「クラウン原理主義者」も「SUV好き」ももうちょい待て! クラウンクロスオーバーを買っていい人ダメな人 (1/2ページ)

「クラウン原理主義者」も「SUV好き」ももうちょい待て! クラウンクロスオーバーを買っていい人ダメな人

この記事をまとめると

■ついに発売されたクラウンクロスオーバーの買っていい人・買ってはいけない人を考察

■SUVの使い勝手の良さや伝統等的クラウンを期待する人はがっかりするかもしれない

■新ジャンルのクルマとして、またスタイリングが気に入っているならば購入しても納得できそうだ

クラウンクロスオーバーにSUVほどの積載性はない

 完全に新しくなったトヨタ・クラウンの販売が始まっている。

 既報のとおり、クロスオーバー/セダン/スポーツ/エステートと4つのバリエーションを展開する新世代クラウンだが、まずはクロスオーバーから発売となった。

【関連記事】納期にグレード選びに同門ライバル! 大注目のクラウンクロスオーバーを購入検討するなら注意すべきこと3つ

新型クラウン発表会で公開された4モデルのクラウン画像はこちら

 2.5リッターハイブリッドと2.4リッターターボハイブリッドという2種類のパワートレインを用意するクラウンクロスオーバーは、いずれにしてもリヤをモーター駆動する電動4WDとなっているのが特徴。上級グレードでは21インチタイヤを履いている点も含めて、SUV的なイメージが強い。

 とはいえ、クラウンクロスオーバーはSUVではない。開発時には裏テーマ的に「リフトアップセダン」という表現が使われていたとも聞くが、たしかにキャビンだけを切り取ってみると4ドアクーペ的だ。後席も圧倒的に広いというわけではないし、そもそもトランクは独立したタイプであって、ハッチバックボディではない。

新型トヨタ・クラウンクロスオーバーのサイドビュー画像はこちら

 そのため、クロスオーバーSUVと勘違いして「多くの荷物を載せられそう」と思うと拍子抜けするというか期待外れと感じるかもしれない。もし、アウトドアレジャーを楽しむことを優先するのであれば、よりSUV的なパッケージングのクラウンエステートの登場を待つべきだ。

 現時点では試乗をしたわけではないので断言できない部分もあるが、タイヤ銘柄などから想像するに、悪路走破性においてもSUVというよりはセダン寄りの部分があるというのが正直なところだ。

新型トヨタ・クラウンクロスオーバーのタイヤ画像はこちら

 つまり、クラウンクロスオーバーをSUVとして購入しようというユーザーにはおすすめしない。いうならば4ドアクーペのリフトアップ版といった、まったく新しいジャンルのクルマとして評価するユーザーが手を出すべきモデルといえる。

名前:
山本晋也
肩書き:
自動車コラムニスト
現在の愛車:
スズキ・エブリイバン(DA17V・4型)/ホンダCBR1000RR-R FIREBLADE SP(SC82)
趣味:
モトブログを作ること
好きな有名人:
菅麻貴子(作詞家)

画像ギャラリー


新着情報