ゲームでデビューしたバーチャルコンセプトカーがリアルワールドに降臨! サーキット専用モデル「マクラーレン・ソラスGT」を25台限定発売 (1/2ページ)

ゲームでデビューしたバーチャルコンセプトカーがリアルワールドに降臨!  サーキット専用モデル「マクラーレン・ソラスGT」を25台限定発売

この記事をまとめると

■マクラーレンがサーキット専用モデルの「ソラスGT」を発表

■840馬力/650Nmを発する5.2リッターV10を搭載するミッドシップカー

■生産される25台はすべて売約済みで、2023年から生産開始予定

ゲームで生まれたクルマを現実に再現した特別なモデル

 F1の常勝チームとして活動をしていたマクラーレンは、1993年に初の市販車となる「F1」を発売。その後は、2003年にメルセデスAMGとコラボした「SLRマクラーレン」を開発、そして2011年には久々の自社モデルとなる「MP4-12C」を発売し、現在ではアルティメット、スーパーシリーズ、グランドツアラーなど、それぞれに応じた性能を持つクルマを展開している。

 そして今回新たなモデルとして「ソラスGT」を発表した。

【関連記事】ゲームが自動車メーカーを本気にさせた! グランツーリスモ内「オリジナルマシン」の単なる夢想じゃない中身

マクラーレン・ソリスGTのリヤ画像はこちら

 このソラスGTは、元々「グランツーリスモSPORT」に収録されていた「マクラーレン・アルティメット ビジョン  グランツーリスモ」がベースになっている。マクラーレン・アルティメット ビジョン グランツーリスモは、マクラーレン製4リッターV8エンジンに電気モーターを組み合わせたパワーユニットによってシステム合計出力1150馬力を発生、さらに4輪駆動システムを採用しているにもかかわらず、車両重量は1トンという軽量なレースカーとして、ゲーム内でのみドライブすることができた。

 本来、ゲームのためだけに作られたコンセプトモデルだったはずが、マクラーレンはそれをリアルワールドで再現するという離れ業をやってのけた。今回の市販化にあたり、内外装で変更点はあるもののゲーム内のクルマとほぼ遜色ない見た目と性能を誇っている。

画像ギャラリー


新着情報