仁義なき兄弟バトルの勝者は? トヨタの「消えた」&「消えゆく」兄弟車6選 (1/2ページ)

仁義なき兄弟バトルの勝者は? トヨタの「消えた」&「消えゆく」兄弟車6選

今後トヨタからも純粋な兄弟車は登場しないだろう

 2000年代以降ディーラー系列(トヨタならカローラ店やネッツ店、日産ならサニー店やプリンス店)がトヨタ以外統合されたため、トヨタ車以外の純粋な兄弟車というのはほとんどなくなった。さらに今年4月からトヨタも原則全ディーラー全車種扱いとなったため、ディーラー系列の意味はなくなり、トヨタ車ですら兄弟車は今後なくなるだろう。という背景もあり、兄弟車なのに不憫な扱いを受けたり、絶版となってしまったトヨタの兄弟車を挙げてみたい。

1)スプリンター

 カローラの兄弟車で旧オート店、ネッツ店扱いだったスプリンターはカローラに対しスポーティなイメージを持ち、ステーションワゴンのカリブや5ドアセダンのシエロといったカローラにはないボディタイプも持っていた。

初代トヨタ・スプリンターのフロントスタイリング画像はこちら

 しかし、2000年にカローラが9代目モデルになった際にカローラ全体の販売台数が減少し始めていたこともあり、スプリンターはカローラランクスの兄弟車となる5ドアハッチバックのアレックスが残っただけで、絶版となってしまった。

トヨタ・カローラスプリンターの最終型画像はこちら

2)ヴェロッサ

 80年代から90年代掛けて一世を風靡したマークII三兄弟も、90年代後半に入って減少してきたこともあり、2000年にマークIIが9代目にフルモデルチェンジされた際に、三兄弟を形成してきたクレスタとチェイサーはアルファロメオのようなエクステリアを持つヴェロッサに統合された。

トヨタ・ヴェロッサのサイドビュー画像はこちら

 しかしヴェロッサも扱いディーラーのビスタ店がネッツ店に統合されるという社内事情により、絶版となった。なおマークII三兄弟はマークIIだけがマークXに移行したが、そのマークXも昨年セダン需要の低迷により絶版となってしまった。

トヨタ・ヴェロッサのリヤスタイリング画像はこちら

3)タンク

 ダイハツとトヨタの共同開発によりスズキ・ソリオのライバル車として2016年に登場。トヨペット店とネッツ店扱いだったタンクはトヨタ店とカローラ店扱いのルーミー、ダイハツで販売されるトール、スバルで販売されるジャスティと4兄弟を形成していた。

ダイハツ・トール、トヨタ・ルーミー、タンク画像はこちら

 しかし、冒頭に書いたトヨタの原則全ディーラー全車種扱いによりタンクとルーミーのどちらかは不要となり、2台を比べれば売れていたルーミーが残り、タンクは絶版となった。

トヨタ・タンクとダイハツ・トール画像はこちら

画像ギャラリー