「テクノロジー」の記事一覧 - 4ページ目

今どきのクルマに続々採用される「バイ・ワイヤ」とはどんな技術?

機械的に力を伝えるのではなく電気信号で伝えるシステム  ワイヤって聞くと金属のヒモをイメージしますよね? クレーンがつり上げるワイヤーケーブルや、自転車のブレーキワイヤーをイメージするのが一般的だと思います。しかし最近の…

続きを読む...

【新型トヨタ・ハリアー詳細解説】上質な走りを生むシャーシの秘密

ターボ車は前後にパフォーマンスダンパーを装備  ビッグマイナーチェンジを実施し、2リッターターボエンジン車を追加したことで話題の新型トヨタ・ハリアー。  シャーシのチューニングで特筆されるのが、ターボ車のパフォーマンスダ...

続きを読む...

【意外と知らない】リーンバーンエンジンって何?

理論空燃比よりも燃料が少ない状態で燃焼すること  リーンバーンというのは、エンジンの燃焼についての用語です。燃料は空気中の酸素を使って燃焼します。そのときに、燃料と空気の量は一定の比率があります。これを理論空燃比(ガソリ…

続きを読む...

【今さら聞けない】クルマのボディは外板が樹脂でも大丈夫なのか?

剛性などの強度という意味ではまったく問題ない  大丈夫です。一般的なスチールのボディパネルに対して、樹脂は弱いというイメージがあることでしょう。しかし実際のボディパネルは極めて薄く、金属でできているものの、ヘナヘナです。…

続きを読む...

【新型トヨタ・ハリアー詳細解説】4WDの悪路走破性と燃費を両立するハイブリッドシステム

JC08モード燃費は21.4km/Lを達成  新型トヨタ・ハリアーのハイブリッドは、フロントに2.5リッターガソリンエンジンとTHS-Ⅱハイブリッドトランスアクスルを横置きに配置し、リヤはモーター駆動ユニットをもつ、電気...

続きを読む...

ディーゼルに危機! クリーンディーゼルでも将来性はガソリンより厳しい

クリーンディーゼルはガソリンよりもクリーンというわけではない  ディーゼルエンジンは、軽油を自己着火させるシステムです。ガソリンを点火着火させるガソリンエンジンと違いがあります。自己着火させるためには、燃焼室内に高い圧力…

続きを読む...

【剛性感との混同も】ボディ剛性って何?

よほどの人でない限り普通に走ってボディ剛性はわからない  自動車雑誌だけでなく、カタログにも登場するのがボディ剛性という言葉です。クルマ好きの間では結構使われる用語ですが、じつは難しい用語なんですね。少し間違った使い方、…

続きを読む...

【今さら聞けない】バイアスタイヤとラジアルタイヤって何が違う?

タイヤの構造「カーカス」を斜めに配置したタイヤ  バイアスタイヤは、空気入りタイヤが普及し始めたころに開発された、タイヤの構造=バイアス構造を採用しているタイヤのこと。「バイアスがかかる」という言葉があるとおり、「バイア…

続きを読む...

【今さら聞けない】アイドリングストップって効果あるの?

当然燃費には効果があるが局面によっては逆効果も  エコ関連の内容というのは、非科学的なことが正々堂々と認知されていることが少なくありません。困ったことです。もっとも疑問が大きいのは「ふんわりアクセル」です。これほど疑問な…

続きを読む...

【疑問】なぜミラーレス車を目指すのか?

燃費や静粛性だけでなく死角を減らす効果も期待できる  1年以上前の2016年6月に道路運送車両法の保安基準が改正され、バックミラーのかわりにカメラとモニターを用いるCMS(カメラモニタリングシステム)を市販車に搭載するこ...

続きを読む...

【疑問】未来の技術と言われたセラミックエンジンは消えたのか?

冷却系のロスは解消できるが吸気効率等の問題が大きかった  現代のエンジンの多くはアルミニウム合金をメインの構造材に使った,いわゆるアルミエンジンです。昔は鉄を使っていて、今よりもエンジンは重くなっていました。ただし今でも.…

続きを読む...

新型レクサスLSの「レクサスセーフティシステム+A」は世界最高の安全技術

2017年までに日本・北米・欧州の全車に設定される予定  今年秋以降に発売を予定している新型レクサス「LS」のジャパンプレミアが6月26日、東京国際フォーラムで行われた。     発表会の席では、3.5リッター...

続きを読む...

【意外と知らない】カーボンファイバーと一口にいっても2種類ある!

レーシングカーのモノコックなどはドライカーボン  航空機や宇宙開発の分野からレーシングカー、スキーの板、自転車のフレーム、ゴルフのシャフト、さらに釣竿の素材などに用いられているカーボンファイバー(炭素繊維)。カーボンの特…

続きを読む...

【疑問】自動車における水素社会は本当にくるのか?

先進国がエネルギー分野でイニシアチブをとるという側面もある  脱石油というのは、多分に政治的な意味合いを持っていますが、一応はトレンドになっています。その最たるものが「CO2地球温暖化」説ですが、これは要するに「石油本位...

続きを読む...