「テクノロジー」の記事一覧 - 4ページ目

レシプロエンジンは同じ排気量でもボア×ストロークが変わると何が変わる?

燃焼室の形状に影響して熱効率が変わってくる  カタログの主要諸元という表の中には、いろいろな数値が並んでいますね。とても重要な数値から、あまり意味のない数値まで、幅広く表示されています。エンジンのスペックの中に、ボア×ス.…

続きを読む...

デザインだけが注目じゃない! 新型トヨタ・カムリは安全面がスゴイ

安全かつ運転を支援する最新デバイスが満載  新型カムリはパッシブセーフティ、アクティブセーフティの両面でも最新の機能を備える。  まずパッシブセーフティでは、衝撃吸収ボディと高強度キャビンによる衝突安全ボディを採用。高張.…

続きを読む...

50歳以上しか知らない!? クルマの「キャブレター」とは

燃料を気化して混合気を作る装置  日本語では「気化器」です。燃料を気化する装置で、エンジンの吸気系のなか、エアクリーナーとエンジンの中間に配置されていました。過去形なのは、現在はキャブレターを使用している自動車用エンジン…

続きを読む...

【新型トヨタ・カムリ詳細解説】低重心が生み出す「優れた走り」がセダンに復権には必要だった

 TNGAに基づく新型プラットフォームとして、新型カムリで初投入となる「Kプラットフォーム」。今後、ミドル〜アッパーミドルクラスのトヨタ車のプラットフォームとして使われることもあって、ボディ&シャシーとしての基本性能を徹...

続きを読む...

油圧パワステが消え電動パワステが主流になった理由とは?

油圧式は常時ポンプを作動させるため燃費に影響する  パワーステアリングというのは、ステアリングを回す力を軽くしてくれる装置です。ドライバーがステアリングを回し始めた瞬間から、それに追従して力を加えてくれて、回す力が軽くな…

続きを読む...

【新型トヨタ・カムリ詳細解説】数値に表れない「扱いやすさ」を追求したパワーユニット

ハイブリッドシステムはよりコンパクトかつ軽量化  新型カムリには新開発のパワーユニットが搭載されることとなった。従来モデル同様、日本仕様ではハイブリッドエンジンのみとなるが、プラットフォームと同時進行で開発が行なわれたこ…

続きを読む...

【意外と知らない】クルマ好きが言う「デフ」って何?

左右の駆動輪の回転差を吸収する装置 「デフが効かない」「デフから音が出ている」「デフのセッティングを変える」なんていう言葉を聞くことがありますか? そうだとすると、それはモータースポーツに関わっているか、あるいはハードな.…

続きを読む...

今どきのクルマに続々採用される「バイ・ワイヤ」とはどんな技術?

機械的に力を伝えるのではなく電気信号で伝えるシステム  ワイヤって聞くと金属のヒモをイメージしますよね? クレーンがつり上げるワイヤーケーブルや、自転車のブレーキワイヤーをイメージするのが一般的だと思います。しかし最近の…

続きを読む...

【新型トヨタ・ハリアー詳細解説】上質な走りを生むシャーシの秘密

ターボ車は前後にパフォーマンスダンパーを装備  ビッグマイナーチェンジを実施し、2リッターターボエンジン車を追加したことで話題の新型トヨタ・ハリアー。  シャーシのチューニングで特筆されるのが、ターボ車のパフォーマンスダ...

続きを読む...

【意外と知らない】リーンバーンエンジンって何?

理論空燃比よりも燃料が少ない状態で燃焼すること  リーンバーンというのは、エンジンの燃焼についての用語です。燃料は空気中の酸素を使って燃焼します。そのときに、燃料と空気の量は一定の比率があります。これを理論空燃比(ガソリ…

続きを読む...

【今さら聞けない】クルマのボディは外板が樹脂でも大丈夫なのか?

剛性などの強度という意味ではまったく問題ない  大丈夫です。一般的なスチールのボディパネルに対して、樹脂は弱いというイメージがあることでしょう。しかし実際のボディパネルは極めて薄く、金属でできているものの、ヘナヘナです。…

続きを読む...

【新型トヨタ・ハリアー詳細解説】4WDの悪路走破性と燃費を両立するハイブリッドシステム

JC08モード燃費は21.4km/Lを達成  新型トヨタ・ハリアーのハイブリッドは、フロントに2.5リッターガソリンエンジンとTHS-Ⅱハイブリッドトランスアクスルを横置きに配置し、リヤはモーター駆動ユニットをもつ、電気...

続きを読む...

ディーゼルに危機! クリーンディーゼルでも将来性はガソリンより厳しい

クリーンディーゼルはガソリンよりもクリーンというわけではない  ディーゼルエンジンは、軽油を自己着火させるシステムです。ガソリンを点火着火させるガソリンエンジンと違いがあります。自己着火させるためには、燃焼室内に高い圧力…

続きを読む...

【剛性感との混同も】ボディ剛性って何?

よほどの人でない限り普通に走ってボディ剛性はわからない  自動車雑誌だけでなく、カタログにも登場するのがボディ剛性という言葉です。クルマ好きの間では結構使われる用語ですが、じつは難しい用語なんですね。少し間違った使い方、…

続きを読む...

ウィークリーランキング

  1. レーシングドライバーでも操れない! 運転が難しすぎる市販車3選

    レーシングドライバーでも操れない! 運転が難しすぎる市販車3選

    一般には語られない難しすぎる操縦性 今や500馬力は当たり前。700馬...

  2. 中古ゆえに安いはずが新車よりも高値が付くクルマのパターン3つとは

    中古ゆえに安いはずが新車よりも高値が付くクルマのパターン3つとは

    当然鍵は希少性だが売れまくった車種でも高値になる可能性も クラシックカ...

  3. トヨタはC! ホンダは音楽! メーカーごとの不思議な車名の共通性

    トヨタはC! ホンダは音楽! メーカーごとの不思議な車名の共通性

    最近は共通性が崩れつつあるケースも 最近はそうでもないが、かつてクルマ...

  4. 一般人には理解不能! クルマ好きのやりがちな行為5つに意味はあるのか

    一般人には理解不能! クルマ好きのやりがちな行為5つに意味はあるのか

    昔は意味があったが今となっては不要な行為も サーキットのパドック、ある...

  5. 新車を買ってすぐに「やってはいけない」こと3選

    新車を買ってすぐに「やってはいけない」こと3選

    「急」「高」「長」を控えたほうがいい 念願の新車を購入し、いよいよ納車...

  6. 先代の3倍の売れ行き! トヨタ・カムリ成功の裏にあるプリウスの苦悩

    先代の3倍の売れ行き! トヨタ・カムリ成功の裏にあるプリウスの苦悩

    先代カムリの700台に対し2400台という月販目標 2017年7月10...

  7. 【奇才】カウンタックを手がけた「ガンディーニ」デザインのクルマ5選

    【奇才】カウンタックを手がけた「ガンディーニ」デザインのクルマ5選

    現役デザイナーからも尊敬される才能の持ち主 マルチェロ・ガンディーニ。...

  8. 「ハチマキ・ヨンメリ・水中メガネ」一風変わった愛称で親しまれたクルマ7選

    「ハチマキ・ヨンメリ・水中メガネ」一風変わった愛称で親しまれたクルマ7選

    愛称が付けられるということは人気車種の証 大好評の第1弾に引き続き、ま...

  9. 電気で走れる楽しさがさらにアップ! 日産ノートe-POWERのチューニングアイテム登場

    電気で走れる楽しさがさらにアップ! 日産ノートe-POWERのチューニングアイテム登場

    走りの良さだけでなく燃費を重視したモードも 日産のモータースポーツ活動...

  10. 買っておけばよかった……限定車でもないのに新車より高値で売られる中古車3選

    買っておけばよかった……限定車でもないのに新車より高値で売られる中古車3選

    日本のマンガで有名となった1台も今は高値安定 中古車の価格というものは...