「スバル」の記事一覧

スバルはアルシオーネとワゴンブームを作り出したレガシィを展示! オートモービルカウンシル2019

国内メーカー・ブランド5社の共同企画「百花繚乱80‘s」に出展  スバルは4月5日(金)~7日(日)の3日間、千葉県・幕張メッセで開催されるオートモビルカウンシル2019への出展概要を発表した。 今年で4年目を迎えるオー...

続きを読む...

それでも新車を選ぶ? 中古で買うとお買い得っぷりがハンパない現行国産車4選

ファミリー御用達の大型ミニバンだって中古ならお得!  中古車の魅力といえば、やはり一番はその価格だろう。どうしても新車でないとダメという人でなければ、最初のオーナーがたった数千キロ走らせただけの車両であっても新車よりもか…

続きを読む...

多くのクルマ好きが存在するなかSUBARUファンはなぜスバリストと呼ばれるのか

約45年前から熱狂的なファンは存在した!  先日富士スピードウェイで開催された「STI MOTORSPORT DAY」には、敬虔なスバリスト多数集結! どのメーカーにも熱心なファンはいるが、SUBARUのファンは「スバリ...

続きを読む...

円高加速で価格破壊も! 激動の時代に登場した平成6年生まれの国産名車&迷車6選

SUVブームや高級軽自動車の先駆けとなったモデルも!  平成の元号が間もなく終わろうとしている。31年間続いた平成という時代はバブル景気の絶頂期と崩壊、阪神大震災や東日本大震災といった大規模災害、長かった不景気など、激動...

続きを読む...

より大胆に遊び倒せるデザインを採用! スバル・ヴィジヴ・アドレナリン・コンセプトが示す世界観とは

非日常を存分に味わうための新たな提案  スバルが今回のジュネーブショーでお披露目した「ヴィジヴ・アドレナリン・コンセプト」。このヴィジヴシリーズの最新作は、一見すると流行のSUVクーペのデザインスタディといった趣だが、は...

続きを読む...

遊び疲れて家族は爆睡……な帰りの辛さを軽減! ドライバーの味方「運転支援」が秀逸なSUV4選

ドライバーを常に見守ってくれるクルマも登場  日常生活での便利さだけでなく、休日には思いっきりレジャーを楽しみたいと思わせてくれるのが、まだまだ世界的に大人気のSUVたちです。本格的なクロカンタイプではない、都会派のSU...

続きを読む...

消えた名車! 生まれる時代さえ間違えなければヒットしたハズの絶版軽自動車4選

軽自動車で初めてハンズフリー通話システムを採用したモデルも  軽自動車が普通車よりも明らかに劣っていたのは昔の話で、今や軽自動車ながらコンパクトカーをしのぐ装備を誇るクルマも少なくない。そのため、あえて軽自動車を選びダウ…

続きを読む...

もうここで暮らしたい……と降りたくなくなるほど超快適シートを持つクルマ5選

ずっと座っていたくなるような高性能マッサージ機能搭載車も  長距離、長時間の運転で疲れないクルマ……それは第一に基本性能、そして快適装備の充実度にある。とくに運転席(&助手席)マッサージ機能は、経験上、むしろ、ず...

続きを読む...

スバルの新たなデザインがスタート! VIZIV ADRENALINE CONCEPTは完全ニューモデルの可能性大

スバルの新デザインコンセプトを採用した初めてのクルマとなる  SUBARU(スバル)は、スイス・ジュネーブで開催中の第89回ジュネーブ国際モーターショーにおいて、コンセプトカー「SUBARU VIZIV ADRENALI...

続きを読む...

燃料計が動いて見えるほど大ガス喰い……でも楽しすぎる走り屋泣かせの国産スポーツ車5選

燃費よりも走りを重視した潔いモデルが登場  クルマのエンジンというのは、早い話、吸入空気量が多ければ多いほどパワーが出る。大排気量車やターボ車がパワフルなのも、その理屈があるため。吸入空気量が多いということは、それに見合…

続きを読む...

燃費なんて関係なし! 強烈な加速を求めた国産名ターボエンジン5機とその搭載車15選

規制値を守りつつもじつは600馬力を想定して作られたものも!  最近はダウンサイジングターボが主流となっており、排気量自体は小さくし、ターボの過給でトルクを稼ぐという車両が輸入車を中心に増えつつある。しかし、やはりターボ...

続きを読む...

23年に渡る伝説の名勝負を繰り広げた2台もこの年生まれ! 平成4年に誕生した国産車5選

日本車初の欧州カー・オブ・ザ・イヤー受賞車も誕生  平成の元号が間もなく終わろうとしている。31年間続いた平成という時代はバブル景気の絶頂期と崩壊、阪神大震災や東日本大震災といった大規模災害、長かった不景気など、激動の時...

続きを読む...

ファミリーマンよ、夢を諦めるな! 1台で家族サービスがこなせる隠れスポーツモデル5選

後席と荷室が実用的で奥さまの日常使用でも苦情が出ないモデル  次期愛車を選んでいるファミリーマンにとって、大きな悩みのひとつが、本人はスポーツモデルが欲しいのに、家族の(というか奥さまの)同意が得られにくいことだろう。ク…

続きを読む...

3大メーカーじゃなくても爆裂ヒット! 石を投げれば当たるほど売れまくった国産車5選

時代の流れを掴みスマッシュヒットとなったクルマたち  今では個性の時代で価値観や好みも分散して、ひとつのクルマに人気が集中するというのはあまりなくなってきたが、その昔はいろいろとあった。トヨタ、日産、ホンダと紹介してきた…

続きを読む...

1 / 2212345...1020...最後 »

ウィークリーランキング

  1. 一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    愛車選びの参考にすべき「必須」装備はこれ! 仕事柄、さまざまな新車に試...

  2. 3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    5ナンバーサイズで全高1700mmオーバーが好調だ 今日のクルマの売れ...

  3. この3列目は使えない! 6人以上で乗るなら選ばないほうがいいミニバン&SUV5選

    この3列目は使えない! 6人以上で乗るなら選ばないほうがいいミニバン&SUV5選

    椅子はあるけれど日常的に座ることは厳しい! ミニバンだけでなく、最近は...

  4. 「トナラー」以外にもあった! 最近のドライバーの理解しがたい習性3選

    「トナラー」以外にもあった! 最近のドライバーの理解しがたい習性3選

    サンバイザーは下げた状態がスタンダード!? トナラーについての拙稿への...

  5. 若者のクルマ離れ……って言われても買えないんじゃ! 新車の高額化が止まらないワケ

    若者のクルマ離れ……って言われても買えないんじゃ! 新車の高額化が止まらないワケ

    走りや安全性の追求が車両価格を上げる 最近、よく耳にするのが、「最近の...

  6. 悪燃費ゆえの巨大胃袋!? バカでかいガソリンタンク容量をもつ国産乗用車4選

    悪燃費ゆえの巨大胃袋!? バカでかいガソリンタンク容量をもつ国産乗用車4選

    空の状態から満タンで軽く1万円以上になるモデルたち 先日燃料タンクが車...

  7. 10万円以下で中古車を販売しても利益が出るカラクリとは

    10万円以下で中古車を販売しても利益が出るカラクリとは

    本体価格だけでなく納車整備や手数料などで利益が出る 中古車情報サイトな...

  8. 巨大メーカーでも計算違い? 姿を消した一発屋のトヨタ車7選

    巨大メーカーでも計算違い? 姿を消した一発屋のトヨタ車7選

    クセが強すぎて1代で終わってしまったクルマも存在 クルマの系譜というの...

  9. 【お宝】もしも車庫に眠っていれば高値が付く超人気の中古車4選

    【お宝】もしも車庫に眠っていれば高値が付く超人気の中古車4選

    当時は「普通」のクルマでも今ならファン垂涎の名車! 最近は旧車ブームと...

  10. 外国人が羨ましい! 日本で売ってない国産メーカーの激熱クルマ5選

    外国人が羨ましい! 日本で売ってない国産メーカーの激熱クルマ5選

    信頼性も高く海外でも人気 日本メーカーの海外市場専売車には、日本人にと...