全開の「男臭さ」を消すのがコツ! 女子にもすすめたい「イカツ系」クルマ5台と「女子感」を演出する方法 (1/2ページ)

全開の「男臭さ」を消すのがコツ! 女子にもすすめたい「イカツ系」クルマ5台と「女子感」を演出する方法

純正アクセサリーのエレガントさなどを取り入れるのがオススメ

 肉食系女子、ガテン系女子、なんて言葉が生まれるくらいなので、じつは男性が思うよりもずっと、女性はたくましい生き物ではないでしょうか。かわいいモノが好きなのも、今や女性だけでなく男性だって同じですよね。

 ただ、中身はどうであれ、自分自身でもっと女性らしくしたい、まわりに女性らしく見られたい、という願望は多くの女性が持っているのだと思います。とくにクルマ選びは、自分自身のイメージを大きく変える力のあるもの。いかにも小さくてかわいいクルマには乗りたくないけど、かといって男くさいクルマのイメージそのままに見られるのも抵抗がある、という複雑な女心もあるものなんですよね。

 そこで今回は、クルマ全体のイメージとしては男くさいんだけれども、「キミが乗るとちょっと女性らしくて素敵だね」と言われるような、ちょっとした選び方の工夫や奥の手をご紹介したいと思います。

1)三菱デリカD:5

 まずは、アウトドア好きな女性のファンも多いのに、なぜか男くささ全開のイメージが強い、三菱デリカD:5。マイナーチェンジで外観がダイナミックに変わってからは、とくにメンズライクな印象がアップした気がしますが、それもそのはず。最新のデリカD:5には、ベーシックなデザインのほかにもう1つ、「URBAN GEAR」という都会的でソリッドかつクリーンなデザインが存在するのです。

【関連記事】「軽なんてカッコ悪い」「壊れたら直せなきゃダメ」はホント? クルマ男子に対するイマドキ女子のホンネ4選

デリカD:5画像はこちら

 ボディカラーは3色のみですが、オススメはウォームホワイトパール。ベーシックデザインは、これでもかというくらい押し出しの強いフロントマスクが人気ですが、こちらのアーバンギアは、ちょっと高級なホテルのエントランスにつけても浮かない、エレガントな押し出し感が魅力。ヘッドライトもまるでジュエリーみたいにキラキラしてて、女性が乗るとドレスアップした感覚になるのです。なるべくスポイラーなどのエアロは装着せず、そのまま乗るのがスマートかなと思います。

デリカD:5アーバンギア画像はこちら

2)トヨタC-HR

 2台目は、ちょっとガンダムチックな雰囲気のスポーティ感がありつつ、運転しやすいコンパクトサイズも女性に嬉しいトヨタC-HR。ガソリンモデルだけでなく、ハイブリッドモデルもあるので、市街地での燃費も優秀です。

C-HRの走り画像はこちら

 ただやっぱり、世界一過酷と言われるニュルブルクリンクサーキットで鍛え上げた走りの良さとか、そうしたストーリーが前面に出ているので、コンパクトSUVのなかでもかなり男性的なイメージが強くなっていますよね。そこでオススメは、TRDやモデリスタといったブランドから数多く登場している、カスタマイズカーのなかから女性らしさが手に入るスタイルを選択する方法。

C-HRモデリスタ画像はこちら

 オススメは、エグいくらいにエッジの効いたC-HRのデザインに、ふっくらとした面の美しさを際立たせて、ちょっと艶やかに変えてくれる「Cool Style」というシリーズです。フロントスポイラー、サイドマットガード、リヤバンパーガーニッシュのセットで14万3000円、それぞれ個別でも購入できるようになっています。

C-HRクールスタイル画像はこちら

 そのほか、フェンダーアーチモールやサイドガーニッシュ、LEDフォグランプもコーディネートできるので、バランスを見て装着するといいですね。ホワイトやレッド、ブルーのボディカラーを選択すると、なおいいと思います。

画像ギャラリー