GT-Rのデモカーや新作タイヤを展示! 注目のダンロップブースをリポート【東京オートサロン2022】 (1/2ページ)

GT-Rのデモカーや新作タイヤを展示! 注目のダンロップブースをリポート【東京オートサロン2022】

この記事をまとめると

■ダンロップが東京オートサロン2022に出展

■実際に使用されているレーシングカーやVR体験ブースを設置

■新作のハイパフォーマンスタイヤも発表された

VR体験施設やレーシングカーの展示を実施

 一般車はもちろん、国内最高峰のモータースポーツであるスーパーGTにもタイヤを供給している老舗タイヤブランド「ダンロップ」が、東京オートサロン2022に出展した。

 今回のダンロップブースでは、同社が協賛しているeモータースポーツ「JEGT」に出場しているチームの車両「TRUST GReddy 35RX SPEC-D」の実車を展示している。実際に競技にも出場しているマシンということで、本物のマシンのみが持つ迫力は圧巻の一言。

【関連記事】せっかくの高いタイヤだから長持ちさせたい! スタッドレスの「寿命を縮める」要因

TRUST GReddy 35RX SPEC-D画像はこちら

 そのほかに、同社が展開するタイヤ各種も展示されているので、今後のタイヤ選びなどの参考にも役に立つこと間違いなしだ。

注目のダンロップブースをリポート画像はこちら

画像ギャラリー