遊べる新型ハスラーを「もっと遊べるクルマ」にするカスタムとは? スズキが3台のコンセプトモデルを展示【東京オートサロン2020】

noteで書く
遊べる新型ハスラーを「もっと遊べるクルマ」にするカスタムとは? スズキが3台のコンセプトモデルを展示【東京オートサロン2020】

二輪をイメージしたスイスポも登場!

 2020年1月10日(金)〜12日(日)に開催される東京オートサロン2020。スズキブースでは3台のコンセプトモデルを展示している。

1)ハスラー ストリートベース

【関連記事】しょせん軽……なんてバカにする時代は終わった! 新東名の120km/h区間を余裕で走れる軽自動車6選

東京オートサロン2020のスズキブース画像はこちら

 昨年12月に発表され、今年1月20日に発売を控える新型ハスラー。いま人気のハイト系軽自動車で、今回で2代目となるハスラーはより機能的な内外装を纏うほか、新プラットフォーム「ハーテクト」を採用している。

 早くもその新型ハスラーをベースにカスタマイズを施したモデル「ハスラー ストリートベース」は、BMXやスケートボード、ダンスなどのストリートスポーツを楽しむ若者に、新しいハスラーの使い方を提案する参考出品車だ。外装はコンテナをイメージしたマットカラーを採用。内装はリヤゲートにスピーカー、天井にイルミネーションを備え、音楽と光を楽しめる空間とした。

東京オートサロン2020のスズキブース画像はこちら

 メーカーによると「もともとハスラーは“遊べるクルマ”というコンセプトですが、このモデルでは“もっと遊べるクルマ”にしました」とのこと。リヤゲートにはスピーカーを備え、音楽も楽しめる。このクルマを基点にして遊べる、「遊びの基地」をイメージしたそうだ。

東京オートサロン2020のスズキブース画像はこちら

2)ジムニーシエラ マリンスタイル

東京オートサロン2020のスズキブース画像はこちら

 2018年、20年ぶりのフルモデルチェンジを施し話題を呼んだジムニー。ラダーフレーム構造を採用する本格オフローダーだ。

「ジムニーシエラ マリンスタイル」は、5ナンバーサイズのジムニーシエラをベースに、釣りに行くことを前提とした参考出品車。外装に釣り竿を収納できるロッドケースを備えることで、室内を広く使うことができる。内装には防水のウェットスーツの素材を用いるなど、実用性と大人のおしゃれを兼ね備えたカスタマイズを施した。

東京オートサロン2020のスズキブース画像はこちら

 昨年発売となった小型のフィッシングボート「S17」にも同じカラーリングを施し、共に展示する。

東京オートサロン2020のスズキブース画像はこちら

3)スイフトスポーツ カタナエディション

東京オートサロン2020のスズキブース画像はこちら

 コンパクトスポーツとして定評のあるスイフトスポーツ。「スイフトスポーツ カタナエディション」は昨年発売となった大型二輪車「KATANA」をスイフトスポーツで表現した参考出品車だ。KATANAも並べて展示される。

東京オートサロン2020のスズキブース画像はこちら

 ボディ色をKATANAと統一し、走りのイメージを表現するためにワイドフェンダーや、オリジナルの前後フェンダーを採用。ホイールはインチアップされている。内装は熱を帯びたマフラーを彷彿させるグラデーションチタンをインパネなどに加飾。

東京オートサロン2020のスズキブース画像はこちら

 加えて内外装ともにKATANAのカラーをイメージした赤いアクセントが施されている。

 メーカーによると「このモデルは基本的には市販されていないオリジナルのパーツで構成されているが、ルームミラーの後ろのカーボンパネルはスズキで市販されているオプションパーツ」とのことだ。

 3台とも市販の予定はないとのことだが、スズキのクルマの新しい使い方を提案するモデル。二輪車をイメージしたクルマなどもスズキならではのものだろう。

 そのほか新型ハスラー、スイフトスポーツ、ジムニー、クロスビー、アルト ワークス、スペーシア カスタムを展示する。

東京オートサロン2020のスズキブース画像はこちら

 スズキの世界観を是非その目で確かめてみてほしい。

画像ギャラリー


新着情報