2月時点で7万台の受注も6%しか納車されず! 超絶人気ミニバンの「ノアヴォク」は今買っても乗れるのは遙か先だった (1/2ページ)

noteで書く
2月時点で7万台の受注も6%しか納車されず! 超絶人気ミニバンの「ノアヴォク」は今買っても乗れるのは遙か先だった

この記事をまとめると

■トヨタのミニバン、ノア&ヴォクシーがフルモデルチェンジを実施

■2022年に発売された新型車のなかでも特に注目度の高い車種だ

■新型ノア&ヴォクシー受注状況や納期について解説する

先代の登録台数はモデル末期でも1カ月1万台超え!

 2022年に入ってから発売された新型車のなかで、とくに注目度の高い車種は、1月13日に発売されたノア&ヴォクシーだ。両車とも3列シートミニバンの人気車種になる。

 先代型は2014年に発売され、2015年にはノア+ヴォクシー+エスクァイアの合計登録台数が1カ月平均で1万7000台を超えた。2021年におけるヤリス+GRヤリス+ヤリスクロスと同程度の売れ行きであった。

「今後は少子高齢化が進み、ミニバンの売れ行き下がる」という指摘もあるが、実際の売れ行きは堅調だ。ノア+ヴォクシー+エスクァイアの合計登録台数は、モデル末期とされた2021年においても、1カ月平均で1万台を超えていた。

【関連記事】新型ノア&ヴォクシーと新型ステップワゴンは「現時点」でドッチが買い? ミニバンマイスターがズバリ判断した!

トヨタ・ノア&ヴォクシー(先代)画像はこちら

 そして販売店からは「ミニバンは車内に開放感があって便利に使えるから、子育てを終えても、ノアやヴォクシーを乗り続けるお客様が多い」という声も聞かれる。目下のところ売れ行きが大幅に下がる気配はない。

 そうなるとノアやヴォクシーを放置するのはもったいない。モデルチェンジして進化させたいが、先代ノア/ヴォクシー/エスクァイアは、プラットフォームなどの基本設計が根本的に古かった。つまり、もはや進化が困難な状況にあった。

トヨタ・エスクァイア画像はこちら

 そこで新型は、エンジン、ハイブリッド、プラットフォーム、安全装備、運転支援機能などのすべてを刷新させている。その代わりに開発費用も膨大に費やした。失敗は許されず、そのために数々の先進装備も採用して、先代型のユーザーが「ここまで進化したなら乗り替えたい!」と思えるミニバンに仕上げた。

名前:
渡辺陽一郎
肩書き:
カーライフ・ジャーナリスト/2022-2023日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員
現在の愛車:
フォルクスワーゲン・ポロ(2010年式)
趣味:
13歳まで住んでいた関内駅近くの4階建てアパートでロケが行われた映画を集めること(夜霧よ今夜も有難う、霧笛が俺を呼んでいるなど)
好きな有名人:
-
noteで書く

画像ギャラリー


新着情報