「スバル」の記事一覧

ブームなのに不人気だから安値! 中身で勝負の中古SUV車4選

マイナーながら名車と同じエンジンを搭載したクルマも存在  未だに衰えを感じないSUV人気。そのため、いままで高級車やスポーツカーしか作ってこなかった海外メーカーも続々と新型SUVをリリースしているほどだ。しかし、出せば売...

続きを読む...

復活させるならスープラよりもコレ! 蘇ればヒット間違いなしのクルマ5選

いまは消滅してしまったカテゴリーのクルマも存在  トヨタから新型スープラが登場した。17年ぶりに復活したスープラは、伝統を感じさせる部分を色濃く残しながら、より純度の高いスポーツカーとなっている。そしてスープラのようにメ...

続きを読む...

【ムービー】なぜ日本では売らない? スバル WRX STIベースの「S209」開発責任者を直撃インタビュー

日本のファン待望のS209はアメリカでしか売らないのか?  デトロイトショーで公開されたSUBARU WRX STIをベースにした、スバルテクニカインターナショナル(STI)のコンプリートモデル、S209。これまでのSシ...

続きを読む...

あくまでエンジン主体? クルマの電動化に消極的にみえるSUBARUの戦略とは

国内展開のフォレスターやXVはマイルドハイブリッドのみ  自動車の電動化は世界的なトレンドだ。日本では販売ランキングの上位をハイブリッドばかりが占めているし、欧州では電動化はメーカーの生き残りに必須の状況となっている。さ...

続きを読む...

なんとアメリカ専用! スバルがデトロイトで人気限定車の最新作「S209」を披露【NAIAS2019】

日本での販売は未定となるSシリーズ史上初のアメリカ専売モデル  SUBARUのモータースポーツ統括会社であるスバルテクニカインターナショナル(略称STI)はデトロイトモーターショーにて、STIコンプリートカーの最高峰「S...

続きを読む...

ガチの悪路は走らない! そんな人にメリットの大きいクロスオーバーSUV5台とその中身

立体駐車場へ入庫できるかがポイントのひとつに  世界的にブレークしているクロスオーバーSUVには興味津々ながら、本格SUVまでは必要なし。扱いやすくて燃費も良く、比較的手ごろな価格のクロスオーバーモデルはないものか? 今...

続きを読む...

フォレスターとインプレッサのSTIコンセプトは必見! 走る楽しさを前面に押し出したスバル/STIブース【東京オートサロン2019】

走りのSTIがSUVやエントリーモデルをも変身させる!  スバル/STIブースのテーマは「オール・フォー・ドライブ・エキサイトメント」。スバル車に乗ったときの高揚感や走る楽しさを伝えたいという思いから作り上げられたブース...

続きを読む...

インサイトやR35GT-R! 地方に激レアのご当地パトカーが存在するワケ

パトカーには国費購入と県費購入のものの2種類が存在する  白黒パンダカラーといえばAE86トレノ……と思い浮かべる「頭文字D」ファンもいるかもしれないが、やはり多くのドライバーにとって白黒2トーンといえばパトロールカー(...

続きを読む...

【動画あり】歴代マシンや秘蔵のトロフィをズラリ展示! スバルファンの聖地「STIギャラリー」がリニューアル

ファンとの交流を大事にしたギャラリースペースへ進化  スバルのモータースポーツ統括会社であるスバルテクニカインターナショナル(以下、STI)は、東京都三鷹市にあるSTIギャラリーをリニューアルし、1月6日(日)にオープン...

続きを読む...

悪燃費ゆえの巨大胃袋!? バカでかいガソリンタンク容量をもつ国産乗用車4選

空の状態から満タンで軽く1万円以上になるモデルたち  先日燃料タンクが車格やイメージより小さいクルマを紹介したが、反対に「これは強烈だ!」と感じるくらい燃料タンクが大きいクルマというのも、数は少ないながらある。車格やイメ.…

続きを読む...

いまでも忘れられない青春のクルマたち! アラフォー世代が強烈に憧れたモデルとは

280馬力勢に憧れを抱く人が多数  欲しいクルマはあるにしても、最近ではクルマに憧れをもつというのも減ってきたように思う。買えなくても見ているだけでいい、いつかはお金を貯めて買えたらいいなぁ、などの夢ではなく、現実的にな...

続きを読む...

STIのノウハウを注ぎ込んだコンプリートカーの最新作「S209」がデトロイトショーで公開!

最強のWRX STIは今回も完売必至!  スーパーGTやドイツ・ニュルブルクリンク24時間耐久レースに参戦する、スバルのモータースポーツ統括会社であるスバルテクニカインターナショナル(略称:STI)。同社はWRX STI...

続きを読む...

究極ダイエットの激レア車!  走り命で思いっきり軽量化した強烈な国産スポーツモデル3選

モータースポーツのベース車という主旨で誕生したモデルたち  スポーツ走行で愛車を速くしたいと思ったら、一番手っ取り早いのはパワーアップだろう。パワーさえあれば少々のミスも加速で取り戻すことができるし、長い直線があるコース…

続きを読む...

新型フォレスターのSTIコンセプトが登場! SUBARUが東京オートサロン出展概要を発表

新型フォレスターのSTI仕様に注目!  スバルは、同社のモータースポーツ統括会社であるスバルテクニカインターナショナル(以下、STI)と共同で、2019年1月11日(金)〜13日(日)まで千葉県・幕張メッセで開催される「...

続きを読む...

新車当時は見向きもされず……今になってジワジワ人気上昇中のモデル3選

新車価格を上まわる価格で取り引きされる個体も  どんなにメーカーが満を持して開発した車種であろうとも、市場で人気がなければ静かに消えていく運命というのが自動車のシビアなところ。鳴り物入りで登場したにもかかわらず、販売台数…

続きを読む...

1 / 2012345...1020...最後 »

ウィークリーランキング

  1. 一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    愛車選びの参考にすべき「必須」装備はこれ! 仕事柄、さまざまな新車に試...

  2. 衝撃のリッター1km未満車も! エコ全盛の今では考えられない極悪燃費車5選

    衝撃のリッター1km未満車も! エコ全盛の今では考えられない極悪燃費車5選

    街乗りで実質4〜5km/Lがほとんどの中……さらに強者も 今やクルマの...

  3. 【どっちがお得】1リッターコンパクトと軽自動車を5年乗った費用を比較してみた

    【どっちがお得】1リッターコンパクトと軽自動車を5年乗った費用を比較してみた

    登場間もないダイハツのブーンとキャストで徹底比較 「軽自動車とリッター...

  4. N-BOXがバカ売れするほどホンダの苦悩も増加! 結局ダイハツ&スズキが勝ち組の軽自動車ビジネスの難しさ

    N-BOXがバカ売れするほどホンダの苦悩も増加! 結局ダイハツ&スズキが勝ち組の軽自動車ビジネスの難しさ

    2018暦年でのブランド別トップはダイハツ 1月10日に全軽自協(全国...

  5. 【逆効果になることも】新車ディーラーでのNGな値引き交渉5選!

    【逆効果になることも】新車ディーラーでのNGな値引き交渉5選!

    間違えた交渉では雰囲気も悪くなるし値引きも期待できない 昔からよく値引...

  6. 軽自動車にハイオク仕様がない理由とは

    軽自動車にハイオク仕様がない理由とは

    軽に求められるコスト要件と64馬力規制からハイオクを選ぶ意味が少ない ...

  7. 【噂の真相】洗車しすぎはクルマを痛めるって本当?

    【噂の真相】洗車しすぎはクルマを痛めるって本当?

    細かい所に水が入り込みサビの原因になることがある クルマ好きが、街のあ...

  8. 【噂の検証】タイヤワックスがタイヤに悪いってホント?

    【噂の検証】タイヤワックスがタイヤに悪いってホント?

    実際に試してもとくに悪影響は確認できず これは耳にしたことも多いだろう...

  9. 「高い」と言われるディーラー車検のメリットとは?

    「高い」と言われるディーラー車検のメリットとは?

    車検は継続検査のみを指しディーラー車検は点検整備代も含む 車検とは自動...

  10. マメに洗車をしてるのに……なぜか「くたびれ感」の出た愛車に「シャッキリ感」を取り戻す方法7つ

    マメに洗車をしてるのに……なぜか「くたびれ感」の出た愛車に「シャッキリ感」を取り戻す方法7つ

    蓄積した汚れや小キズがくたびれたように見えてしまう原因 あんなに新車の...