ステップワゴンの真価は静粛性にアリ! ミニバンの弱点「こもり音」を大幅低減した「これでもか!」の対策とは (1/2ページ)

ステップワゴンの真価は静粛性にアリ! ミニバンの弱点「こもり音」を大幅低減した「これでもか!」の対策とは

この記事をまとめると

■ボックス型ミニバンの弱点のひとつに、こもり音の発生のしやすさが挙げられる

■しかし新型ステップワゴンは驚くほど静粛性を高めている

■新型ステップワゴンのこもり音対策について解説する

ホンダ車の多くにウェイトが採用されている

 ボックス型ミニバンのウィークポイントのひとつが、箱型ボディゆえ、路面などの影響で起こりうる車内にこもり音の発生だ。2022年1月に発売された新型ノア&ヴォクシーは、1列目席と3列目席がこもり音のピークとなっていて、そのピークの谷間にあたる特等席の2列目席ではほとんど感じられないものの、1-3列目席では、走行状況によってこもり音が気になることもあったりする。

 ところが、2022年5月に発売された新型ステップワゴンは、開発陣が「走り、車内の静かさではライバルに負けない」と豪語するだけあって、遮音、吸音、そして意外や意外に室内の静粛性向上に効果があるボディ剛性のアップなど、徹底した静粛性対策を行っているところも大きな特徴となっている。ボディ剛性に関しては、サイドシル断面の大型化に加え、センターピラー、スライドドアまわりに構造用接着剤を用い、リヤサススプリングの取り付け点剛性を強化することで、全体的な剛性を高め、それが走行中の静かさに寄与しているのである。

【関連記事】新型ステップワゴンは先代の秘密兵器「わくわくゲート」が廃止! ものすごーく便利なのに「不評」だった理由とは

ホンダ・ステップワゴンのサイドビュー画像はこちら

 が、車内のこもり音の発生は、ボディ剛性のアップだけでは低減できないのも事実。新型ステップワゴンの開発陣に聞けば、ボディまわりの振動、振幅がこもり音発生の主要因とのこと。そこで、新型ステップワゴンが、こもり音を低減させるためになにを行ったかと言えば、まずは振動、振幅がこもり音の発生源のひとつであるウインドウである。これまた意外かも知れないが、フロント、リヤの大面積のウインドウは、じつは走行中に振動、振幅していて、その振動、振幅が車内のこもり音の発生に直接、影響しているという。ホンダ車の多くの車種の場合、そのフロント&リヤウインドウにウェイト(振動、振幅低減のための重り)を付けているのが通例で、もちろん、この新型ステップワゴンにもウインドウガラスウェイトが装着されている。

画像ギャラリー


新着情報