ステップワゴン vs ノアヴォクの買いはドッチ? ミニバンマイスターが荷室も装備もシートも実測して比較した! (1/2ページ)

noteで書く
ステップワゴン vs ノアヴォクの買いはドッチ? ミニバンマイスターが荷室も装備もシートも実測して比較した!

この記事をまとめると

■新型ステップワゴンを販売前に徹底研究

■トヨタのノア&ヴォクシーの数値とも比較した

■今年はミニバン市場の激戦が予想される

販売目前! 大注目の新型ステップワゴンをいち早く実測

 この春、ファミリーミニバンの主役、Mクラスボックス型ミニバンが火花を散らすことは間違いない。そう、2022年1月に4代目となるトヨタ・ノア&ヴォクシーが登場し、5月中旬には6代目新型ステップワゴンがデビューすることになっている。ノア&ヴォクシーに関してはすでにすべての情報があり、筆者は試乗も行っているが、新型ステップワゴンについてはまだ一部の情報しか出ていない。が、ファミリーミニバンの肝となる乗降性や居住性、荷物の積みやすさと言ったパッケージングについて、筆者は現時点でほぼすべてをつかんでいる。ここではその点について、いち早くノア&ヴォクシーとステップワゴンを比較し、報告したい。

【関連記事】新型ステップワゴンは先代の秘密兵器「わくわくゲート」が廃止! ものすごーく便利なのに「不評」だった理由とは

新型ステップワゴン画像はこちら

 まずは両車の概要から。ノア&ヴォクシーの新型は全車車幅1730mmの3ナンバーとなり、パワーユニットはガソリン車とHVを用意。先代の弱点だった先進運転支援機能については、いきなりトヨタ最新のトヨタセーフティセンスを採用。さらに最先端のハンズオフドライブも可能になるアドバンストドライブやアドバンストパークまで用意しているのが特徴だ。また、先代でも2列目キャプテンシートは前後左右にスライドしたのだが、ロングスライドさせるためには2座のキャプテンシートを中寄せする必要があり、ロングスライド時には折り畳み式センターテーブルが使えないといった使いにくさもあったわけだ。が、新型ではキャプテンシートの横幅をほんの少し狭めることで、なんとほかにはない、中寄せスライドなしのストレート超ロングスライド機構を実現している点にも注目だ。

ノアヴォク画像はこちら

 一方、ステップワゴンはと言えば、ガソリン車とe:HEVと呼ばれるHVを用意するのは先代同様だが、じつは使いやすかった、バックドアが左右に分割され、縦にも横にも開き、バックドアからも乗降が可能で、車体後部にスペースのないシーンでもバックドアが開けやすい「わくわくゲート」を廃止。そのかわり!? ついに先代の弱点のひとつだった、左右にスライドしなかった2列目キャプテンシートの中寄せ横スライド機構をシート側に持たせて実現。つまり、キャプテン、セミベンチシートの両方の使い方が1台でできることになり、子育て世代が子供のおむつ替えをするような場面でも便利になっている。少なくとも先代ノア&ヴォクシー同等のシート&スライドアレンジが可能になったということだ。

ステップワゴンシートスライド画像はこちら

 さて、筆者はホンダの青山本社ショールーム訪れ、展示されている新型ステップワゴンを徹底実測&チェックした。それを踏まえ、両車の乗降性、居住性、実用性、荷物の積載性にかかわる各部を比較することにしよう。ちなみにこの日は懐かしい、回転対座シートを備えた初代ステップワゴンも同時展示されていた。

初代ステップワゴン画像はこちら

 乗降性にかかわるスライドドア部分のステップ高は、ステップワゴンが先代の385mmに対して390mm/段差なし。ノア&ヴォクシーは先代の360mmから380mm/段差なしだからほぼ同等。低床自慢のステップワゴンに対してノア&ヴォクシーもかなり「攻めた」低床を実現していることになる。しかしそれでも高い!! とおっしゃる高齢者、足腰の弱い方に向けては、ノア&ヴォクシーは工場オプションとして非パワーの”からくり”を使ったユニバーサルステップ(33000円)を用意。先代用のパワーステップは20万円近くして、導入のハードルが高かったものの、この価格なら一気に装着しやすくなるはずだ。

ノアヴォクステップ画像はこちら

 もちろん、ステップワゴンにもオートサイドステップが純正アクセサリーとして用意されているが、価格はまだ未公開ながら、パワーというだけあって、けっこう高くなると予想する。

ステップワゴンステップ画像はこちら

 スライドドアからの子供や高齢者の乗降にうれしいBピラーにあるアシストグリップは、ステップワゴンは一般的な高さ、形状だが、ノア&ヴォクシーはアシストグリップが長く、下半分は子供用として、子供用自転車のハンドルグリップと同じグリップ径として、高齢者を含む誰もが握りやすい形状になっているのがうれしいポイントだ。

ノアヴォクアシストグリップ画像はこちら

 が、ステップワゴンもやることはちゃんとやっている。そのひとつがパワースライドドアの室内側開閉スイッチだ。先代ステップワゴン、そしてノア&ヴォクシーは、2列目席の乗員が乗り込んだあと、自身で開閉する場合、常識的なドア側のレバーで操作することになる(運転席でも操作できる)。しかし新型ステップワゴンではBピラーにもスライドドアのパワースイッチを用意。ドア側のレバー操作より遥かに自然な位置にあり、わかりやすいプッシュ操作でラクラク開閉できるのだ。この点ではステップワゴンが優れていると言っていい。

ドアクローズボタン画像はこちら

画像ギャラリー


新着情報