「スバル」の記事一覧

今流行の自動車「クロスオーバー」とは? SUVとは違うのか

SUVのなかでも普通の乗用車的な構造をもつモデル  SUVのジャンルとのひとつとしてすっかり定着したクロスオーバー車。コンパクトカーのフィットや小型ハイブリッドカーのアクアにもクロスオーバー仕様のモデルが登場するなど、既...

続きを読む...

【ニッポンの名車】こだわり抜いたFRのような回頭性! スバル・アルシオーネSVX

かのジウジアーロ氏も納得のスタイリング  1991年9月に発売され、2万4365台が生産されたアルシオーネSVXは、スバルファンから奇跡の大傑作名車として崇められているが、一般的なクルマ好きからの評価は今ひとつ。クルマ雑...

続きを読む...

【公道試乗】新型スバル・レヴォーグでアイサイト・ツーリングアシストを試した

ステアリングのアシストが滑らかで違和感なし  先日、JARIの城里テストコースにて試してリポートした最新型アイサイト「ツーリングアシスト」。じつは六本木ヒルズのサウスタワー前で、8月11日から一般向けの公道試乗会(htt...

続きを読む...

スバル・フォレスターの上級グレードにお買い得な特別仕様車「スマートエディション」を設定

内外装に特別感を与えつつ装備を整理して価格を抑えた スバルのミドルサイズSUV「フォレスター」に、お買い得な特別仕様車「スマートエディション」が設定されることが決まった。 上級グレードの「S-リミテッド」と「2.0XTア...

続きを読む...

【ニッポンの名車】庶民に夢のマイカーを実現させた「スバル360」驚異の技術

機械遺産に認定された「てんとう虫」  スバル360。このクルマが戦後日本のマイカーの普及にどれほど貢献したかご存じだろうか。当時では不可能と言われた低価格であり高性能のクルマ。2016年にはその技術の高さから、機械遺産に...

続きを読む...

スバルWRX S4&レヴォーグがアイサイト・ツーリングアシスト採用など大幅改良!

0km/hから車線中央維持機能を作動可能 スバルの高性能ミドルサイズワゴン「レヴォーグ」およびセダン「WRX S4」がデビュー以来初のマイナーチェンジで大幅進化。8月7日に発売されることが決定した! 最大のトピックは、ス...

続きを読む...

【ムービー】ドリキン土屋がスバル新型WRX STIに速攻試乗!

従来型vs新型! WRX STIを比較試乗した  ドリキンこと土屋圭市さんがスバル新型WRX STIを袖ケ浦フォレストレースウェイで全開アタック。今回は従来型のWRX STIも持ち込み比較テストを行った。果たして新型WR...

続きを読む...

ステアリングアシストが大幅進化! 新型スバル アイサイトを先行体験

着実に進化を遂げてきたアイサイトが新たなステージへ  1989年に車載用ステレオカメラの研究を始めたスバルは。その後アイサイトという名で運転支援システムとして開花した。これまで28年間に渡り年を追う毎に運転支援の範囲を拡...

続きを読む...

【試乗】名機! スバル レガシィ アウトバック ディーゼルの日本導入を切望

国内の2.5リッターNAと同等の静粛性  ニュルブルクリンク24時間レースにSUBARU MOTOR SPORT 応援プロジェクトとして現地観戦ツアーに同行した筆者だが、現地で欧州仕様のスバル レガシィ アウトバック デ...

続きを読む...

【新型スバルXV詳細解説】悪路に強いX-MODEの採用と80%を新設計したエンジン

タイヤが空転するような悪路で威力を発揮するX‐MODE  スバルのSUVならではの高い走破性能を実現するのがAWD性能。水平対向エンジンや縦置きパワートレインによるシンメトリカルレイアウトはもちろん、自社コンポーネントで...

続きを読む...

【新型スバルXV詳細解説】車高の低いインプレッサに迫るハンドリングと乗り心地

横風や路面アンジュレーションなどの外乱にも強い  次世代プラットフォームのシャーシやサスペンション性能によって、新型XVはハンドリングと乗り心地とのバランスを高いレベルに引き上げている。  ボディやシャーシの剛性を大幅に...

続きを読む...

【新型スバルXV詳細解説】SUVとは思えぬ走りを実現したサスペンション

ルーフレール非装着なら立体駐車場への入庫も可能 ●ディメンション  新型XVは、毎日の生活での使いやすさとSUVならではの高い走破性を絶妙にバランスさせた持ち味をキープしつつ、パッケージングや走行性能を大きく進化。インプ...

続きを読む...

1 / 1312345...10...最後 »