計算してみたら衝撃の金額でぶっ飛んだ! 伊藤かずえさんの「シーマレストア」を普通にやったらいくらかかるのか (1/2ページ)

計算してみたら衝撃の金額でぶっ飛んだ! 伊藤かずえさんの「シーマレストア」を普通にやったらいくらかかるのか

この記事をまとめると

■伊藤かずえさんがシーマをレストアして注目を集めた

■費用については公表されていない

■一般の人が同じことを実施したらいくらかかるのかを推測する

メーカーいわく「新車当時の価格は軽く越えている」

 女優の伊藤かずえさんが新車から所有する1990年式のシーマが、日産によるレストアを実施したことが大きな話題になった。30年以上乗り、そして26万kmを突破しているだけに、まさにレストアを受ける資格あり、といったところ。当初はそれなりにヤレていたのが、パリッと新車のように蘇ったのには大いに驚いた人も多いだろう。

 真のフルレストアとはこういうもの、というのを見せつけられた形だが、ネットを中心にあげられたが「費用はいくらかかったのか?」という疑問の声。下世話な話だとわかってはいても、気になるのもまた事実。また旧車を所有している人から、レストアを考えているので知りたいという声も聞かれたりした。ちなみに日産からはノーコメントで、新車当時の価格は軽く越えているとだけ教えてもらっている。

【関連記事】「ネジまで当時のもの!」「服装も時代に合わせる!」常人には理解できない「旧車マニア」の生き様7つ

日産シーマ(初代)のフロントスタイリング画像はこちら

 とはいえ、やはり気になるので可能な限り計算してみたい。

 まず期間としてはひとりの専任スタッフが8カ月かかりっきりで作業したという。ただし、このプロジェクトは日産社内の有志が手を上げてスタートしたので、実際のレストア作業以外の部分で、たとえば部品の手配に調整などに何人かのスタッフが関わってはいる。しかしながら、そこはなかなか作業時間には置き換えられないので考慮せず、直接の作業時間で計算すると、1カ月22日作業したとして、176日。1日あたり8時間作業したとして1408時間。時間工賃1万円として、すでに1408万円だ。ちなみに時間工賃1万円というのは、市中の修理工場に比べると高いものの、新車ディーラーでは標準的な値段だし、専門知識が必要となる作業だけに高くはないだろう。

名前:
近藤暁史
肩書き:
-
現在の愛車:
フィアット500(ヌウォーバ)/フィアット・プント/その他、バイク6台
趣味:
レストア、鉄道模型(9mmナロー)、パンクロック観賞
好きな有名人:
遠藤ミチロウ、岡江久美子

画像ギャラリー

カテゴリー:

新着情報