「超メジャー車種」なのに「ドマイナー」! 言われても姿が浮かばないレアグレード3選 (1/2ページ)

「超メジャー車種」なのに「ドマイナー」! 言われても姿が浮かばないレアグレード3選

カタログモデルとなっても忘れ去られてしまったモデルもある

 そこまでのクルマ好きではなくても知られているような超メジャー車。例えば日産のスカイラインなどは長い歴史とGT-Rという超メジャーなグレードも相まって多くの人に知られている車名のひとつではないだろうか?

 しかし、そんな有名車においてもマニアでないと記憶から抹消されてしまっているようなマイナーな仕様が存在している車種もある。今回はそんなごく一部のみが知るマイナー仕様、マイナーグレードをご紹介しよう。

1)スバル・インプレッサ カサブランカ

 WRXが登場した今でもラリーウェポンのイメージの強いインプレッサ。それだけに多くの人が頭に思い浮かべるインプレッサはSTIシリーズということになるだろう。

 そんなインプレッサだが、元々はコンパクトカーのジャスティ(1994年の販売終了後は軽自動車のレックス)とレガシィの間を埋める1.5リッタークラスの車種という側面も持っており、2ドア、4ドアセダンのほかにステーションワゴンも用意されていた。

 そんな1.5リッターエンジンを搭載したワゴンをベースに当時流行していたクラシック調のエクステリアを組み合わせたのがインプレッサ カサブランカだ。1998年に5000台限定で発売されたのち、カタログモデルとなったモデルであるが、気づけばすっかり忘れ去られた存在になってしまっている。

【関連記事】マニアすらも驚くレアっぷり! しかも安くてイケてる「脱定番」旧車4選

インプレッサ カサブランカのフロント画像はこちら

画像ギャラリー


新着情報