もはや性別は関係なしの時代へ! モータースポーツの歴史に名を残した5人の女性ドライバー (1/2ページ)

もはや性別は関係なしの時代へ! モータースポーツの歴史に名を残した5人の女性ドライバー

この記事をまとめると

■9月27日は女性ドライバーの日

■そこでこの記事では女性ドライバーを紹介

■5人の選手をピックアップした

世界で活躍する女性ドライバーたち

 9月27日は女性ドライバーの日。1917年に栃木県の渡邊はまさんが、日本で初めて女性として運転免許を取得したことにちなんで制定されています。はまさんは勤めていた会社の社長付きの運転手で、なかなかの運転テクニックの持ち主だったんだそうです。それから105年が経過しているわけですが、その間に日本人の女性たちは、世界でも活躍するドライバーにまで進化しています。今回は、日本だけでなく世界の女性たちに目をむけ、モータースポーツで名を残した女性ドライバーをご紹介したいと思います。

 まず1人目は、モータージャーナリストとしても第一線で活躍し続けている、佐藤久実さん。スラリとした長身の体躯と美貌、サバサバした性格と的確なドライビングテクニックで、多くの人たちに愛されてきた女性ドライバーです。レースのキャリアは大学在学中の1986年にツーリングカーレースからスタートしており、JTCやN1耐久レースでキャリアを積んだのち、1997年からGT選手権(現在のスーパーGT)に参戦。キャバリエ、セリカ、MR-Sなどをドライブし、女性ドライバー最多の26戦の戦歴を残しました。また、1998年には第2戦の富士で元歌手・女優で現在参議院議員である三原じゅん子さんとペアを組んでエントリー。唯一の女性ドライバーチームとして記録されています。そして日本を飛び出し世界でも、ニュルブルクリンク24時間レースに参戦。2012年と2014年にはクラス優勝を果たしています。

【関連記事】レーシングドライバーでも操れない! 運転が難しすぎる市販車3選

佐藤久実さん画像はこちら

 2人目は、2005年にインディカーシリーズにデビューし、いきなりの大活躍でルーキー・オブ・ザ・イヤーに輝いた、ダニカ・パトリックさん。クールな表情の美女で、日本にもファンの多かったアメリカ人女性ドライバーです。インディで女性として初めてリードラップを記録し、2008年にはツインリンクもてぎ(当時)で開催されたインディ・ジャパンで優勝。これももちろん、女性初のことでした。DANICAと書かれたTシャツやキャップが飛ぶように売れ、ダニカ旋風が吹き荒れるなか、2009年にはインディ500で3位入賞。年間ランキングで自己最高の5位を記録しました。

ダニカ・パトリックさん画像はこちら

 2011年を最後にNASCARに転向しましたが、2018年、引退レースに選んだのはインディでした。残念ながらクラッシュによるリタイヤでキャリアを閉じたダニカ選手でしたが、最後までサーキットを沸かせ、颯爽と去る姿がとてもカッコよく、彼女の美学を感じたのでした。

画像ギャラリー


新着情報