「スバル」の記事一覧

乗用車も真っ青の使い勝手と安全性! 「ミラクルオープンドア」も採用した新型スバル・シフォンが登場

機能を向上した新スマートアシストを全車に標準装備  SUBARUは2019年7月16日(火)、ダイハツ工業からのOEM供給車である新型「シフォン」を発表。2019年7月25日(木)から発売を開始する。  新型シフォンは日...

続きを読む...

時代の流れかハデさはないが秀作ぞろい! 平成15年生まれのクルマ6選

先代モデルのネガを潰した秀逸作が多数誕生  5月1日から新しい元号「令和」がスタートし、31年の長きに渡って続いた平成の元号が終わった。31年間続いた平成という時代はバブル景気の絶頂期と崩壊、阪神大震災や東日本大震災とい...

続きを読む...

ドライブを臨場感たっぷりの「音」で盛り上げる! ニッポンレンタカーがソニックプラスを搭載したスバル車を貸し出し

2019年10月14日までの期間限定!  ソニックデザインは、ニッポンレンタカー北海道と提携し、車種別スピーカーパッケージ「SonicPLUS(ソニックプラス)」を搭載したスバル車をレンタルできる期間限定企画を実施してい...

続きを読む...

あれ? 思ったほど伸びない……ハイブリッドなのに驚くほど燃費が良くない国産車6選

燃費だけで見れば同じ車種のガソリン車と差が少ないモデルも  ハイブリッドカーに乗って、その燃費の良さに驚くことがあるのと同時に、「これでハイブリッド!?」と思える、あまり燃費が伸びないハイブリッドカーもある。  ハイブリ...

続きを読む...

新車で買うと悲しくなる! 値落ち激しく極上中古が激安で手に入る現行国産車4選

クルマとしてはいいのに人気薄だから狙い目!  自動車の価値はどうしても目減りしていくもの。そのため、当然ながら乗れば乗るだけ、所有すれば所有するだけ価格は下がってしまう。しかし、その下がり幅は車種によってまちまちで、人気…

続きを読む...

性能と引き替えに失ったものも! あえて中古で先代モデルを選びたくなる国産車9選

性能では確実に進化しているが感性の部分では……  基本、進化というのは素敵なことだ。機能はよくなるし、便利にもなるなど、そこは否定しないし、クルマの場合も進化してこその存在意義というのはある。とはいえ、前のモデルに付いて...

続きを読む...

売れてないからダメ……は早計! 日の目を見ないけど「いいクルマ」4選

ランキング下位でも良いクルマは存在  2019年4月までの乗用車販売台数のランキングを見ていると、日産ノート、トヨタ・プリウス、トヨタ・アクアの3強は相変わらずで、日産セレナ、トヨタ・ヴィッツ、トヨタ・カローラ、トヨタ・...

続きを読む...

スバル・フォレスターが一部改良を実施 新色追加と荷物の置き忘れを知らせる新機能を搭載

ボディカラーに新色を追加しフォレスターの魅力を引き出した  SUBARU(スバル)は6月10日、SUV「フォレスター」の一部改良モデルを発表した。7月18日(木)から発売開始する。月間販売計画は2600台。価格(税込み)...

続きを読む...

86&BRZの次は「EV」! SUBARUとトヨタが共同でSUVの電気自動車を開発

電動化とAWD! 両社の強みを活かし商品力を高める  トヨタ自動車とSUBARU(スバル)は、中・大型乗用車向けのEV専用プラットフォーム、及び、それを採用したCセグメントクラスのSUVモデルのEV(電気自動車)を共同開...

続きを読む...

最近の新車は高い! そんな嘆きのユーザー必見の「安ウマ国産車」5選

手ごろな価格でも満足度の高いクルマは存在する  久しぶりに新車を買おうとして、「エッ、こんなに高いの?」ってびっくりした人、いませんか? いや、そうなんです。間違いなく最近の新車は価格が高いんです。  例えば、わかりやす.…

続きを読む...

失敗もあるがミレニアムらしい挑戦的なクルマが多数登場! 平成12年誕生の名車&迷車6選

異業種合同プロジェクトの衝撃作も登場した  5月1日から、新しい元号の令和がスタートし、平成が終わった。31年間続いた平成という時代はバブル景気の絶頂期と崩壊、阪神大震災や東日本大震災といった大規模災害、長かった不景気な...

続きを読む...

京商SAMURAIシリーズ最新作! 1/18スケール「スバル・インプレッサ22B STiバージョン」発売

迫力の前後フェンダーや大型リヤウイングで迫力満点  日本を代表する名車たちを、1/18もしくは1/12スケールで忠実に再現する京商の人気モデルカーブランド「SAMURAI」。その最新作として登場するのが、スバルファンにと...

続きを読む...

SUVやミニバン全盛時だからこそセダンが熱い! ボディサイズ別の推し車3選とその理由

走りや静粛性などではセダンにアドバンテージあり  ミニバンやSUVの普及前は、セダンが実用的なボディ形状とされた。ハードトップやクーペに比べて背が高く、車内も広かったためだ。  ところが今は、コンパクトカーや軽自動車を含...

続きを読む...

ツウでも唸るレアなモデル! 乗れたら幸運な中古限定車4選

実車を見たことがないという人も多いはず  すでに販売が終了してしまったモデルは中古車で探すしかないが、そのなかでもとくに希少価値が高いのが特別仕様車や限定車といったものだ。期限限定だったり台数限定だったりと欲しくても手に…

続きを読む...

GT-Rだけじゃない! 日本人が弱い「R」の付くクルマ10選

ホンダもRの付くクルマは多い  日本人が大好きなRなクルマ。探せば探すほど出てくる感じだ。その1ではトヨタと日産を中心に紹介したが、今回はホンダなどを見てみることにしよう。 1)ホンダ・シビックRS  RSは初代シビック...

続きを読む...

1 / 2512345...1020...最後 »

ウィークリーランキング