「スバル」の記事一覧

国産車ではかなりレア! スーパーチャージャーでファンを魅了したクルマ7選

軽自動車に搭載をしてラリーを優勝したモデルも  スーパーチャージャーとはエンジンの過給器システム全般で、じつは広義ではターボチャージャーも含まれる。  だが一般的には、クランク軸からの出力によって過給器を駆動する機械式過.…

続きを読む...

限定車でも超高額車でもないのに見つからない! 入手困難な国産中古車4選

わずか59台しか生産されていないクルマも……  クルマに限らずいえることだが人は数量限定、希少モデルといった言葉に弱いもの。おかげでレアなクルマは中古車相場でも高価だったりするわけだが、限定車ではなかったのに販売台数が非...

続きを読む...

何を間違えた? フルモデルチェンジでユーザーから見放された伝統の国産車5選

グローバル化やコストダウンなど企業の都合でファンが離れた  日本のファン向けに 本稿のテーマは「フルモデルチェンジでファンから見捨てられたクルマ」だが、ここで取り上げる5車種の経緯を見ると、「日本のファンを見捨てたクルマ.…

続きを読む...

スバル・ジャスティ&ジャスティカスタムが一部改良で安全性を向上

新色の追加や装備を充実させて魅力アップ  スバルは、ジャスティならびにジャスティカスタムを改良。11月8日より発売した。衝突回避支援システム「スマートアシストIII」やコーナーセンサーを新採用し、全車標準装備としている。...

続きを読む...

2018-2019日本カー・オブ・ザ・イヤーのイヤーカー候補となる10台が決定!

今年1番のクルマに輝くのはどれか?  今年で39回目となる日本カー・オブ・ザ・イヤー(COTY)は、イヤーカーとなる(その年に一番象徴的な)クルマを決めるため27台の新車を選出。その中から実行委員会は11月7日(水)に、...

続きを読む...

かつてはプレリュードにソアラ! 実用性も兼ね備えたイマドキの大人のデートカー5選

見た目以上の上質感を演出するクルマも  かつての80~90年代、日本には「デートカー」というカテゴリーがあって、六本木のカローラ=赤いBMW3シリーズやホンダ・プレリュード、初代トヨタ・ソアラなどがその代表格だった。そん...

続きを読む...

スバル車ならなんでも大好き……なハズのスバリストからも見放されたスバル車3選

現在考えれば重要なモデルもあるが当時は受け入れられず!  スバルファンでさえ、いやスバルファンだからこそ、発売された当時は許せなかったクルマを3台挙げてみた。じつはその後のスバル車の繁栄に繋がったなど、スバル史的に重要な…

続きを読む...

勝手に殿堂入り! 50年後も語り継ぎたいニッポンの平成スポーツカー10選

この先も語り続けたい国産名車 「昭和も遠くなりにけり」という言葉があるが(もとは「降る雪や明治は遠くなりにけり」という俳句)、もうすぐ平成も終わり、いずれ「平成も遠くになりにけり」と呼ばれる日が来るのだろう。  しかし、.…

続きを読む...

【試乗】コンプリートモデル第3弾! スバルWRX S4 STI Sportが見せた上質な走り

スポーティさと上質さの絶妙なバランスが光る  WRX S4のスポーツバージョン、WRX S4 STI Sportが登場した。目玉は専用開発のビルシュタインダンパーを使ったサスペンションキット。フロントストラットには、倒立...

続きを読む...

家族も満足サーキット派も納得!  ニッポンの俊足スポーツセダン4選+α

実用性とスポーツカーばりの走りを両立したモデルたち  BMW M3セダンやアウディRS3セダンなど、スポーツカーと同等以上の走りと、4ドアの実用性を兼ね備えたスポーツセダンは、ある意味クルマ好きのベストチョイスといえる車...

続きを読む...

家族全員が満足! 走りも実用性も1台で全部こなしたい人が選ぶべき究極のマルチカー5選

大人数乗車や荷物を満載しなければワゴンがベスト!  クルマ好きのファミリーがクルマを選ぶとき、優先順位は人それぞれだろうけど、基本は乗り心地やエンジンの気持ちよさ、必用十分以上の動力性能、安心感と安定感たっぷりの操縦性、…

続きを読む...

【試乗】欧州車のような上質な走りを披露! SUBARU XVにハイブリッド登場

ベスト・オブXVと思える完成度にオドロキ!  スバルXVはインプレッサをベースに、クロスオーバーSUVテイストに仕立てられたエクステリアだけでなく、余裕の最低地上高200mm、およびフォレスターでも定評あるエンジン、ミッ...

続きを読む...

【ムービー】悪路をガンガン走れる新型スバル・フォレスターを一般道で試乗!

ハイブリッドの良さが一般道で光る!  待望のフルモデルチェンジで、大注目の新型スバル・フォレスター。WEB CARTOPでもオフロードコースでの試乗で高い悪路走破性を体感した。今回、一般公道にて試乗する機会に恵まれ、モー...

続きを読む...

【試乗】新型スバル・フォレスターの冒険心をかき立てる優しい気遣い!

出足をそっとサポートする主張しすぎないハイブリッド  1997年登場の初代から21年目を迎え、5代目となった新型フォレスター。初夏の頃には栃木にあるスバルの実験センター、盛夏の頃には修善寺のサイクルスポーツセンターと、ク...

続きを読む...

1 / 1912345...10...最後 »

ウィークリーランキング

  1. 3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    5ナンバーサイズで全高1700mmオーバーが好調だ 今日のクルマの売れ...

  2. ビッグネームでもダメ! クルマはいいのにデザインで売れない残念な現行車5選

    ビッグネームでもダメ! クルマはいいのにデザインで売れない残念な現行車5選

    走りと機能を追究したのに見た目で勝るライバルに負けたモデルも 1950...

  3. じつは日本車ってスゴイんです! 今でも語り継がれる国産スーパーカー5選

    じつは日本車ってスゴイんです! 今でも語り継がれる国産スーパーカー5選

    世界に誇れる日本メーカーの底力がこれだ スーパーカーにカテゴライズされ...

  4. 日本カー・オブ・ザ・イヤーからスバルとスズキが辞退! その是非を問う

    日本カー・オブ・ザ・イヤーからスバルとスズキが辞退! その是非を問う

    COTYの原点に立ち返れば選ぶ側が決めるべきこと 毎年恒例のイベントに...

  5. 衝撃のリッター1km未満車も! エコ全盛の今では考えられない極悪燃費車5選

    衝撃のリッター1km未満車も! エコ全盛の今では考えられない極悪燃費車5選

    街乗りで実質4〜5km/Lがほとんどの中……さらに強者も 今やクルマの...

  6. レーシングドライバーでも操れない! 運転が難しすぎる市販車3選

    レーシングドライバーでも操れない! 運転が難しすぎる市販車3選

    一般には語られない難しすぎる操縦性 今や500馬力は当たり前。700馬...

  7. 愛すべき負け組! 売れないのが残念すぎる魅力的なクルマ3選

    愛すべき負け組! 売れないのが残念すぎる魅力的なクルマ3選

    走りや機能面がいくらよくてもクルマは売れないこともある ミニバン:ホン...

  8. マイナーチェンジも不発! テコ入れしても売れない国産現行車5選

    マイナーチェンジも不発! テコ入れしても売れない国産現行車5選

    売れ筋ジャンルにもかかわらず売れないモデルも 発売されても売れ行きがい...

  9. 【月販数十台のクルマも】売れない車種を販売し続ける理由とは?

    【月販数十台のクルマも】売れない車種を販売し続ける理由とは?

    他メーカーへの流出を避けたり海外での販売促進など理由は多い 日系ブラン...

  10. 【映画やTVで活躍したマシン】マッドマックスの主人公の相棒「インターセプター」

    【映画やTVで活躍したマシン】マッドマックスの主人公の相棒「インターセプター」

    もっとも忠実に再現されたレプリカは日本で走っている ・V8インターセプ...