かつての栄華はドコへやら! 3年ぶりのデトロイトショーに「大物」がほとんど参加しなかった (1/2ページ)

かつての栄華はドコへやら! 3年ぶりのデトロイトショーに「大物」がほとんど参加しなかった

この記事をまとめると

■デトロイトショー2022をリポート

■今回は自動車メーカーの経営陣の参加の少なさに焦点を当てた

■各メーカーの関心が向いていないことを実感させられた

かつてのデトロイトショーは華やかだった

 かつてのデトロイトショーといえば、世界初披露モデルが続々登場するだけでなく、各ブランドの経営陣が勢ぞろいすることにも筆者は興奮し、プレスデーに会場内を駆け巡ったことを覚えている。

 たとえば、過去にダイムラーでCEOを務めていた、ディーター・ツェッチェ氏は在任期間中デトロイトショーのプレスデーにおけるプレスカンファレンスに必ずと言っていいほど出席していた。ツェッチェ氏のスピーチを聞くと、「年が明けたんだな(昔のデトロイトショーは年明け早々に開催されていた)」と思ったものであった。やはり地元アメリカンブランドの幹部は見ものであった。“最後のカーガイ”とも呼ばれ、GM(ゼネラルモーターズ)で副会長まで務めた、ボブ・ラッツ氏、そしていまもフォードの会長であるビル・フォード氏などなど、もちろん日系ブランドの幹部も会場を訪れていた。

 世界的にも年明け一番ぐらいに開催される世界的に格式のある自動車ショーということもあり、“世界的業界賀詞交歓会”ともいわれていたほど、華やかなものであった。

【関連記事】86&BRZは人気だがスープラには乗らない! 軽からスーパーカーまであらゆるクルマに乗る「自動車業界人」が買う車種とは

デトロイトショーのプレスデイの様子画像はこちら

 さらに、世界的メーカーの幹部だけではなく、ミュージシャンなどのアーティストをゲストとしてプレスカンファレンスに招待することもあった。とくにメルセデス・ベンツブランドでは毎年のようにサプライズゲストがカンファレンスに登場していた。フォードでは2018年に先代マスタングをベースにした、映画「ブリット」に出てきたマスタングをオマージュした“ブリット仕様”を発表したのだが、その席上には映画ブリットで主演を務めたスティーブ・マックイーン氏のお孫さんが出席しておおいに盛り上がった。

 華やかさがあるだけでなく、アメリカらしい“お祭り騒ぎ”的演出もばっちりのデトロイトショーはまさに一流の自動車ショーであった。

名前:
小林敦志
肩書き:
-
現在の愛車:
2019年式トヨタ・カローラ セダン S
趣味:
乗りバス(路線バスに乗って小旅行すること)
好きな有名人:
渡 哲也(団長)、石原裕次郎(課長) ※故人となりますがいまも大ファンです(西部警察の聖地巡りもひとりで楽しんでおります)

画像ギャラリー


新着情報