バブル時代に登場したレトロチックな日産のパイクカー3台 (2/3ページ)

冒険心をくすぐる「パオ」の外観に5万1657人が応募!

 〈日産パオ 1989年 新車価格:139から154万円〉

 どことなく、ルノー4(キャトル)を意識したように見られるデザインのパオ。ドアのヒンジをわざと見せる処理など、クラシカルに仕立て上げた。当時としては珍しいカセットチューナーのの他にCDチューナーを採用するなど、ハイテクノロジーだった。カラーバリエーションは、青、緑、白、茶の4色が用意され、3ヶ月間限定の受注を上回る、5万1657人が申し込み、3万1000台の生産した。

【関連記事】3台の軽スポーツカー「ABCトリオ」 とは !?

WEB CARTOP

画像ギャラリー


新着情報