新しくなったマツダCX-5&CX-8は大人の女性にもピッタリ! 思わず遠出したくなる魅力を公道でチェック (1/2ページ)

新しくなったマツダCX-5&CX-8は大人の女性にもピッタリ! 思わず遠出したくなる魅力を公道でチェック

CX-5には個性を主張するふたつの特別仕様車を用意

 マツダが2019年に一部改良を施したクロスオーバーSUV「CX-5」ならびに「CX-8」。トピックのひとつである、AWD車に搭載された「オフロード・トラクション・アシスト」の性能はすでにリポート済み。今回は市街地で試乗する機会を得た。特別仕様車を新設定し、ユーザーの選択肢を増やしたCX-5とユーザーニーズに対応したCX-8、それぞれの使い勝手や特徴を紹介していこう。

 CX-5にはSUVらしい力強くタフな印象のスタイリングを演出するアクセサリーパッケージ「タフスポーツスタイル」と特別仕様車「XDシルクベージュセレクション」を用意。タフスポーツスタイルはフロントとリヤのアンダーガーニッシュとルーフレール、オールウェザーマット、ラゲッジトレイをセットにしている。もともと単品での取り扱いはあったが、アクティブな趣味を楽しめる装備をパッケージ化することで「イメージしやすく、ユーザー選びやすいようにした」という。新たに導入したポリメタルグレーメタリックもアウトドアユーザーに嬉しい汚れが目立ちにくい色合いだ。

【関連記事】【試乗】新機能追加で悪路走破性アップ! マツダ最新SUVのオフロード性能を試す

マツダCX-5 CX-8試乗画像はこちら

 取材当日はあいにく雨が降っていたため、靴の裏についた汚れを車内に持ち込んでしまったのだが、それを気にさせないオールウェザーマットのありがたさを早速実感することができた。

マツダCX-5 CX-8試乗画像はこちら

 シルクベージュセレクションには、滑りにくく通気性も良いスウェード調生地のグランリュクスをシート中央部に用いたシルクベージュのハーフレザレットシートを取り入れた。

マツダCX-5 CX-8試乗画像はこちら

 また、上品で肌触りの良いシートは心地よく、いつまでも座っていたいと思うほど。マツダ車の内装色はダークカラーが多いイメージがあったが、ベージュカラーは展示車として用意されていたソウルレッドクリスタルメタリックとの組み合わせも趣があり、まさに大人の女性に似合う一台。装備は上級グレード同等でありながら、ハーフレザーを用いることで、プロアクティブとLパッケージの中間に位置し、かゆいところに手が届く一台となっている。

マツダCX-5 CX-8試乗画像はこちら

 公道ではCX-5のXD エクスクルーシブ・モードを試乗した。SUVならではの視界の高さが安心で、まったく不安なく運転できた。車室内に侵入したロードノイズを素早く吸収するというトップシーリング材を構成するフィルムの材質を変更した効果か、ディーゼルエンジン特有のガラガラ音はかなり軽減されていた。個人的にはランバーサポートに感動した。個人差があるだろうが、腰痛持ちの方には一度体験してみることをお勧めしたい。

マツダCX-5 CX-8試乗画像はこちら

 シートの座り心地も柔らかすぎずちょうど良く、加えてシートヒーターは冬場に欠かせない装備といえるだろう。

画像ギャラリー