「三菱」の記事一覧 - 2ページ目

三菱が「エクリプス」の名を復活! ジュネーブで小型SUV「エクリプス クロス」を世界初公開

皆既日食前に観測されるプロミネンスに似せた色を採用  三菱はスイス・ジュネーブモーターショーで、新型コンパクトSUV「エクリプス クロス」を世界初公開する。アメリカで人気を得た三菱の名車「エクリプス」の名を復活させた。 ...

続きを読む...

【四半期ベースで84億円の黒字化】なぜ三菱自動車は業績回復できたのか?

コスト削減と「円・ドル」の為替レート見直しの効果  三菱自動車が「2016年度第3四半期決算及び2016年度通期業績の上方修正見通し」を発表した。燃費偽装が明るみに出て以降、日本国内での販売は大きく落ち込んでいる同社だが...

続きを読む...

【ニッポンの名車】先進メカニズムで武装した三菱スタリオン

フィーリングにこだわった「シリウス」エンジン搭載  最近、ちょっと残念なことになっている三菱自動車。1980年代あたりは技術の三菱として、名を馳せていたこともあった。実際のクルマを見ても、意欲的かつ独自の技術を投入。もち...

続きを読む...

【スバリストが選ぶライバル】歴代最強の三菱ランサーエボリューションはこれだ!

スバリストさえリスペクトした歴代トップ3!  90年代当時、初代スバル・インプレッサWRXに乗るスバリストにとって、ランエボこと三菱ランサーエボリューションはまさに不倶戴天の敵。WRCでも市販車でも、「ランエボに勝つこと...

続きを読む...

【意外と知らない】三菱のラリーアートは消滅していない!

じつはブランド自体は生きている  ラリーアートは、三菱自動車工業の100%出資で、1984年4月設立された子会社。三菱のワークス的なイメージがあるが、競技車両の開発は三菱自動車工業の研究開発部門が行っていて、その本家、三...

続きを読む...

【試乗】唯一のディーゼルミニバン! アウトドア派最強の三菱デリカD:5

4リッター級ガソリンエンジンと同等のトルクでグイグイ加速  愛車の三菱アウトランダーPHEVを点検に出したら、代車は久し振りのデリカD:5。聞けば発売から9年経つものの、ミニバン唯一のディーゼル&本格的な性能を持つ4WD...

続きを読む...

カルロス・ゴーン氏が三菱自動車の会長就任の報道! 気になる三菱の行方とは

両メーカーともスクープに対し肯定はしないが否定もしない  日経新聞はカルロス・ゴーン氏が三菱自動車の会長になるというスクープを流した。これを受け、すでにTVを含めたメディアは一斉に紹介。もはや確定事項というイメージになっ...

続きを読む...

【パリモーターショー2016速報】三菱が航続距離1200kmのプラグインハイブリッドSUVコンセプトを世界初公開

サイズから想像するにパジェロPHEVのコンセプトか  三菱が世界初公開したのはGT‐PHEVコンセプト。最近の三菱車に統一するダイナミックシールドが与えられたエクステリアは迫力満点。  スタイリッシュかつダイナミックなス...

続きを読む...

たび重なる不正申告で三菱自動車の今後はどうなるのか?

国内の販売台数に関しては非常に厳しい  三菱自動車工業が燃費不正で揺れている。そもそも軽自動車の走行抵抗値の不正申告から始まった一件は、軽自動車に限らず、ほぼ全モデルにおいて法規に則った計測をしていないことが判明した。 .…

続きを読む...

【意外と知らない】三菱自動車の「三菱」エンブレムの由来とは?

創設者である岩崎家由来の家紋ふたつが合わさったもの  どうした、がんばれの意味も含めて、三菱のエンブレムについて見てみよう。これは三菱自動車だけでなく、三菱グループ全体で使われているもの(使っていない会社もある)で、幕末…

続きを読む...