フランス大統領も乗るプレミアムブランドのフラッグシップ! DSオートモビル「DS 9」が上陸 (1/2ページ)

noteで書く
フランス大統領も乗るプレミアムブランドのフラッグシップ! DSオートモビル「DS 9」が上陸

この記事をまとめると

■フランスの自動車ブランド「DS」のフラッグシップセダンが上陸

■「DS 9」はフラッグシップに相応しい同社のラインアップで最高の仕立てとなっている

■PHEVモデルとガソリンモデルが設定される

フレンチセダンのフラッグシップが日本でも販売開始

 DSオートモビルといえば、フランスを代表するプレミアムブランドとして日本でも認知されており、フランス大統領も同社のクルマに乗って公務などに出掛けているのも有名な話だ。日本だとDS 3クロスバックや、DS 7クロスバックなど、高品質なプレミアムSUVを展開しており、自動車ツウから人気を博している。

 また、フォーミュラEにも参戦しているメーカーで、レースの分野でも好成績を残している今注目のメーカーだ。

 そんなDSオートモビルが、日本では初導入となるプレミアムセダンの販売を発表した。それが「DS 9」だ。

【関連記事】気がつけば選択肢多数の「EV」選びをスバッと解決! 5ジャンルで「1位」のクルマを決めた

DS9画像はこちら

 同車は、DSオートモビルのフラッグシップサルーンという位置付けのモデルとなっており、デザイン、建築、ファッションにおける様式を踏まえ、フランス、パリの文化をそのものに立脚した意匠性と伝統的装飾技法で誂えたエクステリアとインテリアを追求。プラグインハイブリッドシステム、DSアクティブスキャンサスペンション、DSコネクテッドパイロットなどの最先端テクノロジーも導入されており、フラッグシップに相応しいスペックを有している。

DS9運転支援画像はこちら

 注目したいのが、電動化時代に対応したプラグインハイブリッドシステムとなってる”E-TENSE”(イーテンス)だ。DS 9 E-TENSEでは、プラグインハイブリッドシステムとしてフロントに電動モーターを搭載しシステムは最高出力250馬力、最大トルク360Nmのハイパフォーマンスを発揮する。この数値は、これまでのステランティスのPHEVモデルよりもさらに余裕をもたせた15.6kWhのリチウムイオンバッテリーを搭載したことで実現しており、エレクトリックモードで61kmのゼロエミッション走行が可能というのもポイントだ。

DS9PHEV画像はこちら

 また、マルチパーパスカメラを搭載したことで、前方20mまでの路面を常時画像解析し、路面状況に応じて4輪の電子制御ダンパーをフィードフォワード(先読み)制御するDSアクティブスキャンサスペンション、赤外線カメラで夜間の視界をサポートするナイトビジョン、ドライバーの視線や顔の動きをモニターし注意を促すDSドライバーアテンションモニタリング、6つの配光モードを備え左右方向にも照射するDSアクティブLEDビジョン、駐車可能なスペースを検知し必要なステアリング、アクセル、ブレーキ、シフトチェンジ操作のすべてをサポートするDSパークパイロットなどなど、同社のさまざまなクルマに採用されていた技術をすべて標準装備としている。この辺りはフラッグシップならではと言えよう。

DS9ヘッドライト画像はこちら

 車内も、フラッグシップマシンに相応しい仕立てとなっており、静粛性向上を目的として、ガソリンエンジンモデル、プラグインハイブリッドモデルのどちらにおいても共通してラミネーテッドガラスの使用箇所の拡大している。

 ボディサイズはフラッグシップサルーンを名乗るに相応しいサイズで、全長4940mm、ホイールベース2895mmという伸び伸びとしたサイズとなっている。このボディサイズがDSならではの流麗なボディラインを引き立てるのに一役買っている。

DS9上部画像はこちら

 なお、DS 9最大の売りとも言えるのは車内空間の仕立てにある。

 2895mmのロングホイールベースがもたらす広々とした室内空間。ひざ下レッグスペース約277mmと余裕ある空間を生み出しているリヤシートは、フロントシートと同様かそれ以上の快適性を提供するDS LOUNGEと呼ばれるコンセプトで造り上げられている。ルビーのような深紅が印象的なアールルビィと呼ばれるムラ染のレザーを貼り込められているのも、そのラグジュアリーな車内空間の演出に大きな効果をもたらしている。

DS9車内画像はこちら

 リヤシートは、左右席のシートヒーターにくわえ、クラス初となるベンチレーション機能を追加。さらに、頭部をやさしく包み込むラウンジヘッドレストを装備する。大型のセンターアームレストを倒せば手元にUSBポートを備えたストレージとリヤシートの快適装備の操作スイッチが装備されている。

DS9リヤシート画像はこちら

 インストルメントパネル正面と上面、前後ドアトリム上部、そしてDSオートモビルのシグネチャーともいえるウォッチストラップデザインのシートにはナッパレザーを使用。また、これら要所要所にオートクチュールのドレスの技法を由来とするパールトップステッチをあしらっているのもポイントだ。さらに、ルーフライナーはアルカンタラを全面に採用。挙げたらキリがないほど、その仕立ては豪華そのものだ。それも、フランスブランドの血統が流れているが故に、その仕立ては実に美しい。

DS9インパネ画像はこちら

 インパネに備わるモニターは8インチのタッチスクリーンとなっており、車両のさまざまな制御やセッティングもここで行える。また、フランスを代表するハイエンドオーディオブランド、FOCAL(フォーカル)とのコラボレーションによる14スピーカーと515Wの出力のサウンドシステムもDS 9には装備されている。

noteで書く

画像ギャラリー


新着情報