新型トヨタ・ヤリス発表! クラスを超えた安全&運転支援装備を備えたコンパクトモデル (1/2ページ)

新型トヨタ・ヤリス発表! クラスを超えた安全&運転支援装備を備えたコンパクトモデル

発売は2020年2月! コンパクトカー向けTNGAを初採用

 トヨタ自動車は10月16日、新型車「ヤリス」を世界初公開した。日本での発売予定は2020年2月中旬。10月25日から一般公開される第46回東京モーターショーの期間中は東京・お台場のヴィーナスフォートに展示するほか、10月末から12月にかけて全国で展示する予定だ。

 ご存じヤリスはトヨタ・ヴィッツの海外名。新型になり車名が統一された形だ。ヤリスはコンパクトカー向けのTNGAプラットフォーム(GA-B)を初めて採用したモデルとなる。これに合わせてエンジンやハイブリッドシステム、トランスミッション、サスペンションなども新たに作り上げた。

 全長3940mm、全幅1695mm、全高1500mmとサイズ感はほぼ現行ヴィッツと変わらないが、ホイールベースを40mm拡大し、2550mmとした。コンパクトカーが持つイメージである軽さや低燃費、コンパクト、廉価といった強みはそのままに、新機能を多数採用したほか、デザインや骨格などにも工夫を凝らしている。

【関連記事】「軽は安い」は本当? 同じ車両価格の軽自動車とコンパクトカーの維持費の差とは

トヨタ新型ヤリス画像はこちら

 ボディ骨格は主要な部分を連結させることで、クラストップレベルの剛性を実現。また、ハイテン材を全体の35%に使用したことで、現行ヴィッツに比べて車両重量を50kg軽量化したほか、ねじり剛性を30%以上強化した。さらに、重心高を15mm下げたことにより、キビキビと意のままの走りができる走行安定性や乗り心地を両立している。

トヨタ新型ヤリス画像はこちら

 パワートレインも刷新した。直列3気筒1.5リッターダイナミックフォースエンジンはガソリン車とハイブリッドを用意。前者はダイレクトシフトCVTと6速マニュアルを設定する。CVTには発進用ギヤを備え、ストレスなくスムースな走りや燃費性能に貢献している。さらに、ハイブリッドモデルにはトヨタのコンパクトカーとして初めてE-Four(電気式4WDシステム)を設定したことで、寒冷地などでの販売拡大にも期待できそうだ。

トヨタ新型ヤリス画像はこちら

 また、改良を加えた1リッターエンジンには小型軽量化したCVTを用意。レンタカーなどの法人利用を想定し、エントリーグレードとしてユーザーの期待を超える動力性能と燃費を両立しているという。

トヨタ新型ヤリス画像はこちら

 サスペンションは安定感を重視し、フロントにはマクファーソンストラット式を採用。軽快で滑らかな動きを追求した。また、リヤには操縦安定性と乗り心地を両立するトーションビーム式(2WD)を用いている。

 アクセルペダルの踏み込み具合によってドライバーの意図通りに反応できるよう、ペダルを踏む力と出力バランスを見直し、高速道路でも無駄のないアクセル操作により、ストレスなく狙いどおりの車速まで加速することを目指した。トヨタ新型ヤリス画像はこちら

画像ギャラリー