ハイパフォーマンスモデルとなる「T-Roc R」も日本初登場! フォルクスワーゲンT-Rocがマイナーチェンジで内外装を刷新 (1/2ページ)

ハイパフォーマンスモデルとなる「T-Roc R」も日本初登場! フォルクスワーゲンT-Rocがマイナーチェンジで内外装を刷新

この記事をまとめると

■フォルクスワーゲンT-Rocがマイナーチェンジを実施して内外装を刷新

■ハイパフォーマンスモデルとなる「T-Roc R」も新たに日本に導入されることが決定

■最新の運転支援システムが全グレードに標準装備されることになった

エクステリアを一新してモダンな印象となったT-Roc

 2020年に日本に導入されたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「T-Roc」は、リヤに向かってなだらかにドイツ車らしからぬファッショナブルなクルマとして人気を博している。実際にT-Rocは、2021年の1月から12月期の輸入車コンパクトSUVクラスで、同ブランドの「T-Cross」に続く第2位の登録台数を記録していることからも、フォルクスワーゲンの期待を背負ったモデルであることがうかがえる。

 そんなT-Rocがマイナーチェンジを実施した。

 今回のマイナーチェンジではエクステリアを刷新。前後バンパーとヘッドライトまわりのデザイン変更、フロントグリルには一本のLEDストリップを追加し、さらにフロントエプロンに新デザインの六角形のデイタイムランニングライトを採用することでモダンな印象となった。

【関連記事】「TNGA」「SKYACTIV」「MQB」などの命名! クルマのプラットフォームが突如「日の目」を浴びるようになったワケ

フォルクスワーゲンT-Rocのフロントスタイリング画像はこちら

 インテリアではダッシュボードやドアトリムにステッチを施したソフト素材やレザレットという素材を新たに採用したことで質感が上がっている。

 また、タブレットのように配置されたインフォテイメントディスプレイや全グレードに標準装備のデジタルメータークラスター、タッチ式エアコン操作パネル、新デザインのステアリングホイールなどにより、先進的な印象の空間となった。

フォルクスワーゲンT-Rocのインテリア画像はこちら

 安全装備に関しては、同一車線内全車速運転支援システムの「トラベルアシスト」や、緊急時停車支援システムの「エマージェンシーアシスト」、駐車支援システムの「パークアシスト」など、最新のものが全車に標準装備される。

フォルクスワーゲンの安全装備(トラベルアシスト)の写真画像はこちら

画像ギャラリー


新着情報