日本車の「燃費」最良車と最悪車を比べたら衝撃の結果! たった100km走って燃料代に「1800円以上」の差が出た (1/2ページ)

日本車の「燃費」最良車と最悪車を比べたら衝撃の結果! たった100km走って燃料代に「1800円以上」の差が出た

この記事をまとめると

■現行車で燃費の良いクルマと悪いクルマが消費するガソリン量を比較した

■100km走行する際に必要な燃料に10リットル以上差が出る場合もある

■ヤリスハイブリッドの燃費は圧倒的だった

ヤリスハイブリッドの燃費は驚異的なのだ

 毎年恒例、国土交通省による自動車燃費ランキングが発表された。WLTCモードを基準とした2022年3月末時点で、もっとも燃費性能が優れているのはトヨタ・ヤリス(ハイブリッド)で、その数値は36.0km/Lという、とんでもないレベルになっている。

【関連記事】「出先で給油」のストレスから解放! 満タンで1000km以上走れる「ガス欠無縁」な国産車5選

ヤリスハイブリッド全体画像はこちら

 この数値は同じくトヨタのハイブリッドモデル「アクア」の35.8km/Lと僅差であって、とんでもないレベルというのは言い過ぎに思えるかもしれないが、他メーカーのトップは日産ノートの29.5km/Lであり、この領域における6.5km/Lという違いは大きすぎるといって然るべきだろう。

ノート全体画像はこちら

 それはともかく、逆にWLTCモード燃費のワーストにおいても、トヨタと日産は競い合っている。現実的にはワーストなのがGT-Rの7.8km/L、それに続くのがランドクルーザーの7.9km/Lだったりするのだ。奇しくも、この両モデルはV6ツインターボエンジンの4WDである。

35GT-R全体画像はこちら

 スポーツカーとSUVというカテゴリーは異なるが、燃費性能が似ているのは興味深い。

画像ギャラリー


新着情報