すべてが満点じゃないからあえての指摘! 大人気最新車8台の「気になる」トコロ (1/2ページ)

すべてが満点じゃないからあえての指摘! 大人気最新車8台の「気になる」トコロ

大注目の人気モデルにもネガな部分が存在する!

 2020年の新型車は豊作で、それらの多くは人気車となっている。しかし、そんなクルマたちでも完全というわけにはいかない。今回は最新人気車の気になってしまうネガなところを挙げていこう。

1)トヨタGRヤリス

 GRヤリスは「市販状態で競技に使った際にアドバンテージを持つ、トヨタオリジナルのスポーツモデル」というコンセプトのもと、豊田章男社長肝いりで開発されたモデルである。

 このコンセプトに共感した筆者は1.6リッターターボ4WDのRZハイパフォーマンスを自分のものにし、すでに3000km以上走っているが、速さや軽快なクルマの動き、普段使いでの扱いやすさ、筆者のGRヤリスは運転支援システム付きということもあり、GT性能の高さなど、大満足している。

【関連記事】人気車に乗りたい! でも人と被るのは嫌! そんな人が選ぶべき「定番車」5台と個性を主張する方法

GRヤリスRZハイパフォーマンスの走り画像はこちら

 という前提で不満なところを挙げると、エンジンが普段使う3000回転以下で静か過ぎる点と、筆者のRZハイパフォーマンスの着座位置が高すぎることにより、普段乗りでの楽しさ、ワクワク感に少し欠けるところだ。

GRヤリスRZハイパフォーマンスのシート画像はこちら

 しかしこの2点も前者は合法的なマフラー交換、後者はシート交換で対応でき、費用は掛かるものの楽しみながら対応していけば、さらに楽しいクルマに仕上げられると確信している。

2)トヨタ・ヤリスクロス

 ヤリスクロスはヤリスをベースにボディも大型化したコンパクトSUVだ。気になるところはリヤシートの広さがこのクラスの水準より少し狭い点、乗り心地が悪いとまでは言わないもののイマイチで、全体的に運転すると「オオッ」という期待感を覚える5ドアハッチバックのヤリスに比べると大味というかごく普通の印象だ。

ヤリスクロスの走り画像はこちら

3)トヨタ・ハリアー

 6月にフルモデルチェンジされたミドルSUVのハリアーは「手が届く高級」という一世を風靡したマークII三兄弟のようなコンセプトで開発され、仕上がりが良好なこともあり、文字どおり全盛期のマークⅡ三兄弟のように好調に売れている。

ハリアーの走り画像はこちら

 大きなネガはないものの、あえて挙げるとリヤのウインカーが低い位置にあるため、交差点などで後続車との車間が狭い際には後続車からウインカーの点滅が確認しにくいケースがあることくらいだ。

ハリアーのリヤ画像はこちら

4)トヨタRAV4 PHV

 RAV4ハイブリッドのバッテリー搭載量を増やしただけでなく、モーターも大幅にパワーアップしプラグインハイブリッドとしたRAV4 PHVは高い実用性とスポーツカー並みの加速力を持ち、価格も469万円からと内容を考えれば激安な素晴らしい商品である。それだけに「確実に売れるクルマ」なのに月間販売目標台数が300台と供給が少なく、フタを開けてみると供給に対し需要が大きく上まわり、現在は注文が一時停止と買えないクルマとなっている点が最大の不満だ。

RAV4 PHVの走り画像はこちら

画像ギャラリー