グレードや仕様によって最長半年?)が有名だが、そのほかの車種でもおおむね納車までに2カ月は見ておくのが一般的ともされている。

【関連記事】納車まで2年かかったモデルも! 人気ゆえか別の理由か「納期が長くて話題になったクルマ」5台のその後

トヨタ・ハリアーのフロント画像はこちら

 トヨタでは、7月末に次期型アクア、8月末に次期型ランドクルーザー、そしてこの2台に近いタイミングでカローラ クロスの国内デビューが予定されている。前述したように、半導体の問題もあるので、スケジュール通りになるかは微妙なのだが、このデビュー予定の3車は、発売になれば間違いなく深刻な納期遅延になるともいわれている。

 事実次期型ランドクルーザーについては、予約発注するための“予備予約”、つまりメーカーに発注する優先順位を決めるための受付を始めているディーラーも出てきているようだ。このようなケースでは、すでに販売サイドは深刻な納期遅延となることを想定しているといっていいだろう。

トヨタ・ランドクルーザーのフロント画像はこちら

※写真は現行ランドクルーザー

 前出のヤリス クロスはグレードやオプションによらず、納期は半年待ちとされているが、販売現場において不満が爆発しているという話は聞かない。ただ、トヨタは6月に2工場3ラインにおいて、生産調整が行われることを発表しており、ヤリスクロスの生産も影響を受けるのは必至とも言われており、今後販売現場はすでに注文を入れているお客などへの説明に追われることになるだろう。

トヨタ・ヤリスクロスのフロント画像はこちら

画像ギャラリー