「スバル」の記事一覧

【ニッポンの名車】庶民に夢のマイカーを実現させた「スバル360」驚異の技術

機械遺産に認定された「てんとう虫」  スバル360。このクルマが戦後日本のマイカーの普及にどれほど貢献したかご存じだろうか。当時では不可能と言われた低価格であり高性能のクルマ。2016年にはその技術の高さから、機械遺産に...

続きを読む...

スバルWRX S4&レヴォーグがアイサイト・ツーリングアシスト採用など大幅改良!

0km/hから車線中央維持機能を作動可能 スバルの高性能ミドルサイズワゴン「レヴォーグ」およびセダン「WRX S4」がデビュー以来初のマイナーチェンジで大幅進化。8月7日に発売されることが決定した! 最大のトピックは、ス...

続きを読む...

【ムービー】ドリキン土屋がスバル新型WRX STIに速攻試乗!

従来型vs新型! WRX STIを比較試乗した  ドリキンこと土屋圭市さんがスバル新型WRX STIを袖ケ浦フォレストレースウェイで全開アタック。今回は従来型のWRX STIも持ち込み比較テストを行った。果たして新型WR...

続きを読む...

ステアリングアシストが大幅進化! 新型スバル アイサイトを先行体験

着実に進化を遂げてきたアイサイトが新たなステージへ  1989年に車載用ステレオカメラの研究を始めたスバルは。その後アイサイトという名で運転支援システムとして開花した。これまで28年間に渡り年を追う毎に運転支援の範囲を拡...

続きを読む...

【試乗】名機! スバル レガシィ アウトバック ディーゼルの日本導入を切望

国内の2.5リッターNAと同等の静粛性  ニュルブルクリンク24時間レースにSUBARU MOTOR SPORT 応援プロジェクトとして現地観戦ツアーに同行した筆者だが、現地で欧州仕様のスバル レガシィ アウトバック デ...

続きを読む...

【新型スバルXV詳細解説】悪路に強いX-MODEの採用と80%を新設計したエンジン

タイヤが空転するような悪路で威力を発揮するX‐MODE  スバルのSUVならではの高い走破性能を実現するのがAWD性能。水平対向エンジンや縦置きパワートレインによるシンメトリカルレイアウトはもちろん、自社コンポーネントで...

続きを読む...

【新型スバルXV詳細解説】車高の低いインプレッサに迫るハンドリングと乗り心地

横風や路面アンジュレーションなどの外乱にも強い  次世代プラットフォームのシャーシやサスペンション性能によって、新型XVはハンドリングと乗り心地とのバランスを高いレベルに引き上げている。  ボディやシャーシの剛性を大幅に...

続きを読む...

【新型スバルXV詳細解説】SUVとは思えぬ走りを実現したサスペンション

ルーフレール非装着なら立体駐車場への入庫も可能 ●ディメンション  新型XVは、毎日の生活での使いやすさとSUVならではの高い走破性を絶妙にバランスさせた持ち味をキープしつつ、パッケージングや走行性能を大きく進化。インプ...

続きを読む...

【ライバル比較】新型スバルXVと国内外のライバル勢を徹底分析!

激戦区のミドルクラスSUV市場はライバル多数  クロスオーバーSUVは、今もっとも熱いジャンルと言える。とくに新型XVが属するミドルサイズクラスは、車種が多彩なうえにそれぞれ高水準のパフォーマンスを持つ。そんなライバルに...

続きを読む...

【新型スバルXV詳細解説】1ランク上を実現した内外装! 運転のしやすさも追求 

ボディ拡大もルーフレール非装着なら立体駐車場への入庫もOK  XVはインプレッサをベースとし、車高を高くしたクロスオーバーSUV。インプレッサシリーズのモデルチェンジにより、ベース車両の質感が全体的に高まったこともあり、...

続きを読む...

【開発陣に直撃】開発メンバーも驚いた! 新型スバルXVに採用した「SGP」の実力

XV開発当初はSGPなど「お荷物」とさえ考えていた  スバル次世代商品群の重要な鍵となるSGP(スバル・グローバル・プラットフォーム)を搭載した初のSUVとして正式デビューを飾った新型スバルXV。  新たなプラットフォー...

続きを読む...

【開発陣に直撃】新型スバルXVの「らしさ」を追求したデザインとは

インプレッサとの差別化はまったく考えなかった 2014年に発表した新中期経営計画のなかで、ブランド力を磨くための重要な柱のひとつとして「デザイン」を掲げたスバル。 そこで同時に発表された新しいデザイン哲学「ダイナミック×...

続きを読む...

1 / 1312345...10...最後 »