GRMNヤリス! フェアレディZ! シビックタイプR! サロンで見た「市販直前」のクルマが熱すぎる (1/2ページ)

GRMNヤリス! フェアレディZ! シビックタイプR! サロンで見た「市販直前」のクルマが熱すぎる

この記事をまとめると

■2年ぶりにカスタムカーの祭典「東京オートサロン」が開催された

■人気凋落が著しいとされるスポーツカーだが多くのモデルが登場した

■「東京オートサロン2022」で初公開された注目モデルをおさらい

日本最大のカスタムカーの祭典が帰ってきた!

 2021年は新型コロナウイルスの影響で中止となった東京オートサロンが2022年には帰ってきた。世界トップクラスのカスタマイズショーであり、また自動車メーカーも積極的に参加しているなど日本最大の自動車ショーとなっている。

【関連記事】なんでこんなに残念な姿に! コンセプトカーの期待度を裏切った市販車4選

東京オートサロン2022の会場イメージ画像はこちら

 まして2021年秋に予定されていた東京モーターショーが中止になったこともあって、そのぶんオートサロンにメーカーは力を入れていたという印象もあった。といっても、マツダやスズキが出展をお休みするなど、まだまだオートサロンも本調子というわけではないかもしれないが……。

 そんな東京オートサロンに出展された市販直前モデルをあらためて整理してみよう。

 すでに市販スタートというか、実質的には完売御礼状態なのが「GRMNヤリス」だ。WRCイメージをそのまま伝えるスポーツモデルであり、1.6リッターターボを積んだGRヤリスをベースに、2シーターにした軽量モデル。

GRMNヤリスのフロントスタイリング画像はこちら

 エンジン制御のリファインにより最大トルクは390N・m(標準車は370N・m)まで高められ、さらにローギヤード化したクロスミッションが組まれるなどGRMNの名にふさわしい走りを得ているのはご存知の通り。駆動系では強化クラッチ、機械式LSDもインストールされている。

 ボディは545点ものスポット増しをしたほか、後席を取り外して補強ブレースを装着するなど剛性アップを図る。エンジンフード、ルーフ、スポイラーを綾織CFRPとして、レカロのフルバケットシートを採用しているのは軽量化を狙ったものだ。まさに実戦的なチューニングを受けたワークス仕様といえる。

GRMNヤリスのボディフレーム画像はこちら

 オートサロン初日の1月14日から2月28日までWEBで商談申し込みができ、購入できるのは500名だけというGRMNヤリス。オートサロンで目にするのが最初で最後となってしまうファンも少なくないかもしれない。

 GRMNヤリスのメーカー希望小売価格は840万円前後と非常に高価で、それを見た後では少し購入のハードルが下がったような気がしたのが、日産の新型フェアレディZ(RZ34)だ。

 こちらも東京オートサロンで、日本仕様の量産バージョンが初披露され、240台限定で696万6300円のメーカー希望小売価格を掲げた「プロトスペック」が発表された。すでに北米で先行公開された新型Zと基本的なメカニズムは共通で、エンジンは3.0リッターV6ツインターボ(405馬力、475N・m)、トランスミッションは6速MTと9速ATで、タイヤサイズはフロント255/40R19、リヤ275/35R19となっている。

日産フェアレディZプロトスペックのフロントスタイリング画像はこちら

 量産バージョンの公開ということで、その車両型式が「5BA-RZ34」と判明したことで超ビッグマイナーチェンジという声もあるが、日産としてはあくまで新型とアピール。

 電気自動車「アリア」と混流で、栃木工場で生産されるメイド・イン・ジャパンの貴重なFRスポーツカーとして、オートサロンではその姿を眺めるためだけに行列ができていたほど注目を集めていた。こちらは全国のディーラーに試乗車・展示車を可能な限り配備したいということでオートサロンに行けなかったファンも、遠からずその姿を愛でることができそうだ。

画像ギャラリー


新着情報