「テクノロジー」の記事一覧 - 4ページ目

【疑問】最近のクルマのボディが色褪せないのはなぜ?

塗料の進化や小傷の入りにくさなど多方面で進化  25年以上前だと、クルマのボディは次第に劣化して色あせもしたし、そうなれば当然貧相になるわけで、「そろそろオールペンしないとなぁ」なんていうことにも自然になった。ちなみにオ...

続きを読む...

【新型スバルXV詳細解説】悪路に強いX-MODEの採用と80%を新設計したエンジン

タイヤが空転するような悪路で威力を発揮するX‐MODE  スバルのSUVならではの高い走破性能を実現するのがAWD性能。水平対向エンジンや縦置きパワートレインによるシンメトリカルレイアウトはもちろん、自社コンポーネントで...

続きを読む...

【意外と知らない】EVやPHVの急速充電が満充電にならないのはなぜ?

充電時間やリスクを考え充電器側が満充電にしない制御にしている  少しずつ少しずつ増えているEV用の急速充電設備。当初は高圧電源を必要とする大容量なものがメインストリームでしたが、現在はやや低い電圧で充電する中間的な充電設...

続きを読む...

【人とくるまのテクノロジー展2017】マツダの短時間で「錆びやすさ」を検査できる方法が受賞!

わずか数分間で防錆塗装の品質を計測できる  クルマといえば、ボディなどの錆(サビ)を見かけることも多いだろう。サビは水や酸素と鉄が反応してできるもので、潮風によって運ばれてきたり、融雪剤が撒かれた道路を走行することなどで…

続きを読む...

【人とくるまのテクノロジー展2017】シートに座るだけで健康状態がわかるアイテムを展示

心臓と大動脈の揺動をモニター  2017年5月24日(水)~26日(金)に、神奈川県横浜市にあるパシフィコ横浜で開催となった自動車技術展「人とくるまのテクノロジー展2017横浜(主催:公益社団法人自動車技術会)」。ここに...

続きを読む...

【人とくるまのテクノロジー展2017 】三菱がAIパーソナルアシスタント「リサ」をお披露目

リサが乗員と会話を行いサービスや情報を提供してくれる  公益社団法人 自動車技術会が主催する「人とくるまのテクノロジー展2017 横浜」が、5月24日(水)~26日(金)の3日間、パシフィコ横浜で開催となった。 これに出...

続きを読む...

【新型スバルXV詳細解説】SUVとは思えぬ走りを実現したサスペンション

ルーフレール非装着なら立体駐車場への入庫も可能 ●ディメンション  新型XVは、毎日の生活での使いやすさとSUVならではの高い走破性を絶妙にバランスさせた持ち味をキープしつつ、パッケージングや走行性能を大きく進化。インプ...

続きを読む...

路面状態やタイヤにかかる荷重までわかるタイヤのセンシング技術を住友ゴムが発表

センサーなどのハード機器を追加せずにセンシングできる  住友ゴム工業は、5月16日、タイヤセンシング技術「SENSING CORE」を開発したことを発表し、その内容を伝える取材会を、茨城県にあるJARI城里テストコースで...

続きを読む...

【疑問】なぜFRのクルマが減ったのか?

室内空間に重きを置く大衆車の場合FRは不利になる  クルマ好きのなかには「FRでなきゃ走りが楽しめない」と主張する人が一定数存在しているようだ。たしかに、かつてはFR(フロントエンジン・リヤドライブ)というのはクルマのパ...

続きを読む...

【意外と知らない】驚異の技術で世界に衝撃を与えたホンダCVCCエンジンとは

不可能とも思われたマスキー法をクリアした革新的な燃焼技術  自動車の技術の多くは、じつは航空工学からのブレークスルー(簡単にいえばお下がり)ですが、画期的技術に関しては独自のものが多いのも事実です。そのひとつがホンダが1.…

続きを読む...

【今さら聞けない】ターボラグって何?

アクセルを踏んでから吸入空気圧が1barを超えてパワーが出るまでの時間差  ターボエンジンというのは、エンジンの吸入空気に圧力をかけて、パワーアップを狙ったものです。通常は吸入空気には大気圧=1barが掛かっていますが、...

続きを読む...

新型ホンダNSXのモノコックとは違うスペースフレームとはどんな技術?

自動車業界としては世界初のアブレーション鋳造アルミ部材も採用  普通のクルマのボディはモノコックボディであり、ボディやシャーシが一体となって骨格を形成しているが、新型NSXでは複数の素材を適切に配置したマルチマテリアル・...

続きを読む...

【意外と知らない】メーターの燃費表示はどうやって計っているのか?

エンジンコンピューターの燃料噴射量のデータをモニタリング  メーターのなかに燃費計が出るのは、もはや常識となっていますね。ちょっと前まではトリップメーターを切り換えると出てくるというような形でしたが、最近のモデルではマル…

続きを読む...

【すべてが専用設計】新型ホンダNSXのエンジンに込められた驚異の技術

広いバンク角とドライサンプで低重心化を図る  NSXは開発途中で縦置きパワートレーンの採用が決まってから、専用エンジンが新規開発された。型式名はJNC型で、総排気量が3492ccのV型6気筒ツインターボ。最高出力が507...

続きを読む...