オートマなのに便利じゃない!? スターレンジって何? MT全盛時の「AT」は今思えば面白かった! (1/2ページ)

オートマなのに便利じゃない!? スターレンジって何? MT全盛時の「AT」は今思えば面白かった!

この記事をまとめると

■何かの機会でMTを見たという理由でMT免許を取得する若者が意外と多いという

■今でこそ当たり前のATも、黎明期はクセが強かった

■AT全盛期の今、あえてMT全盛期だった頃のAT車を振り返ってみた

MT全盛期だった頃のAT車に乗った時に感じたこと

 筆者には年ごろになる甥っ子が3人いて、運転免許を順番に取得しており、間もなく3人目が運転免許を取得する予定となっている。

 自動車メディア業界の末席にいる筆者としては、“大事なお客様”となって欲しいこともあり、自動車教習所費用の半分を負担している。その3人のうち2人が“MT免許”を取得または取得予定としている。ひとりは親の勧めもあってとのことらしいが、もうひとりは友人が古い軽自動車のMT車を運転しているのを見て興味を示したとのこと。若い世代のなかで少なからずMTに興味のあるひとが目立っているとは聞いているが、いまどきは路線バスやトラックでも2ペダルATが当たり前の時代では趣味でMT車に乗る以外は実用性がないと思うが、クルマ自体に興味を持ってもらえることはやはり嬉しい。

 筆者が運転免許を取得したのは1986年。当時はまだメディアで「AT比率が上昇している」といったことが話題になるほど、まだまだMT車が多かった。実際、筆者が運転免許を取得した時の我が家のマイカーだった、4代目カローラセダン1500GLは4速MTであった。搭載エンジンは厳しかった昭和53年排ガス規制のころに開発されたもので、トルクはスカスカで非力感いっぱいであった。

【関連記事】もはやMTに存在価値ナシ!? イマドキのATの強烈な進化っぷりとは

4代目カローラ画像はこちら

 それなのに父親が、転勤先の北海道でしかも冬に運転免許を取得したこともあるのか、我が家のMT車はトラックやバスのように“セカンド発進”がマストであった。たまに友人を乗せて出かける時には、「セカンド発進してるんだ」と随分珍しがられたことを記憶している。我が家のマイカーはMT時代が長く、その後6代目、7代目カローラセダンも5速MTであった。そのため運転免許を取得してから10年ほどは、自分でスポーティモデルを所有していたわけでもないのに、運転のほとんどはMT車であった。

カローラインパネ画像はこちら

 いまどきはAT(自動変速機)といっても、一般的なステップATのほか、CVTやDCTなど、その種類もいくつか用意されているが、いずれもDレンジ(またはDレンジ相当)入れっぱなしで運転できるという点では共通といえよう。

名前:
小林敦志
肩書き:
-
現在の愛車:
2019年式トヨタ・カローラ セダン S
趣味:
乗りバス(路線バスに乗って小旅行すること)
好きな有名人:
渡 哲也(団長)、石原裕次郎(課長) ※故人となりますがいまも大ファンです(西部警察の聖地巡りもひとりで楽しんでおります)

画像ギャラリー


新着情報