ブームに乗ったワケじゃない! じつはSUVが得意なオーテックが手がけた「ノート クロスオーバー」の先輩4台 (1/2ページ)

ブームに乗ったワケじゃない! じつはSUVが得意なオーテックが手がけた「ノート クロスオーバー」の先輩4台

この記事をまとめると

■SUVブームということもありオーテックも既存車のSUV化に乗り出している

■オーテックらしい独創的なマシンメイクが目を惹く存在となっている

■ガワだけでなく足まわりや内装、エキゾーストまでこだわった本格派が多い

チューニングならお任せあれ。オーテックはSUVも大得意なのだ!

 先日、新型ノートに新たに加わったモデル「ノートオーテッククロスオーバー」は、ノートをベースに大径タイヤや車高をアップしたサスペンションなどを採用し、アクティブなクロスオーバーモデルに仕立てたもの。昨今のクロスオーバーSUVブームの影響もあって注目を集めているモデルと言えるだろう。

【関連記事】ステルビオに4ドアGT-Rで驚くのはまだ早い! オーテックだから挑戦できた「尖りに尖った」名車&迷車5台

ノートオーテッククロスオーバー 並び画像はこちら

 そんなノートオーテッククロスオーバーを手掛けたのは、日産車カスタマイズのスペシャリストであるオーテックジャパンであるが、オーテックは過去にもさまざまなSUVモデルをリリースしている。今回はそんなモデルたちを振り返ってみよう。

1)デュアリス クロスライダー

 欧州生まれのミドルサイズクロスオーバーSUVとして、その上質な乗り味が人気となったデュアリスをベースに、都市とリゾートエリアを快適かつスマートに行き来するというコンセプトで生まれたのがクロスライダーだ。

デュアリス クロスライダー全体画像はこちら

 同社の人気シリーズ「ライダー」にクロスオーバーテイストを加えた仕上がりで、メッキを配した専用のエクステリアやボディ同色となった樹脂部分などスタイリッシュなエクステリアと、オンロード性能を重視した専用ローダウンサスペンション、センター2本出しとなった専用スポーツマフラーなどがおごられていた。

2)エクストレイル アクシス パフォーマンススペック

 ガンガン使えるタフギアとして歴代モデルとも高い人気を誇っているエクストレイル。その2代目モデルに設定されたアクシス パフォーマンススペックはなかなかに異彩を放つ存在と言えるだろう。

エクストレイル アクシス パフォーマンススペック全体画像はこちら

 そもそものベースとなった「アクシス」は、大人のための高級、上質なオンロードSUVがテーマとなっており、SUVの持つ泥臭さを排除したモデル。そのため、無骨な樹脂部分はフルカラー化され、アクシス専用色となるシャンパンシルバーのボディカラーとベージュの本革シートを中心とした内装色を持っている。

 そしてパフォーマンススペックは、専用チューンドサスペンションに専用タイヤ、専用タワーバー&フロントピンステーにFUJITSUBO製の専用マフラーを装着し、スムースかつフラットな乗り味のオンロードSUVに仕上がっていたのである。

画像ギャラリー


新着情報